記事が増えてきたので、オススメの記事をまとめます。
ここでは「働くのが嫌になってしまった」という内容の記事をまとめます。

<タイトルをクリックすると個別の記事にジャンプします。>

会社行きたくない編

◯眠ると明日が来てしまう
明日が来るのが嫌で眠れない時期がありました。

◯休日以外は全部楽しくない
「眠ると明日が来てしまう」がもっと進んでしまった後の話です。
この後壊れました。

療養生活編

◯労働をしない生活
起き上がれなくなって休職して1週間たった頃の話です。

◯療養生活について-楽しくなさそうだと言われた
療養生活で私が一番恐れているのは、倒れる前の私のように嫌々働いている人間からの憎悪です。

◯人と話さないって快適だ
自分は人と話さなくても平気な人間だと気づきました。1人でいるの大好き。

労働で磨り減る感覚+etc..

◯正味で人生を考える
毎日会社に行って働いて、家に帰って飯食って風呂入って寝る。
それを繰り返しているうちに気付けばもう若くない。
生命の維持のための労働の時間を控除したら私の人生はどれくらい残ってるんだろう。

◯人生を奪われているという感覚
「正味で人生を考える」がもうちょい進んでしまった感じです。
仕事にやりがいを見出だせる人には分からないらしいです。

◯ダウンシフトもミニマリストもフリーエージェントも全て現代社会の要請だ
幸福になるために「働き方」を考えるという試みは90年台からなされていました。
低成長、長寿命化、そして技術革新。
自由な働き方やバランスの取れた働き方を希求する試みは、時代の要請なのだと思います。

◯やる気が無くなってしまった
会社勤めは、「金」「世間体」「自己実現」といった多くのモノを与えてくれます。
でも、それも全部いらないくらい疲れてしまったよ、という話です。

◯働くのが嫌でケチになった
金銭を獲得する手段に対する嫌悪が、金銭を私にとって一段と貴重なものに変えてしまいました。
そして、もたざるものである自分をより一層みじめな者に変えてしまいました。

◯一人で出来る仕事を探す

実はこれを読むまで「一人で働く」という選択肢は思い至りませんでした。
まだ全然道半ばですが、進むべき方向として考えています。