帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

タイトル:さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
著者:永田カビ
出版社:イーストプレス

著者の永田カビさんは美大を中退してフリーターをした後、漫画家として活動している。
本書は、28歳・人と付き合った経験なし・性行為経験なしの著者が一念発起してレズ風俗に行く話。
ウェブで電子書籍版の広告が頻繁に出ていたので、絵を見たことがある方も多いと思う。
また、今月刊行されたこのマンガがすごい2017ではオンナ編第3位であった。
ソーシャルスタディの本ではないのでレズ風俗の業態や構造に関する研究が出てくるわけではなくて、生きにくさを抱えた人間が自分の過去や現在と向き合うというもの。
認知の歪みや独特な苦悩も出てくるので「なんやこれ?」という感想を持つ人もいるかもしれないが、うつ体質の私は相応に感情移入しながら読んだ。

資格と承認

本書の序盤で、永田さんには摂食障害だった時期があると語られる。
拒食状態だったときに「自分にはものを食べる資格がない」と考えていたとのこと。
また、家族の承認を求めて正社員にこだわって就職活動をして疲労困憊してしまう場面もあった。
自分もその気があるので良く分かるのだが、自己評価が低いと他者からの承認を求めてしまう
その場合、承認を得られているうちはよいのだが、それが無くなったときに自己評価を維持できない。
自分で自分の存在を肯定するのは、生き難さを抱えた人間にとって共通の課題なのかもしれない。

「セックスさせてくれるお母さん」

Twitterである女の人が「男は女にセックスさせてくれるお母さんを求めている」というツイートをしていたらしい。
永田さんは「あー、私それすごくわかる!」とすごく共感する。
紛らわしいのだが、男性がそうだということではなく、永田さん自身がそうだということだ。
この意見については、女から見た男像なので一面的だと感じるし、率直に言って気持ち悪い表現だと思った。
ただ、「初めて見たものが認識の原型になり、その原型を無意識に求める」と考えるとあり得そうな話ではある。
(オイディプスは母親を認識する前に離れているのでちょっと違うと思う。) 
そして、女性である著者がこの意見に共感したのはとても面白い。

「甘い蜜」を探して

今までずっとどうしてみんな生きていられるのか不思議で仕方なかった
きっとみんな何か、私の知らない「甘い蜜」のようなものを舐めているのだと思った

この「甘い蜜」という考えが本書の総括として使われる。
私見を述べると、「甘い蜜」は「自己肯定」なのだろうと思った。
著者はこの作品の原型に当たる漫画がPixivで評価されたことでひとまず「甘い蜜」を手に入れた。
甘い蜜は他者からの承認やつながりの中に見出してもいいし、自分の中から湧き出るものに見出しても良い。
わたしは可能であれば、他人に頼るのではなく、自分自身で自己を肯定できるようになりたいと思う。
最初の項でも述べた通り、他者からの承認に生きる意味を見出すと、それを失った時のショックが大きいし、ともすれば従属的になってしまうからだ。

ーーー
著者の新作の『一人交換日記』についてもそれと絡めた話を書いているので、興味があればご覧ください。
関連記事:母親は自分のせいで不幸になったのではないかという負い目

イーストプレス社の公式ダイジェスト
 http://matogrosso.jp/privaterepo/01.html

本書 

著者の新刊

机の照明に、ELECOM製のクリップライトを使っていた。
(メーカーサイト:こちらのモデル(LEC-USBC01CBK)
 
モニターアームの先に着けていたのだが、つい先日、真夜中に落下した。
どうやら、クリップの支点の部分のプラスチックがバネの力を支えきれず壊れてしまったようだ。
ledlight_muzan

確かSAWの2作目か3作目に、こういう原理で顎を破壊する器具が出てきた気がする。
限界近くまで開いて挟んでいた私の使い方も良くなかったのかもしれないが、バネがかなり固かったので、プラスチックで支えるのはもともと無理があったのかもしれない。
せっかくLEDが40,000時間もつとしてもこれじゃ文字通り台無しだ。

