帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

少し前に、行動経済学や認知科学に関する本をいくつか読んだ。
特に、ダニエル・カーネマンとダン・アリエリーが一般向けに書いた著作は、日常的なトピックと学問的な裏付けの双方が織り交ぜてあり、読み物としてとても面白かった。
(TEDに2人のプレゼンがあるので興味のある人はそちらもどうぞ。)

その中の一つであるアリエリーの『不合理だからうまくいく』の中に『順応』に関する章があった。
いわく、人間はたいていのことには慣れてしまうことが出来る。
例えば、以下のような事例が実験を交えつつ紹介されている。
・負傷により痛みを負った経験のある人間は、痛みに対する反応が鈍く、長時間痛みを我慢できる傾向にある。
・宝くじに当たった人と事故で重篤な障害を負った人について、当選or事故から1年後に人生の満足度を申告してもらうと、2人とも何も無かった人とあまり変わらない。

この、人間がいろいろなことに慣れてしまえるという現象は、私の実感にはかなりフィットする。
たぶん、カーネマンの本にあった『経験する自己』と『記憶する自己』の二面性と結構関係があるんじゃないかと思う。
(この二面性というのはざっくり言うと、人間が刻一刻と今この瞬間に感じていることと、事後的に思い出して感じることは異なるということだ。
そして僕たちの幸福と不幸の判断を行うのは後者の『記憶する自己』の方だ。)

老いにも不幸にも慣れてしまう

身内の老人が生き汚くて辟易するという話をいろんな人から聞く。
体に調子が悪いところがあれば、不安だ、死んでしまう、早く医者に行かなければと言い、家族を困らせる。
年寄りなのだから不調が出るのは仕方ないだろうに、それが我慢できない。
何をするでも無く、寝て、起きて、飯を食い、テレビを見て過ごす。
それだけの生活しかないのに、死ぬのが怖いらしい。
そういう身内がいる人と話すと、自分はあまり長生きせずに死にたいという意見で一致する。
ただ、このような意見を持っていても、いざ自分が老いた時に積極的に死ねる人間は多くないだろう。
50歳から一気に90歳になれば、死ぬ覚悟が出来る人も相応にいるかもしれない。
だが、徐々に老いるなかで、いつのまにか実行に移せないほど老いに慣れてしまう可能性は高い。

また、僕は自分は生きているだけでだいぶ辛いので、これ以上大きな荷物を持てば死んでしまうと思っている。
仕事をやめて貯蓄を取り崩しながら気ままに生きて、文無しになったら死にたいと夢見ている。
重病や障害が残るような怪我をしたら死のうと思って、なるべく人に迷惑をかけない死に方を考えていた。
(資産と契約の一覧を作り、可能な限り契約は解除したうえで、国有地で確実に死ぬというもの。)
でも、これらのことにも僕は慣れてしまうのかもしれない。

事故で凄惨な火傷を負った経験のあるアリエリーは、怪我や痛みへの順応は自分に有利に働く順応だとして、促進してその恩恵に預かるべきだと言う。
だけど、私は老いや不幸にも順応して人生が続いてしまうというのは、とても怖いことだと思う

では心の傷が癒えないのはなぜだろうか

私は幸福な家庭で育った人間が妬ましくて、そういった人間が「家族は良いものだ」とか「親を尊敬している」というようなことを無神経に言うのを聞くと、イライラして仕方がない。
関連記事:幸福な人間が憎い
こういう状態が30過ぎても続いているということは、少なくとも私はこの件には順応出来ていない
痛みや不幸には順応できても、心の傷には順応できない。
なぜだろうか?

一つ考えたのは、規範の存在他人の生活に関する情報が順応を阻むのではないかということだ。
幸福な家庭というイメージは、いろいろなところで出てくる。
学校では家族は大切にしろと教えられるし、家族愛をテーマにした本や映画が氾濫している。
そこでは、家族は助け合って、愛し合って、お互いの為を思って、感謝してやっていかなければいけないという規範が語られる。
また、街や観光地で目にする家族連れは、概ね楽しそうだ。
(機能不全家庭はそういうアクティビティをしないところが多いだろうから当然かもしれない。)
規範的で多数の人間が持っている幸福は、持っていない人間に惨めな思いにさせる。
それゆえ、慣れることが出来ず、いつまでも自分に無いものを基準に物事を考えてしまう。

