帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

マイナス思考

『沈黙』の感想と『悲しみの歌が聞こえなくなる場所』

遠藤周作原作の『沈黙ーサイレンスー』の映画を見た。
メインテーマの「神と信仰」だけではなく日本人論にも繋がる内容であり、出演者の演技にも熱が入っていた。
長くて重くて視聴後にしんどさが残る内容だったが、見てよかったと思う。
虐げられた弱い人々が神にすがる。
迫害を受け弱さ故に信仰を捨てる。
神と他人を裏切りそれでも許しを求める弱さ。
敬虔な信仰を持たない者の一人として、私は長らく、人間が「弱さ」ゆえに神を必要としたのだろうと単純に考えていた。
しかし、信仰を求めるのも信仰を捨てるのも人間の弱さから生じる。
弱さ故にすがった神であっても、祈りを捧げるうちにいつしか自分の精神を構成する一部分となり、それを自分の内側に維持し続けるには強さが必要になる。
そんなことを考えた。

私が、遠藤周作の著作で読んだのは『海と毒薬』『悲しみの歌』『深い河』 の3作だけだ。
この中では、私は『悲しみの歌』に一番衝撃を受けた。
あまり知られていないのだが『海と毒薬』の続編にあたる作品であり、しかも『海と毒薬』よりもずっと長い。
少し前に「悲しい物語に感情移入しすぎて辛くなってしまうことがある」という旨のことを書いた。
関連記事:繊細なシミュレーション装置は悲しい物語を嫌う
『悲しみの歌』はまさにそのような作品だ。
(ネタバレ上等の方はWikipediaに結末まであらすじが書いてあります
リンク:Wikipedia 悲しみの歌
私が正論を振りかざす人間や苦悩と無縁そうな人間を引いた目で見るようになったのはこの作品の影響かもしれない。
また、その一方で、どんな人間でも悲しい物語を持って生きているのかもしれず、それゆえに一方的な断罪はフェアではないとも考えるようになった。
カントは人間は理性の持ち主ゆえに尊敬に値すると言ったが、私は人間は悲しい物語の持ち主だからこそ尊敬に値するのだと思う。
(まぁ本当に苦悩や悲しみと無縁の人間もいることはいるんだろうけど。)

全能の神は人に対して沈黙を貫く。
弱さゆえに人は神の言葉を語る。
弱さゆえに人は悲しみの歌を歌う。
悲しみの歌が聞こえなくなる場所を楽園とか天国と呼ぶのだろうか。

 

再分配に関するアンビバレンツ

最近、流行ってた時期に読もうとして挫折したマイケル・サンデル『これからの正義の話をしよう』を読んだ。
これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) [文庫]
 
同書は、正義に関わる価値観として幸福、自由、美徳の3つを挙げて、それぞれに関する思想を辿るような構成になっている。
例えば、幸福という軸ではベンサムなどの功利主義が紹介され、自由という軸ではリバタリアニズムやカント(以前の挫折の原因)が登場する。
その中の自由に関する議論では、格差と再分配が取り扱われている。

経済的な便益について考える場合、自由と平等は相反する価値だ(「経済的」以外の観点だと、「基本的に」相反する価値だ)。
自由に重きを置けば政府による所得の再分配は強制労働に類するものとして排除すべきだし、平等に重きを置けば格差の是正として政府による富の再分配が求められる。
再分配については、私の中には相反する2つの感情があり、それぞれが私の属性に還元できる。
市民(現役世代・平均よりいくらか上の所得層)としての私は再分配を否定したいし、相続財産を持たない者としては再分配を求めたい。

市民としての私

だいたい給与の24%ぐらいが源泉徴収される。
税が公共サービスの運営に必要だということは理解できるし、病気になることもあるので健康保険料の恩恵にもあずかっている。
もちろん、手放しで許容できるわけではない。
特に高齢者医療のために組合・協会健保(現役世代)から国民健康保険にかなりの金が流れている点はもっと意識されるべきだ。
(こちらのサイトの解説が詳しくためになった
(健保連の公表資料はこちら

