帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

議論や言い争いにおいて、テーマを離れて相手の「属性」を攻撃しようとする人がいる。
どちらかと言うと、リアルよりも掲示板やWebのコメント欄のような匿名のやり取りで多い気がする。
感情的になってそのような言動に及ぶ場合もあるが、発言者を貶めることで発言の信頼性を下げることを目的として意識的になされる場合もあるだろう。
選挙や国会の報道で、後者の目的での発言を嫌というほど見かける。
フィクションの裁判シーンでも、証人の適格性を貶めることで証拠能力を否定しようとするのは常套手段だ(実務ではどうなんだろう)。

こういった闘争の相手への直接攻撃は、ざっくりと2つの類型に分けられると考えている。

  • 社会的に価値が低いと考えられている、または少数派である点を攻撃する
「そんなんだからいい年して独り者なんだ」
「年下のくせに生意気だ」
「1人が好きなんて寂しい人間だね。友達がいないの?」 
「スマホゲームで有料アイテムを購入するなんてバカだ(この文脈で「課金」というのは誤用だと思う)」 
「そんなものを喜んで食べているなんて舌が貧しい(馬鹿舌子供舌といった類)」
「食事の行儀が悪い(クチャラーや箸の持ち方といった類)」

社会通念や数の論理を背景に、発言者を貶めようとする。
本題ではないが、後ろの2つのように食に関して他者を貶める人は結構いる。
確かに、私も音が気になる質なので他人の咀嚼音は気になって仕方ない。
ただ、箸の持ち方はどうでもいいし、食の嗜好に貴賎は無いと思う。

  • 二者択一の属性を攻撃する
「低学歴は仕事が出来ない/いい大学出てこれかよ」
「男だから/女だから」
「これだから文系は/これだから理系は」
「健常者だから/障害者だから」
これらの属性は、基本的には両方に属することが出来ない(複数の学問に通じていたり、性転換していたりと、二者択一に当てはまらない人ももちろんいる。)。
両者の属性は平行線であるという固定観念や、相対化により発言者の資格を貶めようとする。


いずれの場合も、自分が愛着がある属性を攻撃されると腹が立つことこの上ない。
例えば、自分がポリシーを持っていたり(職務内容)、努力して獲得したり(学歴や資格)、長い間付き合ってきたもの(性別)がそうだ。
「そんなんだからいい年して独り者なんだ」
→俺は人を愛せないから相応の覚悟を持って独身なんだ(モテないのも事実だけどさ)
「そんなものを喜んで食べているなんて舌が貧しい」 
→食事に金を使う方が馬鹿らしい。腹に入れば一緒だ。
「男だから/女だから」
→一部の人間の特徴を全体に当てはめるな。

ただ、自分がその属性の代表者であるかのような気持ちになってやり返すのは避けたほうが良い
応じてしまうとどういうわけかこちらが負けたような雰囲気になるし、何よりも疲れる。
自分のスタイルや属性にあまり肩入れしない方が気楽でいられる。

とはいえ、属性を全て取り払った後の私には何が残るだろう。
玉葱のように芯が残れば良いが、何も無いような気もする。
これは結局「あるがままの自分は愛される価値があるか」という自己評価の問題に回帰するのかもしれない。


 

昨年の末くらいにデンマークの心理療法士が書いた『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』(著者:イルセ・サン、邦訳:枇谷玲子、出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)という本を読んだ。
HSP(Highly Sensitive Person、非常に敏感な人)という概念について説明して、HSPの特徴や陥りがちな悩みと対処法について述べられている。
ざっくり分けると、人間の5人に1人がHSPに該当するとのことだ。

