知らない言葉であっても既知の情報から意味を類推できる能力は、人間の持つ優れた能力の一つだ。
だが、類推は時に誤解を生み、その誤解が修正されること無く、間違った情報として認識されてしまうことがある。
「情けは人のためならず」が情けをかけるとその人のためにならない(だから人には厳しくせよ)という意味だと誤解されたり、「気のおけない人」は気を許してはならない油断ならない人物のことだと誤解されたりする。
アダルト・チルドレンもそのような誤解を受ける機会が多い言葉の一つだと思う。
私も正確な意味を知るまでは、この言葉は「我儘でこらえ性のない子供っぽい大人」を意味すると思っていた。
事実は全く異なる。
アダルト・チルドレンという言葉はもともとアルコール依存症治療の場で生まれた言葉だ。
アルコール依存症家庭に生まれた子供は、大人になってから親のように依存症になったり、依存症のパートナーを持つようになる事例が多いという。
アダルト・チルドレンは正確にはアダルト・チルドレン・オブ・アルコホリクス(Adult Children of Alcoholics)、すなわち「アルコール依存症の親を持った子供が成人した人」という意味だ。
現在では、アルコール依存症に限らず、コミュニケーションの不足やルールの強制が顕著な家庭(機能不全家庭)で育った人を指すようになった。
つまりアダルト・チルドレン・オブ・ディスファンクショナル・ファミリー(Adult Children of Disfunctional Family)である。
アダルト・チャイルドは「自分の欲求がよくわからない」「ありのままの自分で良いと思えない」「自分が大切な存在だと思えない」といった自己の喪失や自己否定感を持ちやすいという。

僕は機能不全家庭の子供だった

私の生家が結構機能不全な家庭であったことは以前に書いた。
強権的で癇癪持ちの父と妄想癖で嫉妬深い祖母に気を使う必要があり、私は家の中に諍いが起きないよう気をもんで過ごした(あるいは今でも気をもんでいるのだと思う)。
そして、長子の私は、自分の誕生が母をそのような家庭に縛り付け笑顔を奪った原因なのではないかと心の奥で考えていた。
全てを生育環境に帰責するのはフェアではないが、「人を信じられない」「弱音を吐けない」「頼みごとが苦手」「他人の顔色をうかがってしまう」「音に敏感」といった私の形質は生育環境に依る部分が小さくないと思う。
こちらのサイトにあるように、同じように感じる機能不全家庭の出身者も多い。
リンク:会話のネタ速報 日常的な両親の喧嘩が子供に与える影響とは? http://muravillage.com/ryousinkenka-kodomo-1760

自分の過去と向き合うために

私は、自分の生き難さの原因が生育環境にあり、同じような理由で苦しんでいる人がいると分かっただけで、ずいぶんと救われた気がする。
とはいえ、一般論を知るだけでは不十分だ。
過去は変えることが出来ないし、気の持ち方で今から別人になれると考えるには、私たちはこの問題と長く付き合いすぎている。
切り裂かれるようにつらくても、自分の過去と向き合う必要があるのではないか。
結局私は、以下の本のワークを自分でやってみた。
アダルト・チャイルドが自分と向きあう本(編集:アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター、出版:アスク・ヒューマン・ケア)
アダルト・チャイルドが自分と向きあう本 [単行本]
(発行元はアルコール依存症に関する情報提供等を行うNPOを母体とした出版社)

本書では、以下のようなワークが紹介されている。
・原家族にあった問題と無言のルールを明らかにする
・子供の頃の自分にとって不安だったことを振り返りそれを癒やす
・子供の頃の自分の家庭内における役割を振り返る
・自分が原家族で獲得したルールを新しいルールに置き換える
・幼少期から思春期の癒やされていない悲しみを発見し誰かと分かち合う
率直に言って、一つ一つがとても重く感じた
140ページにも満たない本だが、余白に自分の回答を書き込みながら読んだため、読了後は疲れ切っていた(途中で吐き気もした)。
本の中でも書かれているが、不安定な状況では避けたほうがいいし、可能なら信頼できる援助者と共にやるべきだ。

だが報酬は十分にあった。
例えば以下のことは、実際に言語にして初めてわかった。
・強制されたルールについて
私の生家の共依存のルールは「問題について話すな」「従え(従うまで不機嫌になる)」というものだった。
だから、大人になっても仕事でこのような場面に出くわすと狼狽していた
・自分の役割
私は家族の中の自分の役割を「しっかりした子(ヒーロー)」で「世話焼き(ケア・テイカー)」だと思っていたのだが、実際は「おとなしくて面倒をかけない子(ロスト・チャイルド)」だったのかもしれない。
問題を起こさないことが第一であり、自分が主張すると周りが不機嫌になると思っていたのだ。
そして、この主張しなさ、勇気のなさによる不作為が、結果として祖母の妄執に加担し母に手間や苦労をかけたことがある。
私の加害意識の根っこを見つけた気がした。
・承認と報酬
私はあまり褒められたことがなく、家族に信頼されていないと感じていた。
たぶん、運動神経が鈍く転んで傷を作ることが多く、いじめられたこともあるため、家族の中で私はずっと「弱い保護すべき対象」だとみなされていたのだろう。
そして、勉強だけは昔から得意だったが、それで褒められたことは無かった。
それゆえ、大人になっても他者からの承認と報酬を過度に求める傾向にあったように思う。
仕事が順調なうちは、家庭では不十分だった承認も報酬も十分に受け取ることが出来たのだ。
だが、これは共依存の場所を変えただけだ。

鎖を解き放つ

「過去の自分がほしかったものは、今の親からもらう必要はないのです。仲間や、そして何よりあなた自身が、それを与えてあげることができます。」
上記の本の終盤に書かれていた言葉だ。
自分を縛る鎖を見つけたら、そこから解き放たれよう。
親との間に境界線を引いて、自分の欲求を満たしてあげよう。 
そのように考えることで、しがらみから一つ解放された気がした。
 
困難かもしれないが、生きているうちに家族を愛せるようになりたいと、少しだけ考えるようになった。
うまく出来るか分からないが、私の家庭の悪役達もそれぞれの生き難さがあり、それゆえ選択肢が少なかった人たちなのだと考えてみようかと思った。
そのためには、やはり自分が鎖から解き放たれなくてはいけない。

----

関連記事:「人を信じられない病-信頼障害としてのアディクション」の書評
依存症の背景に生育環境に起因する生き難さがあり、人間不信ゆえにモノに頼る傾向があるのではないかと指摘する本を紹介した記事です。


記事で参照している本です。ワークは結構キツイので、文中の注意(うつや依存症から回復途上にある時は避ける、援助者とやる)に従ってやった方がいいです。

古い本ですが、アダルト・チャイルドの実例(著者の臨床例をもとにしたフィクション)が多く紹介されており、回復に向けたステップも示されています。アルコール依存に的を絞っていますが、他の機能不全についても当てはまる部分は多いと思います。

関連記事で紹介している本です。生育環境→人間不信→物への依存という構図は説得力がありました。ただ、回復のために取るべき方法はあまり書かれていないです。