ただ、一番納得いかないのは年金だ。
給付水準が下がることが予想される制度に無理矢理入らされ、自分の拠出した金が高齢者のために使われると言うのは腹立たしい。
よく、年金について「還ってくる」という表現が使われるが、積立方式ではなく賦課方式の年金では正しくない
我々から取り立てられた保険料は、現在の高齢者への給付に「使われている」のだ。
我々の世代への給付は、あくまで私達が受給者になった時の年金財政によって決まる。
面白いことに、ロンドン・ビジネス・スクールのリンダ・グラットンも投資銀行OBの藤沢数希も、先進諸国の年金制度の現状はねずみ講(ポンツィ・スキーム)だと指摘してた。
また、厚生年金の基礎年金部分と国民年金は財源を共有している(橘玲が著書で指摘していた)。
すなわち、給与所得者で厚生年金に加入している場合でも、未納率が極めて高い国民年金とちゃんぽんされているのだ。
(おそらく6ページ目の厚生年金歳出の「基礎年金給付費等基礎年金勘定へ繰入」がそうだろう。

以前書いたが、日本では少子高齢化で2003年に社会保障制度改革の最終電車は出発している。
(50歳以上の人口が有権者で多数派になると社会保障制度を縮小する方向での見直しは不可能になるということ。)
関連記事:橘玲「お金持ちになれる黄金の羽根の広い方」の感想文(後編) 
私たちは所得の続く限り、このネズミ講に付き合い、自分たちより幼い世代を巻き込んでいかないといけない。

相続財産を持たないものとしての私

大学に入って、周りに裕福な家庭の子女が多くてとても驚いた。
上場企業勤務、大学教員、はては政治家の子供もいた。
また、働くようになると、親世代が収益不動産を保有していたりする人が何人かいてさらに驚いた。
年収100万円生活の著者は、持ち家と相続した収益不動産(賃貸マンション)があるのでそもそも自分とは前提の違う人だった。
書評は書いたけど、実はむかつきながら読んだ。
関連記事:山崎寿人「年収100万円からの豊かな節約生活術」の感想文 
私が親世代から相続できそうなものは対応に困る田舎の一軒家くらいなのだから。

ピケティの「21世紀の資本」では、世代間の格差より同世代の中の格差が問題視されている(「21世紀の資本」は読んでいないがアゴラの池田信夫氏の解説書で読んだ)。
その理由は、世代内の格差は相続を通じて再生産されるからとのことだ。
確かに、世代内の格差のほうがより本源的な問題だとは思う。
相続財産が無い貧しい家に生まれても、教育や医療において優れた公共財の恩恵を受けられれば機会の平等はある程度担保される。
ただ、「親世代から引き継ぐ資産」という個々人の資質や人格から離れたものに大きな差があるというのは、感情的にどうしてもひっかかる。
持たざる家庭に産み落とされた者としては、相続税率の引き上げや資産規模に非対称的(富裕層ほど利用しやすい)な節税手段を潰すなどの対応も期待したいのだ。


結局のところ私は、一方ではフリードマンを支持し、もう一方ではマルクスに救いを求めている。

 
 




相手の属性を攻撃すること

議論や言い争いにおいて、テーマを離れて相手の「属性」を攻撃しようとする人がいる。
どちらかと言うと、リアルよりも掲示板やWebのコメント欄のような匿名のやり取りで多い気がする。
感情的になってそのような言動に及ぶ場合もあるが、発言者を貶めることで発言の信頼性を下げることを目的として意識的になされる場合もあるだろう。
選挙や国会の報道で、後者の目的での発言を嫌というほど見かける。
フィクションの裁判シーンでも、証人の適格性を貶めることで証拠能力を否定しようとするのは常套手段だ(実務ではどうなんだろう)。

