帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

カテゴリ: マイナス思考

ユニクロの広告やファッション雑誌は狡猾だ。
シンプルで外連味のない服であっても、外国人モデルが着ればかっこよく見える。
特色のある傾いたデザインの服であってもそうだ。
 
服を買ったがイメージと違ったという経験は誰しもあるだろう。
おそらくその大部分が、モデルが着れば格好いいが自分が着ても凡庸だということに起因するのではないか。
つまり、その服が悪かったわけではなくて、自分の顔が見たモデルのように変わるという錯覚に陥っていたからだ。
他の服なら良かったと言うことではない。

中学、高校、大学までの時分に、髪型や整髪剤に凝った方も多いと思う。
髪型も服と同じ要素がある。
顔まで変わるのではないかという錯覚を与える。

残念なことに、どんなに服を選んでも顔は変えることが出来ない。
どんなに髪型をいじっても顔は変えることが出来ない。
髪型や服装で雰囲気はかなり変わるが、顔は変わらない。

私はそのことに30まで気が付かなかった。
気に入らない自分の顔の代償として、小綺麗な服や髪型を求めた。
頭の中で結んだ自分の像を見誤り、滑稽な様相になったこともある。
顔の見た目を変えるのであれば、化粧をするか整形手術をするしかない。
女ならもっと早くに気づいたであろう単純な事実に気がつくのにずいぶんと時間がかかった。

太宰の短編に『おしゃれ童子』という作品がある。
瀟洒典雅を旨とし、奇抜なおしゃれにより時に周りから嗤われる少年の話だ。
(『津軽』の中で青森市を語るために引用されている。)
この少年のおしゃれへのこだわりは自信の美意識の表現だったのだろう。
それとは対照的に、私のお洒落は自分の顔に対する嫌悪の発露であったのだ。


おしゃれ童子も津軽も青空文庫で読める。
津軽は地名や太宰の著作への言及もあるので注釈のある文庫版が読みやすかった。

津軽 (新潮文庫)
太宰 治
新潮社
2004-06


自分が今感じていている苦悩は、この時代にこの国で生きている人間に共通なことなのだという考えに至った。
他人が嫌いなのも、働くのが嫌なのも、家族が嫌いなのも、普遍的な感情なのだ。
迫害を恐れて声に出さないから、皆自分がマイノリティだと考えているだけで。
時代と環境が、一定程度そのような人間を生み出している。
ああ、俺はそこまで特殊なわけではないのだ。

きっかけはちきりんの『未来の働き方を考えよう』という本だ。
読み始めてからググってみるまでこの人が女だと知らなかった。
文章はくどいのだが、寿命が長期化した現代における働き方の提言とは示唆に富んでおり、古い価値観の陳腐化に関する指摘には共感できる。

同書の冒頭で「働き方」に関する本の流行り廃りが述べられている。
20世紀末の不況まっただ中で売れていたのは、大前研一の「サラリーマン・サバイバル」やロバート・キヨサキの「金持ち父さん」だ。
そして、2000年台中盤から後半にかけては自己啓発本が流行した。
私が大学を卒業して数年の間なのでよく覚えているが、最近とんと見ない勝間和代や本田直之が流行っていた。
私も何冊か読んだが、自分の経験の域を出ないサジェスチョンではあるものの、素直に感心する記載も相応にあった。

その延長として、最近の数年間では、ダウンシフト、ミニマリスト思考、雇われない働き方に関する本の数が増えてきたことを挙げている。
確かに増えている。
pha氏の本は私も何冊か読んだし、根っこの共通するような本を何冊か挙げることが出来る。
ダウンシフトについて
『Bライフ』高村友也 2011年
Bライフ10万円で家を建てて生活する [単行本] 
『働かないって、ワクワクしない』アーニー・ゼリンスキー (邦訳が)2003年(さすが米国は10年進んでいる)
『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻理恵 2010年
人生がときめく片づけの魔法 [単行本(ソフトカバー)] 
『断捨離』やましたひでこ 2009年
『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』橘玲 2010年
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫) [文庫]

