自分が今感じていている苦悩は、この時代にこの国で生きている人間に共通なことなのだという考えに至った。
他人が嫌いなのも、働くのが嫌なのも、家族が嫌いなのも、普遍的な感情なのだ。
迫害を恐れて声に出さないから、皆自分がマイノリティだと考えているだけで。
時代と環境が、一定程度そのような人間を生み出している。
ああ、俺はそこまで特殊なわけではないのだ。

きっかけはちきりんの『未来の働き方を考えよう』という本だ。
読み始めてからググってみるまでこの人が女だと知らなかった。
文章はくどいのだが、寿命が長期化した現代における働き方の提言とは示唆に富んでおり、古い価値観の陳腐化に関する指摘には共感できる。

同書の冒頭で「働き方」に関する本の流行り廃りが述べられている。
20世紀末の不況まっただ中で売れていたのは、大前研一の「サラリーマン・サバイバル」やロバート・キヨサキの「金持ち父さん」だ。
そして、2000年台中盤から後半にかけては自己啓発本が流行した。
私が大学を卒業して数年の間なのでよく覚えているが、最近とんと見ない勝間和代や本田直之が流行っていた。
私も何冊か読んだが、自分の経験の域を出ないサジェスチョンではあるものの、素直に感心する記載も相応にあった。

その延長として、最近の数年間では、ダウンシフト、ミニマリスト思考、雇われない働き方に関する本の数が増えてきたことを挙げている。
確かに増えている。
pha氏の本は私も何冊か読んだし、根っこの共通するような本を何冊か挙げることが出来る。
ダウンシフトについて
『Bライフ』高村友也 2011年
Bライフ10万円で家を建てて生活する [単行本] 
『働かないって、ワクワクしない』アーニー・ゼリンスキー (邦訳が)2003年(さすが米国は10年進んでいる)
『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻理恵 2010年
人生がときめく片づけの魔法 [単行本(ソフトカバー)] 
『断捨離』やましたひでこ 2009年
『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』橘玲 2010年
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫) [文庫]

あと、イケダハヤト氏のようなプロブロガーやYoutuberのトップティアも似たようなムーブメントなのかもしれない。

これらの台頭はひとえに、現代社会、現代日本の要請なのだろう。
世界中が経済の低成長と向き合っている。
先進国では、欧州と日本はほぼゼロ成長、米国も1-2%の成長に過ぎない。
新興国も、中国経済は混沌とした状況であり、資源国は低成長のあおりで一層の減速状態にある。
ジム・クレイマーが番組の冒頭で言う、There is always a bull market somewhereは少なくとも国単位では現在は存在しない。
またはあっても希望とみなすには小さい。

人口の減少と高齢化、そしてそれにより社会保障制度の維持が困難であるのは日本と欧州先進国に共通した状況だ。
近代国家では利便性のために人命を切り捨てることが出来ない。
また、老人は少子高齢社会で支配的なマジョリティとなった。

右肩上がりの経済成長はもう訪れず、社会保障制度のつけにより未来の富は浪費されている。
努力して名門校で学問を修め、一流企業勤務や専門職についても、市場の縮小と社会保障負担の増大により明るい未来は見えない。

ダウンシフトは成長のない暗い未来を生き抜くための現実的な処方箋だ。
モノが与える享楽の限界を意識する断捨離やミニマリストも、暗い未来への適合とみなせる。
だが、暗い未来の代償として、今の私たちには有史以来最大の自由が与えられている。
情報技術の発達は、情報の取得、発信、マネタイズ、多くの面で個人の持つ可能性を大きくした。
「雇われない働き方」は、現代人に与えられた自由の行使の方法を端的に表したものだ言えよう。

狭められた可能性と、与えられた可能性、このふたつが現代人を窮屈にしているのだ。

私はこの考えに至った瞬間、3年弱に渡って付き合ってきた自分にオリジナルの苦悩を失った。
4ヶ月の禁を破り、無性に酒が飲みたくなった。