対応について

照明が問題なく点灯するのに捨ててしまうのも気が引けたので、なんとかクリップ部分を分離できないかと考えた。
しかし、私の手元にある工具(ドライバー、ニッパー、ラジオペンチ)だけでは難しそうだ。
(半田ごてがあれば(給電用の)USBの接続部を一回外してクリップ部分を抜き、再度接続部を取り付ければ良さそう。)
結局、ライト側の板の支点だった部分をニッパーで切り落として、モニターアームにガムテープで固定することにした。

「ココ」をニッパーで切って
ledlight_setsudanbu

モニタアームの支柱にガムテープで固定する(中はコードを結束するやつで巻いてある)。
ledlight_recovery


現代社会において、見た目を気にしなければガムテープと段ボールは汎用性の高いソリューションだ。

脈絡はありませんが、皆様、Happy Holidays!


タイトル:我慢をやめてみる
著者:森川亮
出版社:朝日新書

LINEのCEOだった森川氏の本。
副題は『人生を取り戻す「起業」のすすめ』とあり、雇われて働くことの限界や起業家論のほか、ベンチャー企業の資金調達環境についても簡単に触れられている。
森川氏は2015年にC Channelという動画メディアの会社を立ち上げたので、良くも悪くも同社に関する記載が多かった。
同社を起業した時にすでに森川氏は著名な経営者であったので、参考にするには人を選ぶと思う。
新書なので、肩ひじ張るよりも森川さんの視点に触れるというスタンスで読むと良いと思う。
私は自分がうまく言語化出来ていなかった視点や新しい気づきがあり面白かった。

日本のソフトパワー

著者は「世界と勝負しよう」という章の中で、日本のソフトパワーは日本人が思うほど強くないと指摘する。
外国人に「日本はすごい」と言わせるテレビ番組が結構あるが、アジア各国で「おしん」がヒットした時代と比べると相対的に日本のソフトパワーは弱くなっているという。
例として、韓国メディアの世界を見据えたコンテンツ作りを紹介している。
旧ハンゲーム・ジャパンの元CEOが言うと説得力がある。
・語学→韓国のタレントとエンターテイメント業界関係者はだいたい英語ができる。またタレントは日本語などの第三外国語も勉強している。
・権利関係→韓国では放送局が自社でタレントを抱えているため、コンテンツの海外配信などのための権利調整がシンプルだという。
下段については昔の日本の映画会社と同じ仕組みとのこと。
当時は多くの映画会社がスターシステムを採用していたが、俳優が映画会社所属だったことも関係するんだろうなと思った。
(私はスターシステムという言葉は手塚治虫の漫画に関する解説で知った。ロックやランプやヒゲオヤジが色々な作品で別の役柄で登場するあれだ。映画のスターシステムとはちょっと違う。) 

農耕民族のハンディ

著者は日本でベンチャーが育ちにくい原因について農耕民族的なカルチャーが問題ではないかという分析をしている。
シンプルだが説得力がある。
・稲作は共同作業。水田に有限の水を引くために水路を話し合いで決める。
ルーティンを崩す者の存在は生産性を阻害するので、逸脱した行為をする者は村八分にされる。
そして、農村では仲間外れは貧困につながる。
・狩猟文化は群れの縛りが相対的に弱い。
より多くの獲物が見込める猟場を求めて群れを離れるものを引き留めない。
イスラエルの起業家曰く、「砂漠で承認がオアシスの情報を耳にしたとする。普段のルートに固執するのも、オアシスの情報を信じてそこに向かうのも自己責任。」

