30歳を越えてから、残りの人生どのように過ごすべきかを良く考えます。
まだ答えは見つからないですが、読んでみて良かった本をまとめます。

<タイトルをクリックすると個別の記事にジャンプします。>

◯『働かないって、ワクワクしない?』 著者:アーニー・J・ゼリンスキー(邦訳:三橋由希子)

自由時間が沢山あればもっといろいろなことができるようになります。
自由時間を充実させるためのアイデアが沢山書かれているので、働くのが好きな人にも有用だと思います。

 ◯『持たない幸福論』著者:pha

私達は、親の世代や会社の上司の世代とは明らかに違う時代を生きています。
古い世代の常識に従うのではなく、自分で自分に必要な物を取捨選択する方が幸福になれるという本です。 

◯『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』著者:橘玲

上の『持たない幸福論』とは趣旨が異なりますが、これも古いレジームに従っていては幸福になれないと指摘する本です。
『持たない幸福論』が考え方についての本だとすると、こちらは社会制度と経済についての視点で書かれています。
 
◯『ワーク・シフト』著者:リンダ・グラットン(邦訳:池村千秋)
2025年の世界はどうなっているかを予想し、私たちは働き方をどのようにシフトさせていけば幸せになれるかを考える本です。

◯『嫌われる勇気』著者:岸見一郎、古賀史健
他人との距離感が苦しい人にお勧めします。
「他人は自分を満足させるために存在するのではない」という言葉にはっとしました。

◯『アルケミスト-夢を旅した少年』著者:パウロ・コエーリョ(翻訳:山川紘矢、山川亜希子)
一つの物語に多くの寓話が散りばめられた、星の王子さまのような本です。
意志の力にフォーカスした記述が多く、前向きな気持ちになれます。