とりあえずメディアとネットと都市の生活は、機能不全家庭の出身者が傷を癒やすには有害だということかもしれない。
隠遁したいなぁ。





著者はデューク大学教授で、それ以前にはMITのスローン経営大学院やメディアラボで教鞭をとっていた経験もある。本書より前に出した『予想通りに不合理』が主に消費行動を題材にしたものであったのに対し、本書は仕事や対人関係に関係する題材をメインにしている。
私の書いた本文と違って明るく軽妙な語り口で読みやすい。


カーネマンは2002年にノーベル経済学賞を受賞した認知心理学者
本書は行動経済学のトピックがだいたいカバーされており、実験の紹介も豊富だ。日本人の手による行動経済学の入門書も何冊か読んだが、本書と比べるとどれもイマイチだった。
本書を読んで「人間ってなんていい加減なんだろうと」感じて結構気分が軽くなりました。

白状すると、僕は就職活動の頃から、現代社会における『有能な』人間に擬態してきた。
職業的な成功への渇望もあることにはあったが、それ以上に、世間体と条件が良い仕事について、他人に見下されず、家族に頼らないで生きたいという願望がのほうが大きかった。
エスタブリッシュメントな仕事につけるように、バイタリティと協調性と主体性と従順さというごちゃごちゃな能力があるかのようにふるまった。
まるで、毒を持たないアブが外敵を欺くために、ハチにそっくりな体色を手に入れたように。

擬態しないと居場所がない

現代社会では「人間嫌い」「他人といると疲れる」「人と話したくない」「他人が怖い」「人に指図されたくない」という性根の人間を迎え入れる組織はなかなかない。
(「現代社会」と書いたが、たぶん古今東西の人間社会にあてはまると思う。)
少なくともそれを口に出す人間に門戸が開かれることはない。
私も、もちろんそんなことは口に出さないで、擬態してきた。
一応、積極的な嘘はつかなかった。
「ガッツがあります」「人と一緒にいるのが好きです」というようなことを自分が言ったら白々しいことは分かっていたし、なにより嘘でもそんなことは言いたくなかった。
その代わりに、人間嫌いがバレそうな発言をすることを避け、嘘にならないようなパラフレーズを用いた。
「相手の気持ちを考えるようにしています」(他人が怖いから顔色を伺うのだ。恐怖を協調性に擬制する。)
「交友関係が広いというよりは、気のあった友人と突っ込んだ話をする方ですね」(人付き合いがあまり良くないことのパラフレーズ。交友関係が広い人でも突っ込んだ話は気のあった人としかしないだろう。こんな言葉でも真顔でハキハキ答えれば真面目で誠実な印象を与えられる。)

以前取り上げた『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』(イルセ・サン、ディスカヴァー・トゥエンティワン)というHSPに関する本にも書いてあったが、この世界は基本的に鈍感でタフでエネルギッシュな人間が作っている。
関連記事:繊細なシミュレーション装置は悲しい物語を嫌う
また、学校では幼いうちから集団行動や人間関係や友情ごっこを押し付ける。
敏感で一人でいるのが好きな人間は、だいたい自分を欺いて人格改造するか、社会を欺いて擬態して生きているのではないだろうか。
(まぁ、家族に頼ることをいとわずに噛じれるスネがある人は引きこもる事もできるし、冒険をいとわないのであれば創作やデイトレなら一人で食い扶持を確保できる可能性もある。)

ロクデナシになろう

僕はずっと擬態しているうちに、自分がハチになったと勘違いしていたのかもしれない。
うつで動けなくなって休んで、自分は人間嫌いだし人と話すのも大嫌いだし、一人でいるのが一番楽しいということがよくわかった。
だから最近では『役立たずになってやろう』とよく考える。
(先日のゾンビの話で言うところの「死体をゾンビにされないように切り刻む」方法。)
関連記事:ゾンビと労働の日々
最近あったなんでもないことだ。
別の部署から照会に来た。
私もいくらか関係しているのだが詳細は把握していないので、主担当でなければ分からないことだった。
以前だったら相手に気を使って(正確には『復讐を恐れて』)、一旦自分が引き取って主担当に聞いて答えようかとか、面倒くさい気の回し方をしていた。
「XXだと思うけど、俺には詳細は分からない。今いないけど◯◯さんが戻ってきたらそっちに聞いてみて。」
こういう突き放した言い方がとっさにできるようになったのは病気の功名かもしれない。

