村上春樹氏と新潮社が期間限定でやっていた「村上さんのところ」というサイトがあった。
読者から寄せられた質問に村上氏が答えるというもので、そこそこ話題になっていた。
2015年5月で公開は終了して、書籍として出版されたとのこと。

そこで寄せられた質問の中で、一人で出来る仕事につけて良かった、という趣旨の投稿があった。
確か翻訳家(うろ覚え)の女性が、「自分は人と一緒に何かやるのが好きではないので一人で出来る仕事がしたかった。見つかってよかったと思う。」ということを言っていた。
肝心の村上氏の回答は覚えていないのだが、この考え方はかなり私に刺さった。

私も人と一緒に何かをやることに苦手意識があり、実際に疲れるのだが、じゃあ一人で出来る仕事を探そう、という思いに至ったことはそれまではなかった。
今にして思えば、就職活動をするときの自分にそのような軸があっても良かったと思う。
もっとも、当時はどういう仕事なら会社勤めでも比較的マイペースで出来そうかという感度は持っていなかったので、やっぱり無理だったかもしれないとは思う。

なんとなくそれを読んだときから、一人でできる仕事について考えるようになった。

1点目が投資についてだ。
それまでは専ら長期の資産運用を目的として、資産クラスを分散して時間分散で投資していくというスタイルだった。
年金的な政策アセットアロケーションを作ってそれなりに考えてやっていたが、「明日それで生活が出来る」というものではなかった。
仕事として資金を運用するのではなく、あくまで長期の余裕資産の運用である。
そこで、一人でやる仕事としての相場という視点に立って、オポチュニスティックなポジションも取るようにした。
これまで働いた会社はどこも現物株の取引は会社への届出制なので、主にETFとFXを使う。
以前はどこか胡散臭いと思っていたテクニカル分析も学んだ(これは結局、移動平均とボリンジャーバンドでいいのかなと思った)。
負けることもあるがトータルでは勝っている。
フルタイムにすれば自分一人で生きていくだけならなんとかなるかもしれない。

2点目が文章を書くことだ。
去年このブログの前身になるようなブログを初めた。
途中で結構中断しているが、最近はコンスタントに記事を投稿できている。
ただ、訪問者ゼロなのは世の中甘くないなと思う。 
まだ収益はゼロだが、文章を書くのは好きなので、気長にいろいろ書いてみたい。

後は絵の練習とか作曲の勉強もしてみたが、上の2つよりも自分に比較優位が無いのでとりあえずそっちは保留にしている。