こういった闘争の相手への直接攻撃は、ざっくりと2つの類型に分けられると考えている。

  • 社会的に価値が低いと考えられている、または少数派である点を攻撃する
「そんなんだからいい年して独り者なんだ」
「年下のくせに生意気だ」
「1人が好きなんて寂しい人間だね。友達がいないの?」 
「スマホゲームで有料アイテムを購入するなんてバカだ(この文脈で「課金」というのは誤用だと思う)」 
「そんなものを喜んで食べているなんて舌が貧しい(馬鹿舌子供舌といった類)」
「食事の行儀が悪い(クチャラーや箸の持ち方といった類)」

社会通念や数の論理を背景に、発言者を貶めようとする。
本題ではないが、後ろの2つのように食に関して他者を貶める人は結構いる。
確かに、私も音が気になる質なので他人の咀嚼音は気になって仕方ない。
ただ、箸の持ち方はどうでもいいし、食の嗜好に貴賎は無いと思う。

  • 二者択一の属性を攻撃する
「低学歴は仕事が出来ない/いい大学出てこれかよ」
「男だから/女だから」
「これだから文系は/これだから理系は」
「健常者だから/障害者だから」
これらの属性は、基本的には両方に属することが出来ない(複数の学問に通じていたり、性転換していたりと、二者択一に当てはまらない人ももちろんいる。)。
両者の属性は平行線であるという固定観念や、相対化により発言者の資格を貶めようとする。


いずれの場合も、自分が愛着がある属性を攻撃されると腹が立つことこの上ない。
例えば、自分がポリシーを持っていたり(職務内容)、努力して獲得したり(学歴や資格)、長い間付き合ってきたもの(性別)がそうだ。
「そんなんだからいい年して独り者なんだ」
→俺は人を愛せないから相応の覚悟を持って独身なんだ(モテないのも事実だけどさ)
「そんなものを喜んで食べているなんて舌が貧しい」 
→食事に金を使う方が馬鹿らしい。腹に入れば一緒だ。
「男だから/女だから」
→一部の人間の特徴を全体に当てはめるな。

ただ、自分がその属性の代表者であるかのような気持ちになってやり返すのは避けたほうが良い
応じてしまうとどういうわけかこちらが負けたような雰囲気になるし、何よりも疲れる。
自分のスタイルや属性にあまり肩入れしない方が気楽でいられる。

とはいえ、属性を全て取り払った後の私には何が残るだろう。
玉葱のように芯が残れば良いが、何も無いような気もする。
これは結局「あるがままの自分は愛される価値があるか」という自己評価の問題に回帰するのかもしれない。


 

読書の仕方も映画の見方も吝嗇だ

自分は映画を見たりを読んだりするのにつけてもケチだと思うことがある。
ここでいうケチとは、「作品の内容を無駄にせず全てを咀嚼したいと考えている」くらいの意味だ。


昔から、映画を見るのが苦手だった。
2時間ずっとスクリーンに集中していなくてはならないことに疲れるのだ。
トイレに離席したりふと画面から注意をそらした時にとても重要なシーンが流れ、自分がそれを見逃すことを恐れている。
その1シーンを見逃したばかりに、その映画の全てが台無しになってしまうことを恐れている。
それゆえ、どれほど楽しみにして見に行った映画であっても、途中からは開始からどれくらい時間が経ったかを確認し、あとどれくらいで終幕かを気にしている。
これは映画館だけに限らない。
レンタルビデオを借りるときも、果たして自分が最後まで集中力を途切れさせずに見られるか、またそれだけの価値があるかを気にして、なかなか借りられない。
Amazonのプライムビデオでも、気になる映画があるとプレイリストに加えるのだが、見るだけの気力が沸かず、ついぞ見ないままだ。