役立たずと罵られて最低と人に言われて
それぐらいがちょうどいい。


鈍感な世界に生きる 敏感な人たち
イルセ・サン
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2016-10-22

デンマークの心理療法士の書いたHSP(Highly Sensitive Person、敏感で感じやすい人)の解説書。
心当たりのある人は読んでみると悩みを客観化出来る思います。

利己的な遺伝子 <増補新装版>
リチャード・ドーキンス
紀伊國屋書店
2006-05-01

アブの擬態の話と直接は関係ないんですが、ハチやアリみたいな社会性の昆虫は凄く面白いなと思いました。



ずっとティーン・エイジャー向けの曲だと思ってましたが、労働や人間に疲れた状態で聞くととても響きました。



復職して数ヶ月経ったとき、別の部署の顔見知りの人とこんな会話をした。
相手
「どう?復帰してもう慣れた?」
自分
『どうにも駄目だねぇ。
ゾンビになった気分だよ。
今の状況で自分の体がなんで動くのか分からないんだ。
活力なし、そして情熱なし。
なんで毎日電車に乗って会社に来れてるか分からないんだ。
なんで俺は今、働けているのだろう。』
相手
「今日は早く帰ったほうが良いよ。」

ゾンビの起源はブードゥー教の伝承だという。
ブードゥーの司祭(ボコ)は、呪術で死体を蘇生し使役するといわれている。
1960年台以降になると、ゾンビは『なんらかの方法で死体が動き出したもの』という設定でホラー映画などによく登場するようになる。
特にバイオハザード以降の世代だと、ウィルスの影響で死体がモンスター化したものという設定が最初に頭に浮かぶ人も多いのではないだろうか。


我ながら『ゾンビ』と言うのはなかなか良い例えだなぁ、と思ってゾンビについて調べていたら、興味深い記述を見つけた。
この術はヴードゥーの司祭の一つであるボコにより行われる。
ボコの生業は依頼を受けて人を貶める事である。
ボコは死体が腐り始める前に墓から掘り出し、幾度も死体の名前を呼び続ける。
やがて死体が墓から起き上がったところを、両手を縛り、使用人として農園に売り出す
死体の魂は壷の中に封じ込まれ、以後ゾンビは永劫に奴隷として働き続ける
   出所:Wikipedia -ゾンビ(強調は管理人)

なんてことだ!
ゾンビは労働のために作られるものだったらしい!!
そしてこれは人間の社会そのものじゃないか!!!
集団で取り囲み、揉んで、去勢して、詰めて、報酬をちらつかせて、価値観を植え付けて、本人の自由意志だと刷り込んで、労働だけさせようとするのだっ!
集団の流儀を頭と体に植え付けられたら人間としては死んだも同然だ、そこから先はゾンビとしてもの言わぬ奴隷として働くのだっ!
マイガッ!

現代のボコ(政治、集積した富、上の世代の価値観、足を引っ張るその他大勢)に死体をゾンビにされないためにはどうすればいい?
大丈夫、親切なWikipediaにはその先が書いてあった。

死人の家族は死人をゾンビにさせまいと、埋葬後36時間見張る、死体に毒薬を施す、死体を切り裂くなどの方策を採る。
死体に刃物を握らせ、死体が起き出したらボコを一刺しできるようにする場合もあるという。

私なりに人間の集団に合うように咀嚼してみよう。
・埋葬後36時間見張る
→死体をボコから遠ざけるんだ!孤立しよう。他人から離れよう。
・死体に毒薬を施す、死体を切り裂く
→利用する者にとって無価値なヤツになっちまおう!期待に答えるとか義務を果たすとか、利用するための言葉に騙されるな。
・死体に刃物を握らせ、死体が起き出したらボコを一刺しできるようにする
→反抗する力をつけよう。使役するために蘇らせたことすら利用してやろう。

自分が生者でもゾンビでもどちらでも構わない。
だが、性悪な司祭に使役されるのはどうにも耐え難い。



ゾンビとは全然関係ないのですが最近読みました。
いつもより文章に勢いがあるとしたらこの影響です。
オン・ザ・ロード (河出文庫)
ジャック・ケルアック
河出書房新社
2010-06-04



