タイトル:我慢をやめてみる
著者:森川亮
出版社:朝日新書

LINEのCEOだった森川氏の本。
副題は『人生を取り戻す「起業」のすすめ』とあり、雇われて働くことの限界や起業家論のほか、ベンチャー企業の資金調達環境についても簡単に触れられている。
森川氏は2015年にC Channelという動画メディアの会社を立ち上げたので、良くも悪くも同社に関する記載が多かった。
同社を起業した時にすでに森川氏は著名な経営者であったので、参考にするには人を選ぶと思う。
新書なので、肩ひじ張るよりも森川さんの視点に触れるというスタンスで読むと良いと思う。
私は自分がうまく言語化出来ていなかった視点や新しい気づきがあり面白かった。

日本のソフトパワー

著者は「世界と勝負しよう」という章の中で、日本のソフトパワーは日本人が思うほど強くないと指摘する。
外国人に「日本はすごい」と言わせるテレビ番組が結構あるが、アジア各国で「おしん」がヒットした時代と比べると相対的に日本のソフトパワーは弱くなっているという。
例として、韓国メディアの世界を見据えたコンテンツ作りを紹介している。
旧ハンゲーム・ジャパンの元CEOが言うと説得力がある。
・語学→韓国のタレントとエンターテイメント業界関係者はだいたい英語ができる。またタレントは日本語などの第三外国語も勉強している。
・権利関係→韓国では放送局が自社でタレントを抱えているため、コンテンツの海外配信などのための権利調整がシンプルだという。
下段については昔の日本の映画会社と同じ仕組みとのこと。
当時は多くの映画会社がスターシステムを採用していたが、俳優が映画会社所属だったことも関係するんだろうなと思った。
(私はスターシステムという言葉は手塚治虫の漫画に関する解説で知った。ロックやランプやヒゲオヤジが色々な作品で別の役柄で登場するあれだ。映画のスターシステムとはちょっと違う。) 

農耕民族のハンディ

著者は日本でベンチャーが育ちにくい原因について農耕民族的なカルチャーが問題ではないかという分析をしている。
シンプルだが説得力がある。
・稲作は共同作業。水田に有限の水を引くために水路を話し合いで決める。
ルーティンを崩す者の存在は生産性を阻害するので、逸脱した行為をする者は村八分にされる。
そして、農村では仲間外れは貧困につながる。
・狩猟文化は群れの縛りが相対的に弱い。
より多くの獲物が見込める猟場を求めて群れを離れるものを引き留めない。
イスラエルの起業家曰く、「砂漠で承認がオアシスの情報を耳にしたとする。普段のルートに固執するのも、オアシスの情報を信じてそこに向かうのも自己責任。」

人材の流動性

本書では、日本の閉塞感の原因として人材の流動性が低いことを挙げており、対策として解雇規制の柔軟化を提唱している。
関係部署の働かないスタッフにイラつくことが多い私としては概ね賛成だ。
諸外国でバカンスを一か月取れるのは、生産性の高い人間しか働いていないからという意見は逆説的だが面白い。
本邦では、国家が社会保障を企業に押し付けているが、経営者と投資家でけでなく、生産性の高い労働者も割を食っているのかもしれない。
労働者を縛り付けるのは、社内の生産性の低い労働者なのかもしれない。

教育の在り方

本書では教育の問題にも踏み込む。
日本はパブリックスクールが多く、そこでは最大公約数的な教育をするため「普通の良い子」を作り出す。
また、意欲的な教員が新しい試みをしてもモンスターペアレントが潰してしまう。
私も常々、学校は近代的な工場と良く似ていると考えていたので、ここら辺は同感だ。
そして、一歩踏み込んで、大学で全員が学問をする必要もないという。
ドイツの例を出して、リベラルアーツ的な教育をする総合大学がある一方で、高校生から専門的な技能教育を行うような学び方もあるという。
不勉強を棚に上げて能力で区別することを嫌う人が多いのか、あるいは役所が研究者の受け皿として大学を増やしたためかは分からないが、日本だと下位の大学でも相応にアカデミックなカリキュラムを採用している。