本を読むのもそうだ。
子供の頃から本を読むのは好きだったが、苦手だった。
一度出てきた内容を忘れてしまい、読み進めていくうちに話の展開や論理構造についていけなくなることを恐れている。
重要そうな箇所を振り返り易いと安心するので、鉛筆で印を付けながら読む。
もちろん、試験勉強の時は要点以外は流して、その分演習の時間を確保するようにしていた(さもなければ悲惨な結果になる)。
また、仕事で読む文章については、多くの場合は要点はどこかを探しながら走り読みをして対処している(さもなければ早くお家に帰れない)。
ただ、自分が趣味で買った本は、小説でも実用書でも吝嗇に読んでしまう

率直に言って、映画や本に対するこのような姿勢は、集中の代価としてもたらされる疲労により作品の良さが損なわれていると思う。
1作品1作品に労力がかかるので、見る/読むことができる作品の数も制限される。
そもそも、全てを理解しないと映画や本の良さが全てスポイルされるとい考えは、認知の歪みだ(類型としては「全か一かの思考」「完璧主義」)。

私が「本や映画の全てを理解したい」という強迫に駆られるのは、『自分の苦悩の答えを求めて作品に接している』ためだと考えている。
人間不信、労働苦、家族の呪縛、生きる意味に対する答えを本や映画の中に探している。
それらの苦悩は自分にとって一大事なので、集中して答えを探す必要があるのだ。
フーコーの入門書やアダルトチルドレンの解説書のようなものだけでなく、太宰やモームの小説の中にも答えを探している。
ファイト・クラブやエヴァンゲリオンの中にも探している。
苦悩が減れば接し方も変わるのかもしれないが、現代人が生きる限り、苦悩は決して減らないだろう。
「答え」を求めてする読書は楽しめない。
でも、どこにも答えが書いてないのなら、私は果たして本を読むだろうか。


日曜にインフルエンザが発症した時の私の行動及びイナビル体験記

インフルエンザにかかってしまった。
土曜の夜に寒気を感じ、とても嫌な予感がしていた。
案の定、翌朝の5時くらいに目が覚めたときには、体が極大の倦怠感と痛みに包まれていた。
あー、これは、インフルだな、前にかかったときは2009年だから7年ぶりかな、日曜だから開いてる医者探さないと、
朦朧とした頭でそんなことを考えていた。
体温を測ったら39.5度
自慢じゃないが私は熱が出るときはかなり高くなるのだ。

都内の休日診療について

東京都内の内科の休日診療体制は区によって異なるようだ。
2009年にインフルエンザにかかったときも日曜だったのだが、当時住んでいた豊島区は保健所の中に休日診療所を設けていた
今住んでいる所だと、区の委託を受けて医師会が当番制で休日診療する医院を定めていた
今回は区のホームページで担当の病院を確認して、一応9時過ぎに電話して開いているのを確認してから出向いた。
いずれにせよ、「○○区 休日診療」で検索して、区のホームページを確認するといい
医療機関検索サイトだと、休日診療の内科で検索すると、美容整形やED治療の病院くらいしかヒットしないので要注意だ。

自治体と医師会のこういう施策は率直に言ってとても助かる。
だが、逆になんで休日診療する病院がこんなに少ないんだろうとも思う。
『ブラックジャックによろしく』では、日本の救急医療に関する問題として、病院の数が多すぎるので病院あたりの医師数が不足していることが挙げられている。
確かに平日と土曜の午前中だけ開けて老人の世話をすれば経営に困らないのであれば、わざわざ急患の対応なんてしないだろう。
困るのは平日に働いている現役世代と急患と国の財政だけだ。


イナビルを吸ってみた

今回処方されたのはタミフルでもリレンザでもなく、イナビル(第一三共)だ。
2010年に認可された薬らしいので、前回インフルエンザになった時はまだ世に出ていなかった薬だ。
口から吸って肺に入れる薬なのだが、錠剤と比べると馴染みが薄い方法なので、製造元がリーフレット、HP、iPhoneアプリなどで解説している。
参考:調剤薬局等で配布しているリーフレット
inabiru_leaflet