あと、イケダハヤト氏のようなプロブロガーやYoutuberのトップティアも似たようなムーブメントなのかもしれない。

これらの台頭はひとえに、現代社会、現代日本の要請なのだろう。
世界中が経済の低成長と向き合っている。
先進国では、欧州と日本はほぼゼロ成長、米国も1-2%の成長に過ぎない。
新興国も、中国経済は混沌とした状況であり、資源国は低成長のあおりで一層の減速状態にある。
ジム・クレイマーが番組の冒頭で言う、There is always a bull market somewhereは少なくとも国単位では現在は存在しない。
またはあっても希望とみなすには小さい。

人口の減少と高齢化、そしてそれにより社会保障制度の維持が困難であるのは日本と欧州先進国に共通した状況だ。
近代国家では利便性のために人命を切り捨てることが出来ない。
また、老人は少子高齢社会で支配的なマジョリティとなった。

右肩上がりの経済成長はもう訪れず、社会保障制度のつけにより未来の富は浪費されている。
努力して名門校で学問を修め、一流企業勤務や専門職についても、市場の縮小と社会保障負担の増大により明るい未来は見えない。

ダウンシフトは成長のない暗い未来を生き抜くための現実的な処方箋だ。
モノが与える享楽の限界を意識する断捨離やミニマリストも、暗い未来への適合とみなせる。
だが、暗い未来の代償として、今の私たちには有史以来最大の自由が与えられている。
情報技術の発達は、情報の取得、発信、マネタイズ、多くの面で個人の持つ可能性を大きくした。
「雇われない働き方」は、現代人に与えられた自由の行使の方法を端的に表したものだ言えよう。

狭められた可能性と、与えられた可能性、このふたつが現代人を窮屈にしているのだ。

私はこの考えに至った瞬間、3年弱に渡って付き合ってきた自分にオリジナルの苦悩を失った。
4ヶ月の禁を破り、無性に酒が飲みたくなった。
 
 

自分の取っているポジションにとって有利な発言をポジション・トークという。
JPモルガンでディーラーとして実績を残し、ジョージ・ソロスのアドバイザーを勤めた藤巻健史氏が、「マーケットの人の発言は全てポジショントークである」と著書で言っていた。
なるほど。証券会社の株のストラテジストは往々にして株に強気だし、債券の運用者は景気の先行きに悲観的な発言が多い。
 
ちなみに藤巻氏はいつのまにか参議院議員になっていた。
最近の氏の著作は資産運用指南のようなモノが多く私は手に取っていないのだが、光文社新書から出ている「藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義」という本はとても有用だった。
インターバンクにおける為替、金利の取引がどういったものが丁寧に解説されているので、金融機関の市場部門の実務に興味がある方にはおすすめする。
(でもポジショントークの話は確かこの本じゃなかった。)

よくよく考えると、ポジショントークというのはマーケットに限った話ではない。
人は誰しも、自分が持っているものを立派で貴重なものに見せようとしている。
そうしているうちに、自分がしているポジショントークがあたかも普遍的な価値観であるかのように勘違いしてしまう。
また、ポジショントークは他者への批判として表現されることもある。
自分の持っているものを持っていない人間を見下す、自分の持っていないものを持っている人間を攻撃する。

有名大学の学部卒、一流企業勤務のA君は言う
「学歴は能力と努力出来るということの証明なので有用だ。」
「日本では大学院の専門教育よりも企業による勤務経験の方が評価されている。彼らの修士号よりも自分の実務経験の方が今の仕事では有用だ。」
2つ目の学部と修士の例だけでなく、A君は自分の卒業した大学よりもランクの高い大学との間の学力の差は小さく見積もりたがるし、低い大学との差は大きく見積もりたがる。