人材の流動性

本書では、日本の閉塞感の原因として人材の流動性が低いことを挙げており、対策として解雇規制の柔軟化を提唱している。
関係部署の働かないスタッフにイラつくことが多い私としては概ね賛成だ。
諸外国でバカンスを一か月取れるのは、生産性の高い人間しか働いていないからという意見は逆説的だが面白い。
本邦では、国家が社会保障を企業に押し付けているが、経営者と投資家でけでなく、生産性の高い労働者も割を食っているのかもしれない。
労働者を縛り付けるのは、社内の生産性の低い労働者なのかもしれない。

教育の在り方

本書では教育の問題にも踏み込む。
日本はパブリックスクールが多く、そこでは最大公約数的な教育をするため「普通の良い子」を作り出す。
また、意欲的な教員が新しい試みをしてもモンスターペアレントが潰してしまう。
私も常々、学校は近代的な工場と良く似ていると考えていたので、ここら辺は同感だ。
そして、一歩踏み込んで、大学で全員が学問をする必要もないという。
ドイツの例を出して、リベラルアーツ的な教育をする総合大学がある一方で、高校生から専門的な技能教育を行うような学び方もあるという。
不勉強を棚に上げて能力で区別することを嫌う人が多いのか、あるいは役所が研究者の受け皿として大学を増やしたためかは分からないが、日本だと下位の大学でも相応にアカデミックなカリキュラムを採用している。



先日、土屋太鳳の読み方がわからなかったのでWebで検索した。
ついでにWikipediaの彼女の記事を一通り読んだのだが、尊敬する人「家族」という情報があった。
芸能人もなかなか大変だ。
大人になってまで「尊敬する人」などという無遠慮な質問に答えなくてはならないのだから。

日本で生きていると、20代の前半くらいまでは尊敬する人を聞かれることが多少あると思う。
小学生の作文の題材としてもポピュラーだし、大学のサークルや会社の新入社員紹介のプロフィールに書かされることもあるだろう。
それ以降は、あまり聞かれない気がする。
30代の人間が輝かしい業績を挙げたときは今後の展望と絡めてインタビューで聞かれるかもしれない。


「尊敬する人」はいません

昔から「尊敬する人」を聞かれると困った
安全な回答は「家族」なのだと思うが、私は自分の家族が苦手だったので嘘でもそんなことは言いたくなかった
仕方なく、伝記で読んだ過去の偉人の名前を挙げることが多かった。

ざっくりと分類すると、尊敬の対象になりやすい人は、「能力が優れている」「人格が優れている」「優劣はともかく自分が好ましいと思う特徴を持っている」のいずれかではないかと思う。
私もこれまで、有能な人物と仕事や勉強をしたことがあるし、人格者に助けられたこともあるし、面白い考え方や生き方をしている人間に刺激を受けたこともある。
だが、彼・彼女らを「尊敬」しているかというと、どこか違う気がするのだ。

「尊敬」と検索窓に打ち込むと、Google先生が以下の定義を教えてくれる。
そんけい
【尊敬】
《名・ス他》他人の人格や行為を高いものと認め、頭を下げるような、また、ついて行きたいような気持になること。うやまうこと。
おそらく私が他人を尊敬していると言い難いのは、後段の「頭を下げたくなる」と「ついて行きたいような気持ちになる」にある。
人間不信ゆえの認知の歪みなのだが、私は、相手がどんなに好人物であっても、自分に危害を加えるのではないかと心のどこか怯えているのだ。
それゆえ、人に頭を下げるのも指示に従うのも苦手だ。
頭を下げればそれにつけ込み自分に害を成すと考えるし、他人に心酔すれば体よく道具として使役される羽目になると考えている。
論理を伴わない歪んだ感覚なのだが、分かっていてもなかな克服できない。

----

「尊敬」の話ではないが、人間嫌いとして知られる江戸川乱歩には以下のような逸話が残っている。
雑誌『新青年』のアンケート「あなたが生まれ替わったら」への乱歩の答え
「たとえ、どんなすばらしいものにでも二度とこの世に生まれ替わって来るのはごめんです。」