冒頭にHSPのチェックテストがあり、60点以上の場合はHSPの可能性が高いとするテスト(-52点~140点でスコアが出る)で、私は73点だった。
設問を幾つか紹介すると、「音や匂いに敏感」「人といると疲れる」「一人でも楽しめる」「誰かが怒っているとそれが自分に向いていなくてもストレスを感じる」等には当てはまったが、「暴力シーンが苦手」等の項目は当てはまらなかった。
(『時計仕掛けのオレンジ』の浮浪者や作家をフィリーするシーンは大好きだ。)
本全体でも、自分に当てはまる内容とそうでないものがあったが、「社会は鈍感でタフな人間の価値観で作られており、繊細さなどが過小評価されている」という指摘には救われた気がした。

考えてみれば、昔から悲しい物語が苦手だった
HSPの気質がある人間としては、登場人物の心を推し量って必要以上に共感してしまうのかもしれない。
悲しい物語の中でも、理不尽に襲いかかる暴力に対して助けが差し伸べられないような話を特に苦手としていた。
例えば
無実の罪で罰せられる
自分や愛するものが被害を受けたが加害者が罰せられない
理由なく悪意の標的になる
といったものは続きを見るのが辛くなってしまう。

橘玲が「心は社会的な動物である人間が群れに適応して子孫を残すためのシミュレーション装置だ」という旨のことを書いていた。
群れに適合して生きるために他人の感情や思考をシミュレートする機構が心だとすると、共感性と繊細さに優れた人間は有利な道具を持っているとも言える。
実際、自分が折衝や調整に長けていると感じたことがあるし、それが評価につながった経験もある。
だが、それとは裏腹に心は疲れていた。
シミュレートした他者の感情や主張に、押しつぶされそうになる
ひたすらに放っておいて欲しいと思うようになるのだ。

『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』では、HSPは生まれもった気質であるということが書かれていた。
ただ、私はこれには結構後天的な要因も作用しているのではないかと思った。
逆説的だが、人間不信や他者への恐れが強い人間ほど、敏感な心を持ち、他者の顔色をうかがうようになるのではないだろうか。
 
 

自分は映画を見たりを読んだりするのにつけてもケチだと思うことがある。
ここでいうケチとは、「作品の内容を無駄にせず全てを咀嚼したいと考えている」くらいの意味だ。


昔から、映画を見るのが苦手だった。
2時間ずっとスクリーンに集中していなくてはならないことに疲れるのだ。
トイレに離席したりふと画面から注意をそらした時にとても重要なシーンが流れ、自分がそれを見逃すことを恐れている。
その1シーンを見逃したばかりに、その映画の全てが台無しになってしまうことを恐れている。
それゆえ、どれほど楽しみにして見に行った映画であっても、途中からは開始からどれくらい時間が経ったかを確認し、あとどれくらいで終幕かを気にしている。
これは映画館だけに限らない。
レンタルビデオを借りるときも、果たして自分が最後まで集中力を途切れさせずに見られるか、またそれだけの価値があるかを気にして、なかなか借りられない。
Amazonのプライムビデオでも、気になる映画があるとプレイリストに加えるのだが、見るだけの気力が沸かず、ついぞ見ないままだ。

本を読むのもそうだ。
子供の頃から本を読むのは好きだったが、苦手だった。
一度出てきた内容を忘れてしまい、読み進めていくうちに話の展開や論理構造についていけなくなることを恐れている。
重要そうな箇所を振り返り易いと安心するので、鉛筆で印を付けながら読む。
もちろん、試験勉強の時は要点以外は流して、その分演習の時間を確保するようにしていた(さもなければ悲惨な結果になる)。
また、仕事で読む文章については、多くの場合は要点はどこかを探しながら走り読みをして対処している(さもなければ早くお家に帰れない)。
ただ、自分が趣味で買った本は、小説でも実用書でも吝嗇に読んでしまう

率直に言って、映画や本に対するこのような姿勢は、集中の代価としてもたらされる疲労により作品の良さが損なわれていると思う。
1作品1作品に労力がかかるので、見る/読むことができる作品の数も制限される。
そもそも、全てを理解しないと映画や本の良さが全てスポイルされるとい考えは、認知の歪みだ(類型としては「全か一かの思考」「完璧主義」)。