日本の会社はやる気を削ぐのがとても上手いと思う。
端的にいうと、頑張ることで『罰せられている』ような感覚にさせるのだ。

結構前になるが、当時の同僚とこんな話をした。
仕事を首尾よく片付けて定時で帰る日々が続くと、こいつは余力があると見なされて仕事量を増やされ、残業をしなければならなくなる。
これはやる気を削がれることこの上ないという。
全くもって同感だ。
ただ、私は働き始めて間もなくこのことに気づいて、情けないことに順応してしまった。
すなわち、それなりに忙しそうに振る舞い、それでいて無能と思われない程度の時間で仕事を終らせるように働くようになった。
身も蓋もない言い方をすると、忙しいふりをしながらダラダラ仕事をするようになった。
常見陽平氏の『僕ジム』流に言うと、『サービス残業はしてしまうかもしれないけど、会社に強制されるのではなく、むしろ自主的にしてしまう』ような立派なジム型人材になったのである。
新卒の時に刷り込まれた私と違い、同僚はもともと海外で働いていたので受け入れがたいのだと思う。

ノンフィクション作家の沢木耕太郎がエッセイでよく取り上げる英国の労働者階級出身の作家アラン・シリトーの著作に『土曜の夜と日曜の朝』という作品がある。
自転車工場で働く若くてハンサムな青年アーサーが主人公だ。
アーサーも仕事があんまり好きではないが僕よりは仕事に対して前向きだ。
仕事はだるいし月曜の朝は憂鬱だが、働けば金になる。
その金で良い服をしつらえて酒場に繰り出し、出会った女と懇ろになることも出来る。
戦時中よりは全然マシだと考えている。

さて、旋盤でパイプを切り分けるのがアーサーの仕事だ。
彼は能率検査員の気配を察すると仕事のペースを落とす。
さもなければ歩合を減らされる(≒ノルマを増やされる)からだ。
『動作をいちいち複雑にすること。のろのろやったのでは自分の首をしめることになるから一挙一動をていねいに、しかも早そうに見せかける技術が必要だ。』(永川玲二訳・新潮文庫)
なんということだろう、50年前の英国の労働者と21世紀の日本の私がだいたい同じようなことを心配しているのだ。

アーサーの場合は、彼が作る自転車部品の量と会社の便益にはリニア(線形)な関係がある。
でも、一応現代のホワイトカラーの私の職場でもこういうことが起こるのはなぜだろう。
全員が定時で退社できるだけの労働力を確保していないということが根本的な理由だろうが、私は以下の2点が結構根が深いような気がする。

・働くのが嫌いではない人が多数派であること
→実は口でいうほど仕事が嫌いじゃない人が多いから、仕事を増やされても嫌だと感じないのではないか。
・会社と家庭以外に特にやりたいことが無い人が多数はであること
→多くの人はあんまり本を読まないし、絵を書いたり音楽をしたりしないし、料理を作らないし、運動もしていない。

組織や社会が多数派の価値観で作られる以上、早く終わらせると仕事を増やされる状況は変わらないと思っている。
だから、働き方改革にも生産性の議論に対しても、すごく悲観的なのだ。


人生戦略については異論があるけれど、会社や世論の二枚舌がいかにジム型人材を悩ませるかという分析は見事だと思った。あとホワイトベース新卒一括採用論とか。
本書の内容ではないが、本当のガンダム通は「ファースト・ガンダム」という言い方はせず「機動戦士ガンダム」と言うらしいです。

土曜の夜と日曜の朝 (新潮文庫 赤 68-2)
アラン・シリトー
新潮社
1979-12


絶版だがマーケットプレイスに中古がいくつか出品されている。
『ゴムなんか使うくらいなら、亭主もちの女とつき合う意味ないじゃないか。』というアーサーの姿勢がなんともピカレスクだ。

私は5年前に献血をやめた。
以前は献血を結構していた。
手元に残してある献血カードを見ると、献血回数15回とある
足掛け10年程度、年に1回ペースでは献血していたことになる。
(昔は紙の「献血手帳」に履歴を記録する方式だったが、10年前くらいに「献血カード」になったと記憶している。)

献血をするようになったのは、高校時代の恩師(教員という職業だが尊敬に値する数少ない人物)が献血を100回以上している猛者だったのでその影響を受けたのが一番の理由だ。
あと、吉田秋生の『吉祥天女』という漫画で、ダークなヒロインの小夜子さん「女は血なんて怖くないのよ。毎月血を流すんだから。」というドスの効いたセリフを言っていたのが妙に頭に残っており、男も定期的に自分の血を見る必要があるな(?)というよくわからないことを考えていた。