出身校の序列を例に上げたが、このポジショントークの対象はとても広い。
配偶者の有無
子の有無
仕事の内容
仕事の待遇
資産
家柄
容姿
人脈

およそ人間に関連する物事は全てポジショントークの題材になる。
他人のポジショントークに乗せられて 、あれもこれも素敵だと思っても、全てを手に入れることは出来ない。
他人のポジショントークにより、自分の持っているものを攻撃されても、それが自分にとって大切であることは変わらない。
自分にとって大切なもの、自分が欲しいものは何なのか。
それはいつだって、自分が決めることなのだ。


 

『神の出てこないカラマーゾフの兄弟を書きたいんだ。』
 
そんな言葉がふと口をついた。
いつか小説を書きたいと思っていたが、ついぞ一遍も書かないまま歳を重ねてしまった。
そんな人間が、知人に「小説を書きたい」と冗談交じりに語り、どのような小説かと尋ねられた時に無心に口から出たのがこの言葉だ。

私は決してカラマーゾフの兄弟の熱心な読者ではない。
擦り切れるまで読み返したというある某大御所作家とは違い、読み通すまでに5年近い歳月を要し、一度読み終えた後は滅多に読み返さなかった。
引っ越しの折に手放してしまったので、今これを書きながら読み返すこともできない。

一つ思い出せるのは、そこにはいろいろな苦悩が書かれていたということだ。
恋愛、家族、信仰、性癖、理想と現実の乖離

多くの人が圧巻と評するイワンの劇中劇「大審問官」も、私は特に大きな感慨なく、文字通りに受け取ってしまった。
私の読み方が雑なのか。
またはその時代の宗教観の知識がないためだろうか。
おそらく、この苦悩のエンサイクロペディアを私は本当の意味で読み通せてはいない。

人の苦悩の形を種々織り交ぜた話を書きたいと思う。
一つだけ自分に条件を科したい。
それは、神が身近にいない人にも理解できるようにすること。
それは自分を含め、今この国にいる多くの人がそうであるように。
もし成し遂げることができれば、それは私がこの時代にこの国に生まれたエビデンスになるのではないかと思う。

※亀山訳は興味はあったが結局手に取らなかった。
 
カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー
新潮社
1978-07-20

姥捨山についてふと思った。
説明不要の有名な話だと思うので話の筋はすべて述べないが、隣国からの突きつけられた難題を主人公の老母が度々解決したことで国が救われ、最終的には殿様も姥捨て制度を撤廃することになる。
つまり、姥捨てが見直されたのは、別に憐憫の情や相互扶助の精神からではなく、老人の価値が再発見されたからだ。
年寄りがお国の存続の役に立たなかったら、この国では姥捨ては続いただろう。

現在だと、老人の持つ知識が国を救うことはまず無い。
デジタル・ディバイドされ情報収集手段に劣る老人の持つ知識は往々にして古いままアップデートがされない。
また、年寄りに限らず、人間は自分の経験したことを普遍的なものだと考えてしまいやすい。
年寄りが大昔の価値観をそのまま撒き散らすのは時に害悪にもなる。
比較の視点があれば良いのだが、情報収集手段が限られるので、根拠に乏しいまま強権的な物言いをする。

ただ、知識も体力も乏しい老人たちだが、世代の人間の数では現役世代や子供世代に勝っている。
この国ではすでに、老人の既得権の見直しを含むような社会制度の改革は不可能だ。
寿命に一定の制限を設けることは社会保障費の削減とリソースの未来への配分の手段としては一番シンプルだ。
姥捨山の時代と異なり、老人には食料以外の多くのリソースが投入されている。
老人の医療費にかけている莫大な負担が軽減されれば、保育園がいくらでも作れるし、国公立学校の授業料無償化を行うことも可能だ。
(特に後段、欧州先進国が授業料を無償化して大学進学率を引き上げたのに対して、我が国では大学を増やすことで進学率を上げたことを忘れてはならない。)
介護による離職や貧困、自殺が後を絶たないが、これも軽減されるだろう。