私が「本や映画の全てを理解したい」という強迫に駆られるのは、『自分の苦悩の答えを求めて作品に接している』ためだと考えている。
人間不信、労働苦、家族の呪縛、生きる意味に対する答えを本や映画の中に探している。
それらの苦悩は自分にとって一大事なので、集中して答えを探す必要があるのだ。
フーコーの入門書やアダルトチルドレンの解説書のようなものだけでなく、太宰やモームの小説の中にも答えを探している。
ファイト・クラブやエヴァンゲリオンの中にも探している。
苦悩が減れば接し方も変わるのかもしれないが、現代人が生きる限り、苦悩は決して減らないだろう。
「答え」を求めてする読書は楽しめない。
でも、どこにも答えが書いてないのなら、私は果たして本を読むだろうか。


インフルエンザにかかってしまった。
土曜の夜に寒気を感じ、とても嫌な予感がしていた。
案の定、翌朝の5時くらいに目が覚めたときには、体が極大の倦怠感と痛みに包まれていた。
あー、これは、インフルだな、前にかかったときは2009年だから7年ぶりかな、日曜だから開いてる医者探さないと、
朦朧とした頭でそんなことを考えていた。
体温を測ったら39.5度
自慢じゃないが私は熱が出るときはかなり高くなるのだ。

都内の休日診療について

東京都内の内科の休日診療体制は区によって異なるようだ。
2009年にインフルエンザにかかったときも日曜だったのだが、当時住んでいた豊島区は保健所の中に休日診療所を設けていた
今住んでいる所だと、区の委託を受けて医師会が当番制で休日診療する医院を定めていた
今回は区のホームページで担当の病院を確認して、一応9時過ぎに電話して開いているのを確認してから出向いた。
いずれにせよ、「○○区 休日診療」で検索して、区のホームページを確認するといい
医療機関検索サイトだと、休日診療の内科で検索すると、美容整形やED治療の病院くらいしかヒットしないので要注意だ。

自治体と医師会のこういう施策は率直に言ってとても助かる。
だが、逆になんで休日診療する病院がこんなに少ないんだろうとも思う。
『ブラックジャックによろしく』では、日本の救急医療に関する問題として、病院の数が多すぎるので病院あたりの医師数が不足していることが挙げられている。
確かに平日と土曜の午前中だけ開けて老人の世話をすれば経営に困らないのであれば、わざわざ急患の対応なんてしないだろう。
困るのは平日に働いている現役世代と急患と国の財政だけだ。


イナビルを吸ってみた

今回処方されたのはタミフルでもリレンザでもなく、イナビル(第一三共)だ。
2010年に認可された薬らしいので、前回インフルエンザになった時はまだ世に出ていなかった薬だ。
口から吸って肺に入れる薬なのだが、錠剤と比べると馴染みが薄い方法なので、製造元がリーフレット、HP、iPhoneアプリなどで解説している。
参考:調剤薬局等で配布しているリーフレット
inabiru_leaflet

大人だと2キットを4服ずつ吸うのだが、肺をふくらませることを意識して吸わないと消化器の方に入ってしまう。
私も最初の一服目は結構食道側に入ってしまったような気がする。
私は薬局でその場で吸ったのだが、高熱で朦朧としている状況だとそれがベストだと思う。
(平常時なら、薬剤師のおばちゃんが口頭で指導したことをその場でやるよりは、ホームページを熟読してから吸うほうが、私はやりやすい。)

少し調べたところ、イナビルの利点として、服用が一回で済むので飲み忘れの心配がないこと、呼吸器で吸い込むため錠剤のタミフルと比べると体への影響が局所的であること、などが挙げられている。
その代わり新しい薬で飲み方も特殊なので薬価は高い
20mgキットの単価が2,139円なので、✕2キットで4,278円。対してタミフルは1カプセルの単価が283円なので一日2錠を5日分と考えると2,830円だ。
幸いその日の夜には熱は37度台まで下がったので、効き目は申し分なかった。

