その中で、人と話さないってとても快適だと感じている。
最後に友人と会って話したのは9月21日なので、ちょうど2週間経つ。
その前も2週間くらい人と会わなかった。
その間は、買物と外食をした際の最低限のやり取りを除くと、人と話していない。
LINEやメールもせいぜい一週間に1回くらい。
仮にこの生活があと10年続くと辛くなってくるのかもしれないが、2,3年なら問題なく過ごせるんじゃないだろうか。

考えてみれば大学の最後の年が似たような状況だった。
一日中誰とも話さない日が多かったが、誰かと話したいと思えば溜まり場に行けば誰かがいた。
そのころが一番精神的に安定していた気がする。
働くようになってからは、休みの日以外は毎日誰かと話す必要があった。
長い休みも、その時くらいしか旅行が出来ないので、誰とも話さずにゆっくり過ごすことは稀だった。
1週間以上誰とも話さないのは実に10年ぶりなのだった。

 

会社でする会話は疲れる

業務上のやりとりは、あまねく目的を持った会話だ。
・トラブルが起こったので状況を確認する
・オペレーションの指示/依頼をする
・問い合わせや依頼をさばく
自分と相手の方針が一致することは稀なので、全体最適を考えながら、可能な限り自分に有利な方向に持っていきたい。
自分の隙を見せないで相手の攻撃をかわしつつ、相手の隙をついて話をまとめる。
辛かったのでもうしたくない。

では目的のない会話は??

友人間でするとりとめのない会話の効用は、情報の入手と、頭の整理だと思う。
自分のことをある程度知っている人間が自分に話す内容は、ある程度共通のトピックであり、かつ相手の方が詳しい事項であることが多い。
自分より詳しい人間が、自分が興味がありそうな話題をフィルタリングして話してくれるのだから自分にとって興味深い話題であることが多い。
まれに、共通の話題など全く気にせず、自分の話したいことに忠実に話し続ける人もいるが。
逆に、自分から話すときも、このステップを踏むことになる。
相手が興味がありそうな話題で、自分の方が詳しそうなことを話すのだ。
他人に説明するためには相応に深く考えていないといけない。
さらに、説明の過程で頭が整理される
自分の理解が足りない部分が分かったり、繋がっていなかった項目同士が繋がったりすることがあるのだ。
こっちはストレスではないのだが、今のところなくても平気に過ごせている。