大人だと2キットを4服ずつ吸うのだが、肺をふくらませることを意識して吸わないと消化器の方に入ってしまう。
私も最初の一服目は結構食道側に入ってしまったような気がする。
私は薬局でその場で吸ったのだが、高熱で朦朧としている状況だとそれがベストだと思う。
(平常時なら、薬剤師のおばちゃんが口頭で指導したことをその場でやるよりは、ホームページを熟読してから吸うほうが、私はやりやすい。)

少し調べたところ、イナビルの利点として、服用が一回で済むので飲み忘れの心配がないこと、呼吸器で吸い込むため錠剤のタミフルと比べると体への影響が局所的であること、などが挙げられている。
その代わり新しい薬で飲み方も特殊なので薬価は高い
20mgキットの単価が2,139円なので、✕2キットで4,278円。対してタミフルは1カプセルの単価が283円なので一日2錠を5日分と考えると2,830円だ。
幸いその日の夜には熱は37度台まで下がったので、効き目は申し分なかった。

----

以前から、冬になると電車に乗ったり会社に行くのが嫌で嫌で仕方なかった。
高確率で咳をしている人間に出くわすので感染が怖いし何より不潔だからだ。
しかし今回は、会社を休んでいるのにインフルエンザになってしまった。
しかも、手洗いうがい(うがい薬使用)を欠かさなかったにもかかわらず感染してしまった。
嫌いな会社勤めが無くなれば万事丸く収まるというわけではないということか。
(とはいえ、精神科の医師からリワーク(通勤時間に電車で外に出てそのまま図書館等で過ごす)するように言われていたので、普通に感染リスクのある場所に出てはいた。)

ここ数週間でかなり感染が拡大しているみたいですので、皆様も気をつけてください。

 

同じ運賃を払ってるのに老人に席を譲る理由が思いつかない

『電車で老人に席を譲るべきと考える人の割合が減っている。
特に、老人に席を譲ろうとしたのに相手に断られた経験があるので譲りたくなくなったという意見の人がかなり多い 。』
とのことだ。

これを見て反射的に思い出したのが以下のコピペだ。
リンク: Buzz Media「電車で席を奪い取ろうとする老人に対し、若者が放った言葉が突き刺さる!」
事実か創作かは分からないがあり得そうな話である。

私はそもそもこういうシチュエーションが大嫌いなので、電車では滅多に座らない
そして、30分以上乗車する場合は極力座席指定できる移動手段を使うことにしている。

---
ダイヤモンドオンラインの記事は、長寿命化により現代の高齢者が昔の同年齢の人々よりも若く元気になったため、すれ違いが起こったのだと考えられる。
ただ、私はこの「公共交通機関で老人に席を譲る」という行動様態がずっと疑問だった。
普通列車では、老人もそれ以外の乗客も同一の運賃を払って同一のサービスを購入しているのに、老人が特別扱いされるのはおかしい。

国家国民にそのような対応を求めるのであれば、法律に定めをおくべきだ。
交通機関旅客にそのような対応を求めるのであれば、約款に定めをおくべきだ。
ざっと見た限りではそのように求める法律は無いし、JR東日本の旅客営業規則を見てもそのような定めは無かった。
そして、老人他の乗客にそのような対応を求めるのであれば、あくまで双方の合意があるべきだ。
合意は「500円支払って席を譲り受ける」という双務契約であっても良いだろう。

通勤時間が長い方々は、電車で座るために相応の苦労をされているのではないか。
「割高な始発駅に家を買い、2本ほど見送って乗車する。」
「長く乗らなそうな人の前に立ち、駅に着くたびに動向を注視する。」
そのようにして得た座席を、後から乗り込んできた老人に差し出さなくてはいけない根拠は何か

「老人は足元が弱っていたりして危険だから」
「年長者は敬うものだから」
「老人が今の日本を作ったから」
同意できる意見も同意できない意見もあるが、これらはいずれも同一の運賃に対して待遇が異なることの説明ではない。
ゆえに、このようなトピックを見るたびにいつももやもやした気分になる。

