私は5年前に献血をやめた。
以前は献血を結構していた。
手元に残してある献血カードを見ると、献血回数15回とある
足掛け10年程度、年に1回ペースでは献血していたことになる。
(昔は紙の「献血手帳」に履歴を記録する方式だったが、10年前くらいに「献血カード」になったと記憶している。)

献血をするようになったのは、高校時代の恩師(教員という職業だが尊敬に値する数少ない人物)が献血を100回以上している猛者だったのでその影響を受けたのが一番の理由だ。
あと、吉田秋生の『吉祥天女』という漫画で、ダークなヒロインの小夜子さん「女は血なんて怖くないのよ。毎月血を流すんだから。」というドスの効いたセリフを言っていたのが妙に頭に残っており、男も定期的に自分の血を見る必要があるな(?)というよくわからないことを考えていた。

血液検査の結果がフィードバックされるし、大きな献血センターなら菓子を食べながら漫画も読めるので、する側にもメリットがある。
また、上記の吉祥天女の理屈で血を流すのは生物に必要なことだとも考えていた。

社会貢献やボランティアは胡散臭いと感じるが、 就職活動のエントリーシートで「ボランティア等」の項目があれば一応「献血」と書いていた。
それなりに話のネタになった。
「献血は結構曲者で、血を抜いても大丈夫な人と駄目な人でそれなりに差があるんです。
友人の筋骨隆々のスポーツマンが、血を抜くと途端に気分が悪くなってしまったこともありました。
また、輸血を受けたことがある人や、2004年までに欧州の一部の国に半年以上滞在した人も献血出来ません。
献血出来ない人が相応にいる以上、出来る自分が定期的に協力するのは意味があることだと考えています。」
リクルーターや面接官と話す時はこんな殊勝なことを言っていた。
いい子ぶる訳ではなく、結構本心からこう思っていた。
うぶだったのだろう。


血液製剤の大部分が高齢者に使用されているという統計を見てから、私は献血をしなくなった。
私はこの統計を、赤十字のホームページで見た気がするのだが、今は載っていない。
多分、若者の献血離れが3年位前にニュースになった時に消されたんじゃないかと思う。
不都合な事実なのだろう。
公的なソースとしては、以下のリンク先の「平成27年輸血状況調査結果(概要)」の4ページ目を見てほしい。
「年代別では、50歳以上の患者への使用が全体の84.5%を占め、前年(84.3%)とほぼ同じである」との記載がある
病気になるのは年を取ってからの場合が多いので、至極当然の結果なのだが、こうして数字をみるとなかなかインパクトがあるのではないだろうか。
しかも、このワーディングはかなり恣意性を感じる。
どういうことかと言うと、(概要)ではない方のファイルの7ページ目を見ると内訳があるのだが、84.5%の内訳は、70歳以上:56.8%、60代: 18.5%、50代:9.2%であり、上の記述には70歳以上が過半であるということをぼやかそうという意図が感じられるのだ。
(仕事で書く文章だとこういうワーディングすることあるよね。)

輸血の用途は、私に献血をやめさせるだけの十分な衝撃を持った事実だった。
また、この数字を見たのが働くようになってからなので、生きていくことのしんどさを知って余裕がなくなっていたために尚更突き刺さった。
望んでもいないのに生きろと言われて、仕方なく自分の時間を売って生活費を稼ぐ。
そこから、高齢者への給付のために年金を払わされて、健康保険料を払えば半分は高齢者医療に吸い上げられる。
端的に言って、生きること、働くことで罰せられているような気がしていたのだ(今でもしている)。
こんなに生きるのがつらいのに、なぜ自分を罰しようとする人間を助けるようなことをするのか。

友人にこの話をしたら「昔みたいに売血にすれば良い」という意見があった。
もっともだと思う。
世代間の富の移転に資するし、外圧と偶然の賜物である現在の献血制度を守り続ける必要はない。
ただ、そうすると闇金ウシジマくんの鰐戸兄弟みたいに、ホームレスや無職者を集めて血を売らせる人達も出てくるだろうとも思う。
(ウシジマくんはこのエピソードやサラリーマンくんのあたりが一番面白かった。)

現役世代は非受益者であるという怒りがあるし、高齢世代は自分たちには当然権利があると考えている。
最終電車(※1)の過ぎ去ったホームで、私たちは奪い取る機会を伺い、奪い取られまいと警戒している。

まぁ今の私は抗鬱剤と安定剤を飲んでるから、献血しようと思っても門前払いされるんだけどね。

※1
「社会保障制度改革の最終列車」という概念がある。
50歳以上の有権者の割合が過半数を超えると、社会保障制度の見直しは不可能になるとい考え方だ。
財政の見直しのために年金制度、医療制度をスリム化しようとすると、大きな既得権を持っている高齢世代が反対するという構図だ。
ちょっと古いがIMFが2004年に各国の最終電車の時刻表に言及した。
英国:2040年
アメリカ、ドイツ、フランス:2015年
日本は2003年だ。
最終列車はかなり前に出発してしまった。