血液検査の結果がフィードバックされるし、大きな献血センターなら菓子を食べながら漫画も読めるので、する側にもメリットがある。
また、上記の吉祥天女の理屈で血を流すのは生物に必要なことだとも考えていた。

社会貢献やボランティアは胡散臭いと感じるが、 就職活動のエントリーシートで「ボランティア等」の項目があれば一応「献血」と書いていた。
それなりに話のネタになった。
「献血は結構曲者で、血を抜いても大丈夫な人と駄目な人でそれなりに差があるんです。
友人の筋骨隆々のスポーツマンが、血を抜くと途端に気分が悪くなってしまったこともありました。
また、輸血を受けたことがある人や、2004年までに欧州の一部の国に半年以上滞在した人も献血出来ません。
献血出来ない人が相応にいる以上、出来る自分が定期的に協力するのは意味があることだと考えています。」
リクルーターや面接官と話す時はこんな殊勝なことを言っていた。
いい子ぶる訳ではなく、結構本心からこう思っていた。
うぶだったのだろう。


血液製剤の大部分が高齢者に使用されているという統計を見てから、私は献血をしなくなった。
私はこの統計を、赤十字のホームページで見た気がするのだが、今は載っていない。
多分、若者の献血離れが3年位前にニュースになった時に消されたんじゃないかと思う。
不都合な事実なのだろう。
公的なソースとしては、以下のリンク先の「平成27年輸血状況調査結果(概要)」の4ページ目を見てほしい。
「年代別では、50歳以上の患者への使用が全体の84.5%を占め、前年(84.3%)とほぼ同じである」との記載がある
病気になるのは年を取ってからの場合が多いので、至極当然の結果なのだが、こうして数字をみるとなかなかインパクトがあるのではないだろうか。
しかも、このワーディングはかなり恣意性を感じる。
どういうことかと言うと、(概要)ではない方のファイルの7ページ目を見ると内訳があるのだが、84.5%の内訳は、70歳以上:56.8%、60代: 18.5%、50代:9.2%であり、上の記述には70歳以上が過半であるということをぼやかそうという意図が感じられるのだ。
(仕事で書く文章だとこういうワーディングすることあるよね。)

輸血の用途は、私に献血をやめさせるだけの十分な衝撃を持った事実だった。
また、この数字を見たのが働くようになってからなので、生きていくことのしんどさを知って余裕がなくなっていたために尚更突き刺さった。
望んでもいないのに生きろと言われて、仕方なく自分の時間を売って生活費を稼ぐ。
そこから、高齢者への給付のために年金を払わされて、健康保険料を払えば半分は高齢者医療に吸い上げられる。
端的に言って、生きること、働くことで罰せられているような気がしていたのだ(今でもしている)。
こんなに生きるのがつらいのに、なぜ自分を罰しようとする人間を助けるようなことをするのか。

友人にこの話をしたら「昔みたいに売血にすれば良い」という意見があった。
もっともだと思う。
世代間の富の移転に資するし、外圧と偶然の賜物である現在の献血制度を守り続ける必要はない。
ただ、そうすると闇金ウシジマくんの鰐戸兄弟みたいに、ホームレスや無職者を集めて血を売らせる人達も出てくるだろうとも思う。
(ウシジマくんはこのエピソードやサラリーマンくんのあたりが一番面白かった。)

現役世代は非受益者であるという怒りがあるし、高齢世代は自分たちには当然権利があると考えている。
最終電車(※1)の過ぎ去ったホームで、私たちは奪い取る機会を伺い、奪い取られまいと警戒している。

まぁ今の私は抗鬱剤と安定剤を飲んでるから、献血しようと思っても門前払いされるんだけどね。

※1
「社会保障制度改革の最終列車」という概念がある。
50歳以上の有権者の割合が過半数を超えると、社会保障制度の見直しは不可能になるとい考え方だ。
財政の見直しのために年金制度、医療制度をスリム化しようとすると、大きな既得権を持っている高齢世代が反対するという構図だ。
ちょっと古いがIMFが2004年に各国の最終電車の時刻表に言及した。
英国:2040年
アメリカ、ドイツ、フランス:2015年
日本は2003年だ。
最終列車はかなり前に出発してしまった。

↑このページのトップヘ