ちなみに、この「老人座席問題」については、知恵袋でトピックがいくつか建っている。
残念ながら、疑問を投げかけたトピ主が人格攻撃されるような展開が多い
余談だが、知恵袋はいつも読んでいて辛い気分になる。
「釣り人」「誰かを叩きたい人」「暇人」「何らかの理由でGoogleを使えない人」が作っているコミュニティだからだろうか。

--------
自動車に乗ればピタピタの格好をした自転車乗りが車道をふらふら走っていて危ない。
自転車に乗れば広がって歩く老人やスマホを見ながら歩いているガキどもが危ない。
電車に乗れば老人に席を奪われる。
やはり移動は徒歩(かち)に限る。

えっ、徒歩でもヘッドフォンしてスマホをいじった中高生の自転車や、アクセルとブレーキを踏み間違えた老人の車が突っ込んでくるかもしれないって?
生き難いねぇ。


 

マイナスな感情をモチベーションにするときに覚えておきたいこと

常々、憎悪や嫉妬といったマイナスの感情と親友になりたいと考えていた。
これらの感情は方向はマイナスだが、とても強い感情だ。
憎悪や嫉妬をモチベーションにすることで、他者に打ち勝ったり、自分を高めることができればそれはとても素晴らしいことだと考えていた。
マイナスな感情に蓋をして、そのように考える自分は劣等な人間であると自分を責めるよりは、外界と戦い自分を高めるための原動力とする方が良いと思う。
綺麗ごとを語る者達はマイナスな感情を悪しきものとして排除しようとするが、俺はお前たちと共に生きるぞ。
そのように考えていた。



ちょっと前から、マイナスの感情を行動を拠り所にするのはやっぱり良くない面もあるなと考えるようになった。
なぜかというと、反応的だからだ。
「反応的」という考え方は、以前に読んだコヴィーの『七つの習慣』で知った。
コヴィーは、第一の習慣として『主体性を発揮する』ということを挙げ、人は誰しも、外界からの刺激とそれに対する自分の反応の間に選択の自由を持っていると説く。
そして、外界からの刺激に対応するスタンスとして、「自分の価値観に基づき行動する」態度を主体的であるとし、「その時折の感情、条件付け、環境などに左右される」態度を反応的であるとする。

こんな下品な人間は大嫌いだ。
金持ちに生まれて何の苦労もせずに生きてきた人間が妬ましい。
幸福な家庭で育った人間が羨ましい。

これらの感情は、仕事や学問において時に強力なモチベーションになる。
ただ、外界からの強烈な刺激をエネルギーに転換しているので、引き出される行動は反応的なものになりがちだ。
それが本当に自分が求めていることなのかは良く考えないといけないと思う。


嫌いな人間に打ち勝つために仕事や学問を頑張るとする。
→その過程で自分が当初やりたかったことを見失っていないか。

自分よりも幸福な人間を妬み金銭的な成功や幸福な家庭を得ようとする。
→自分の幸福が本当に金銭や家庭にあるのか考える必要はないだろうか。両方とも、得難く失いやすいものだ。

 マイナスな感情であっても排除せず、共に生きたいと思う。
だが、流されて反応的にならないこともよく覚えておきたい。

--

皆様、本年もよろしくお願いいたします。 
 
プロフィール

執筆者:マイナスニキ

30代会社員。
会社と業務は何回か変わったが、金融業界で10年ぐらい働いている。
会社勤めが好きじゃなく30歳くらいの時からアルコール依存気味になる。ここ数年は断酒とSLIPの繰り返しでうつ休職もしていた。
一人で出来る生業を見つけて会社に勤めないで生きることが目標。
好きな作家は太宰治と沢木耕太郎。

記事検索
注意事項と免責事項

※当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

※当サイトでは資産運用、法律、税務などについて運営者の認識や見解を述べることがあります。記事の作成にあたっては専門書や信用のできる情報源に基づいた正確な記載を目指していますが、当サイトはその正確性を一切保証しません。実際の取引や実務上の判断にあたっては、専門家に相談のうえ、自己責任で行ってください。