今度聞かれる機会があれば、次のように答えるのはどうだろう。
「たとえ、どんなに素晴らしい人でも、他人を尊敬したことはありません。」


 

タイトル:格差と民主主義(原題:BEYOND OUTRAGE)
著者:ロバート・B・ライシュ(訳:雨宮寛、今井章子)
出版社:東洋経済
 
著者のロバート・ライシュは、政府勤務を経てハーバード大学やカリフォリニア大学で教鞭を取る政治経済学者だ。
クリントン政権下で労働長官を務めた経験があり、オバマ政権にもアドバイザーとして関与している。
原題の"BEYOND OUTRAGE"の指す「怒り」は、2011年に発生したOccupy WallStreet(ウォール街を占拠せよ)のことである。
筆者によると、原著はその翌年の2012年の米国大統領選挙の最中で書かれたとのことだ。
奇しくも、先日2016年米国大統領選挙当日の報道の一つに、ライシュ氏のコメントを取り上げているものがあった。

著者は民主党政権に長く関与した人物である。
それゆえ主張は、経済活動の自由に価値を置きながらも、格差や差別の是正のための積極的な政府介入を良しとする中道左派のど真ん中だ。
本書でも、新自由主義的な市場の信奉者への批判は強烈だ。
特に、2012年の大統領選で共和党の大統領候補であったミット・ロムニー(プライベート・エクイティ・ファンドのベインキャピタルの創業者)など一部の共和党関係者の主張について『逆進主義』と呼び、一章を設けて論じている。

もちろん、書き方が一面的な部分も否めない。
例えば、契約社員や独立コンサルタントのような雇用形態が増えたことをマイナスと考えているが、ダニエル・ピンクの『フリーエージェント社会の到来』などを読むと、(コスト削減のための非正規雇用はともかく)成功した現代の自営業者はかなり充実感を持って仕事に取り組んでいる。
また、企業の多くが確定給付年金を廃止し確定拠出年金に移行したことをマイナスに評価するが、GM(やJAL)が企業年金を筆頭としたレガシーコストに押しつぶされたのも事実だ。

本書の主張をいくつか紹介したい。


超富裕層の報酬と課税

かつては、リスクを冒した成功者が大富豪となることはアメリカンドリームとして賞賛された。
現在では、大企業の上級経営者達ほど、リスクなく対価を得ている。
金融危機時の投資銀行やAIGのCEOは、在任中の業績悪化や株価下落にも係わらず多額の報酬を得た。
そして、度重なる減税により、第二次世界大戦から1981年まで70%を下回らなかった最高税率はここもとの30年間で35%まで低下した。
また、多くの富裕層はキャピタルゲイン税の15%税率を利用することから、実効税率はもっと低い(キャピタルゲインに対する税率も1980年代後半までは最大35%だった)。

民主主義とビッグ・マネー

本書でライシュは、「政府の大きさは本当の問題ではない。問題は誰のために存在するかだ。」と問題提起する。
ロビイング、政治献金、OBの受け入れを通して、大企業は政府に対して自分たちに有利な政策を求める。
すなわち、民主主義がマネーに脅かされているのだ。
この民主主義の危機という観点は、本書を貫くテーマの一つだ。
邦訳のタイトルに直訳では登場しない「民主主義」という言葉を入れたのは妙案だと感じた。

公共財と機会の平等

ライシュは公立学校、公共の交通インフラ、公共文化施設などの公共財が劣化していることに警鐘を鳴らす。
これは富の分配が富裕層に偏ったことの帰結である。
(経済的な余裕のある人間は民間のより高水準のサービスを使うことが出来るので公共財にあまり注意を払わない。)
公教育を筆頭に、公共財の劣化は機会の平等を脅かす
この格差が拡大すると公共財が劣化し機会の平等が担保されにくくなるというロジックは、他の格差是正の論拠と比べても説得力があると感じた。

 

↑このページのトップヘ