稲中卓球部で、老人たちに卓球台を盗まれる話がある。
怒りを露わにする井沢に対して、前野が提案する(逆だったかもしれない)。
『俺がマシーンを作る。
老人を3体ぶち込むと一人のタフガイが出てくるようなマシーンだ。』と。

そのようなマシーンが望まれている。

『結婚なんか誰がするか…!
食わしてくざんすよ…!結婚したら生涯…!
いずれ必ず…飽きる女を…!
しかも年々…相手の態度はでかくなるという…
オマケつきざんす…!アホくさっ…!
わけのわからぬ制度ざんすよ あれは…』

カイジで村岡社長(地雷麻雀で対戦した人)が言っていた言葉だ。
限定ジャンケンをやっていた時はまだ私も中学校くらいだったので、実はカイジはかなり息が長い作品だ。

村岡社長ほどでは無いが、私も結婚には否定的なスタンスでいるざんすよ。
別に妻を一人に決めないで数多の女を抱きたいというわけではない。
誰かが一緒にいる生活に耐えられそうにないのと、家族について希望的なピクチャーが持てないからだ。

ただ、家庭を持つことは、人間の欲求を解決するための合理的な方法なのは認める。
我々は子孫を残すことに最適化されている。
そのため我々の肉体と古い脳は、性行為から快感を得るように出来ている。
また、強靭な体躯や鋭い牙を持つ他の動物達と伍していくために、我々は集団で行動する必要が有る。
そのため群れでうまくやるための社交性が組み込まれている。
この社交性については生存のための仕組みでありながら、コミュニケーション欲求という欲求の形態も取る。
家庭は、性欲もコミュニケーション欲も満足させることが出来る。

この、人間の欲望をミニマルに満たすための装置としての家庭に、法的な根拠を与えるのが結婚という制度だ。
オスの最適戦略は多くのメスと交尾して子孫を残すことである。
メスの最適戦略は力の強いオスと子を作りそのオスに自分と子供を守らせることだ。
その両者の最適戦略の妥協点を軸に、政策的な合理性と平均的な感情をまぶしたものが当代の結婚制度ということになる。


私は性欲もコミュニケーション欲もあるが、おそらく人よりは低い。
一日中だれとも離さなくても支障はないし、性欲はあることはあるがマネージ出来る。
むしろ誰にも寄りかからず寄りかかられずに生きたいというのが一貫した願望なのだ。
絆とかそういうのは重たい割に嘘くさいと感じている。


※トネガワ面白いです。オススメ。


 

「嬢ちゃんはさ、東京で好きな場所はどこなんだ?」
「自分の家かな。」

声優の南條愛乃さんがTV番組の企画(南條一間 )でしていたやり取りだ。

同感だ。
なんでまた、休みの日はどっか行かなきゃいけないような風潮が根強いのかと思う。
どこに行っても混んでるし、そもそも俺は外食も嫌いなくらい人が周りにいるのが嫌なんだ。

音楽を聞くのは好きだが、別に年がら年中生のコンサートを聞く必要は無い。
家で落ち着いて聞いたほうがリラックス出来る。

絵を見るのは好きだが、別に本物は見なくてもいい。
画集や画像データで構わない。
入れ替え制で束の間見る本物には特に惹かれないのだ。
これは私が絵画そのものより、背景にある物語が好きだからかもしれない。

ただ、緑の多い公園は好きだ。
周りに人がいなければもっと良いと思う。

環境だけを見れば、これでも少しは前身している。
子供だった頃は自分の家すら好きではなかったのだ。
今は自分が一人で住んでいる借家が世界で一番好きな場所だ。
それでいいじゃないか。


南條愛乃/ 東京 1/3650(初回限定盤CD+Blu-ray×3)
南條愛乃
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-07-22


南條愛乃/東京 1/3650(通常盤)
南條愛乃
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-07-22

 

↑このページのトップヘ