----

以前から、冬になると電車に乗ったり会社に行くのが嫌で嫌で仕方なかった。
高確率で咳をしている人間に出くわすので感染が怖いし何より不潔だからだ。
しかし今回は、会社を休んでいるのにインフルエンザになってしまった。
しかも、手洗いうがい(うがい薬使用)を欠かさなかったにもかかわらず感染してしまった。
嫌いな会社勤めが無くなれば万事丸く収まるというわけではないということか。
(とはいえ、精神科の医師からリワーク(通勤時間に電車で外に出てそのまま図書館等で過ごす)するように言われていたので、普通に感染リスクのある場所に出てはいた。)

ここ数週間でかなり感染が拡大しているみたいですので、皆様も気をつけてください。

 

『電車で老人に席を譲るべきと考える人の割合が減っている。
特に、老人に席を譲ろうとしたのに相手に断られた経験があるので譲りたくなくなったという意見の人がかなり多い 。』
とのことだ。

これを見て反射的に思い出したのが以下のコピペだ。
リンク: Buzz Media「電車で席を奪い取ろうとする老人に対し、若者が放った言葉が突き刺さる!」
事実か創作かは分からないがあり得そうな話である。

私はそもそもこういうシチュエーションが大嫌いなので、電車では滅多に座らない
そして、30分以上乗車する場合は極力座席指定できる移動手段を使うことにしている。

---
ダイヤモンドオンラインの記事は、長寿命化により現代の高齢者が昔の同年齢の人々よりも若く元気になったため、すれ違いが起こったのだと考えられる。
ただ、私はこの「公共交通機関で老人に席を譲る」という行動様態がずっと疑問だった。
普通列車では、老人もそれ以外の乗客も同一の運賃を払って同一のサービスを購入しているのに、老人が特別扱いされるのはおかしい。

国家国民にそのような対応を求めるのであれば、法律に定めをおくべきだ。
交通機関旅客にそのような対応を求めるのであれば、約款に定めをおくべきだ。
ざっと見た限りではそのように求める法律は無いし、JR東日本の旅客営業規則を見てもそのような定めは無かった。
そして、老人他の乗客にそのような対応を求めるのであれば、あくまで双方の合意があるべきだ。
合意は「500円支払って席を譲り受ける」という双務契約であっても良いだろう。

通勤時間が長い方々は、電車で座るために相応の苦労をされているのではないか。
「割高な始発駅に家を買い、2本ほど見送って乗車する。」
「長く乗らなそうな人の前に立ち、駅に着くたびに動向を注視する。」
そのようにして得た座席を、後から乗り込んできた老人に差し出さなくてはいけない根拠は何か

「老人は足元が弱っていたりして危険だから」
「年長者は敬うものだから」
「老人が今の日本を作ったから」
同意できる意見も同意できない意見もあるが、これらはいずれも同一の運賃に対して待遇が異なることの説明ではない。
ゆえに、このようなトピックを見るたびにいつももやもやした気分になる。

ちなみに、この「老人座席問題」については、知恵袋でトピックがいくつか建っている。
残念ながら、疑問を投げかけたトピ主が人格攻撃されるような展開が多い
余談だが、知恵袋はいつも読んでいて辛い気分になる。
「釣り人」「誰かを叩きたい人」「暇人」「何らかの理由でGoogleを使えない人」が作っているコミュニティだからだろうか。

--------
自動車に乗ればピタピタの格好をした自転車乗りが車道をふらふら走っていて危ない。
自転車に乗れば広がって歩く老人やスマホを見ながら歩いているガキどもが危ない。
電車に乗れば老人に席を奪われる。
やはり移動は徒歩(かち)に限る。

えっ、徒歩でもヘッドフォンしてスマホをいじった中高生の自転車や、アクセルとブレーキを踏み間違えた老人の車が突っ込んでくるかもしれないって?
生き難いねぇ。


 

↑このページのトップヘ