復職して数ヶ月経ったとき、別の部署の顔見知りの人とこんな会話をした。
相手
「どう?復帰してもう慣れた?」
自分
『どうにも駄目だねぇ。
ゾンビになった気分だよ。
今の状況で自分の体がなんで動くのか分からないんだ。
活力なし、そして情熱なし。
なんで毎日電車に乗って会社に来れてるか分からないんだ。
なんで俺は今、働けているのだろう。』
相手
「今日は早く帰ったほうが良いよ。」

ゾンビの起源はブードゥー教の伝承だという。
ブードゥーの司祭(ボコ)は、呪術で死体を蘇生し使役するといわれている。
1960年台以降になると、ゾンビは『なんらかの方法で死体が動き出したもの』という設定でホラー映画などによく登場するようになる。
特にバイオハザード以降の世代だと、ウィルスの影響で死体がモンスター化したものという設定が最初に頭に浮かぶ人も多いのではないだろうか。


我ながら『ゾンビ』と言うのはなかなか良い例えだなぁ、と思ってゾンビについて調べていたら、興味深い記述を見つけた。
この術はヴードゥーの司祭の一つであるボコにより行われる。
ボコの生業は依頼を受けて人を貶める事である。
ボコは死体が腐り始める前に墓から掘り出し、幾度も死体の名前を呼び続ける。
やがて死体が墓から起き上がったところを、両手を縛り、使用人として農園に売り出す
死体の魂は壷の中に封じ込まれ、以後ゾンビは永劫に奴隷として働き続ける
   出所:Wikipedia -ゾンビ(強調は管理人)

なんてことだ!
ゾンビは労働のために作られるものだったらしい!!
そしてこれは人間の社会そのものじゃないか!!!
集団で取り囲み、揉んで、去勢して、詰めて、報酬をちらつかせて、価値観を植え付けて、本人の自由意志だと刷り込んで、労働だけさせようとするのだっ!
集団の流儀を頭と体に植え付けられたら人間としては死んだも同然だ、そこから先はゾンビとしてもの言わぬ奴隷として働くのだっ!
マイガッ!

現代のボコ(政治、集積した富、上の世代の価値観、足を引っ張るその他大勢)に死体をゾンビにされないためにはどうすればいい?
大丈夫、親切なWikipediaにはその先が書いてあった。

死人の家族は死人をゾンビにさせまいと、埋葬後36時間見張る、死体に毒薬を施す、死体を切り裂くなどの方策を採る。
死体に刃物を握らせ、死体が起き出したらボコを一刺しできるようにする場合もあるという。

私なりに人間の集団に合うように咀嚼してみよう。
・埋葬後36時間見張る
→死体をボコから遠ざけるんだ!孤立しよう。他人から離れよう。
・死体に毒薬を施す、死体を切り裂く
→利用する者にとって無価値なヤツになっちまおう!期待に答えるとか義務を果たすとか、利用するための言葉に騙されるな。
・死体に刃物を握らせ、死体が起き出したらボコを一刺しできるようにする
→反抗する力をつけよう。使役するために蘇らせたことすら利用してやろう。

自分が生者でもゾンビでもどちらでも構わない。
だが、性悪な司祭に使役されるのはどうにも耐え難い。



ゾンビとは全然関係ないのですが最近読みました。
いつもより文章に勢いがあるとしたらこの影響です。
オン・ザ・ロード (河出文庫)
ジャック・ケルアック
河出書房新社
2010-06-04