反出生主義というのは一言で言うと「生きるのは不幸なので親の都合で子供を作るのは良くない」という思想だ。 
2ちゃんねる以外では長らく見ることがなかったが、いつのまにかWikipediaにも記事が出来ていた
ショウペンハウエルと埴谷雄高以外の論者はよく知らなかったのだが、現代だとケープタウン大学のデイビッド・ベネターという人が有名らしい。
(ちょっと探したが残念ながら訳書や解説書はなさそう。)

世界は不幸に満ちている

反出生主義の肝は、単純に自分が生まれてこなければよかった、というだけではなく、子への道義的責任から子作りを否定することだ。
人生は不幸だという前提のもと、親である自分の「子供が欲しい」という欲求で不幸な生を作り出すことに疑問を呈する。
これに対して「不幸な人間がいじけているだけだろう」という反論は良くなされる。
だが、自分が作った子供がそのような不幸な人生に陥らないという保証はない。
障害を持って生まれてくるかもしれない、いじめや事件・事故の被害者になるかもしれない、望むような職に付けないかもしれない、自分が認知症や身体が自由ではない状態で長生きしてしまい子供に負担をかけてしまうかもしれない、
少し想像力を働かせれば、不幸の種が自分の近くにも蒔かれていることに気づくだろう。
現代人にとって悩ましいのは、昔と比べて不幸な人生に関する情報が入手しやすくなっていることだ。
介護苦、隣人トラブル、家族トラブル、いじめ、就職苦、劣悪な労働環境
ニュースになるような大きな事件ばかりではない。
匿名掲示板に書き込まれた報道されないような不幸であっても、PV稼ぎのためにまとめられ拡散されていく。
そして、僕たちの脳みそは生起確率の評価がとても不自由だし、いつの間にか問題を自分が経験した単純な問題に置き換えてしまう。
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) [文庫]

「生まれてこなければよかった」という行き場の無い思い

私も含めて、「生まれてこなければよかった」と考える人は、この反出生主義にはだいたい賛成の立場だと思う。
だが、最初の「生まれてこなければよかった」記事でも書いたのだが、この「生まれてこなければよかった」という感覚を理解できる人は少なく、正論・感情論で反論されることが多い。
また、実際に親に向かって言っても皆が悲しくなるだけだ。
これほど多様性が認められる現代でさえ、匿名掲示板や個人ブログ以外に、どこにも行き場所がない感覚なのだ。 

インターネットで「生まれてこなければ良かった」という言葉で検索すると、家族関係で悩む青少年の声が多く見つかる。 
特に幼少期の狭い交友関係では、家庭は世界とほぼ等しい。
そこが自分にとって居心地が悪かったり害を為す場所だとしても、逃げ場が無いのだ。 
私の生き難さの背景にも、青年期にかけての家族の影響は一定程度ある。
怒鳴り声や家族の不和に怯えながら布団にくるまっていた少年は、幸福な家族像を知らないまま大人になった。
正月早々両親と祖父母が喧嘩し、不和を収めてほしいと水神様のお社になけなしの500円玉を奉じてお祈りをしたりした。小学生の少年がである。
機能不全家庭において、私は「ヒーロー」としての役割を忠実に果たしていた。
結果、親元を離れるころまでに、一生分の家族への気遣いをしてしまったのだと思う。

労働苦

家族の問題と比べると、労働苦を背景に生まれて来なければよかったと言ってる人は少ないように思う。
単純にいい年した大人は労働苦でもそんなことは考えないということなのかもしれない。
だが、私がここ数年ペシミスティックになる原因は、労働苦によるものが多い。
組織での労働に磨り減りまくった結果、そうしないと生命を維持できない人間の生に絶望してしまった。
人生を奪われている感覚があるのだ。 
 
―なぜ、自分の時間を切り売りして働かなくては生命を維持できないのだろうか 
それは換言すれば生命と身体を維持するために時間を浪費することだ。
時間とは人生に他ならない。 
草や木と比べて人間の生は不完全で不幸だ。 

―なぜ、気に食わない他人と話したり協調して仕事をしなければいけないのか 
他人がいると休まらないのだ。
気を使うのだ。 
生命の維持に必要な金銭を得るための行為にそれが求められるからタチが悪い。 
死ねば楽だなぁ、と考えてしまう。

生命の維持と表裏一体の人生の切り売りの課題を解決しない限り、どこまでも不幸だと感じてしまう。 

関連記事
生まれてこなければよかった その3 他社転嫁とインナーチャイルド(少し前向きな話)


※追記
2017年の秋ぐらいに、ベネターの著書をちゃんと読みました。
新ブログの方で詳しく取り上げていますので、興味を持たれた方は是非あわせて御覧ください。
新ブログ
不適合者とベネターの反出生主義




ショーペンハウアーは『自殺について』が有名だが、別に自殺は肯定していない。
むしろ、本能からにじみ出る『意思』を克服することに重きを置き、それがニーチェの思想につながる(間違ってるかも。)