帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

記事まとめ

『生きるのがつらい』療養論(記事まとめ)

うつで休んでる間に自分の生き難さの原因とその対処について考えていました。
もう少し増やすつもりです。

<タイトルをクリックすると個別の記事にジャンプします。>

◯『生きるのがつらい』療養論1 うちなるカウンセラーを持つために
生き難さへの対処として、私は「健全な他者転嫁」が出来るようになることを目標としました。
自分の生き難さを自分から切り離すために「生育環境が人間に与える影響」「生物としてのヒトの特徴」「社会構造が人間に与える影響」が手がかりになりそうだと思いました。

◯『生きるのがつらい』療養論2 僕は機能不全家庭の子供だった
アダルトチルドレンという考え方は私にとってかなり衝撃的でした。
微妙な家庭で育ったという思いがある方は、「原家族にあった問題とルール」「そこで自分が果たしていた役割」「そこで自分に染み付いてしまった考え方」などを振り返って見ると今の自分の問題に近づける可能性が高いです。
吐気がするほどしんどかったけど、私はやって良かったと思っています。

◯『生きるのがつらい』療養論3 資本論と人間嫌いの葛藤
私は賃労働が嫌いだ。金持ちの家に生まれたので働かずに生きていける人間がいるということには腹が立ってたまらない。
それでいて、私は家族や他人からの自由を与えてくれる貨幣を求めてやまない。
私は、資本主義に対して苛立つことがあっても、地縁や血縁の濃密な資本主義以前の共同体は御免だし、革命のために他の労働者と団結するのも嫌なのです。

◯『生きるのがつらい』療養論4 僕たちは種としても個としてズレている(進化心理学とけものフレンズ)
生物としての人間は石器時代後期の環境に最適化されていると言われています。
そういった意味で、ヒトという種は自分達が作った現代社会からズレています。
また、同じ種の中でも個体差は相応にあります。
人によってズレてる部分は異なりますが、皆どこかしら標準的な個体からズレています。
そして、ズレている部分によっては、現代社会で生きるのが辛くなります。
おそらくそこには、原因はあるが目的は無い。

働き方や生き方の本(記事まとめ)

30歳を越えてから、残りの人生どのように過ごすべきかを良く考えます。
まだ答えは見つからないですが、読んでみて良かった本をまとめます。

<タイトルをクリックすると個別の記事にジャンプします。>

◯『働かないって、ワクワクしない?』 著者:アーニー・J・ゼリンスキー(邦訳:三橋由希子)

自由時間が沢山あればもっといろいろなことができるようになります。
自由時間を充実させるためのアイデアが沢山書かれているので、働くのが好きな人にも有用だと思います。

 ◯『持たない幸福論』著者:pha

私達は、親の世代や会社の上司の世代とは明らかに違う時代を生きています。
古い世代の常識に従うのではなく、自分で自分に必要な物を取捨選択する方が幸福になれるという本です。 

◯『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』著者:橘玲

上の『持たない幸福論』とは趣旨が異なりますが、これも古いレジームに従っていては幸福になれないと指摘する本です。
『持たない幸福論』が考え方についての本だとすると、こちらは社会制度と経済についての視点で書かれています。
 
◯『ワーク・シフト』著者:リンダ・グラットン(邦訳:池村千秋)
2025年の世界はどうなっているかを予想し、私たちは働き方をどのようにシフトさせていけば幸せになれるかを考える本です。

◯『嫌われる勇気』著者:岸見一郎、古賀史健
他人との距離感が苦しい人にお勧めします。
「他人は自分を満足させるために存在するのではない」という言葉にはっとしました。

◯『アルケミスト-夢を旅した少年』著者:パウロ・コエーリョ(翻訳:山川紘矢、山川亜希子)
一つの物語に多くの寓話が散りばめられた、星の王子さまのような本です。
意志の力にフォーカスした記述が多く、前向きな気持ちになれます。

異常行動(アル中)や怪文書(記事まとめ)

「こいつ精神状態おかしいよ」と思っていただけるような記事をまとめました。

<タイトルをクリックすると個別の記事にジャンプします。>

アルコール依存

◯ アル中時代の異常行動 平日編
 会社を出てすぐ酒を飲み始め、そのままぶっ倒れるように寝る話です。

◯ アル中時代の異常行動 休日編
朝から酒を飲んで、散髪に行って、もっと飲む話です。
 
◯過食嘔吐の話
明日が来るのを恐れるあまり、今日が世界で最後の日だと考える時があります。
最後の晩餐として過食して、吐きました。
男よりも女の人に多いらしいです。

◯目の前の嫌なことがなくなっても酒をやめられなかった
会社行かなくていいなら酒はやめられると思っていました。
そう簡単にはいきませんでした。

奇行と妄想

◯一人カラオケの話
歌う前に叫ぶ話です。
ぴいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいぎゃああああああああああああああああああああああああああああ

◯眠れぬ夜の奇行
淫夢は面白いと思います。「見る抗鬱剤」は伊達じゃない。

◯会社行きたくなさすぎるとこういう思考になる(電車編)
会社に行きたくなさすぎて、電車の中で脱糞する妄想をする話です。

◯ダンゴムシ哀歌

エレジィ。ダンゴムシになりたい。 

◯シュークリーム

ビ◯ードパパの前を通った時に妄想しました。実際にはしていません。 


 

働くのが嫌になってしまった話(記事まとめ)

記事が増えてきたので、オススメの記事をまとめます。
ここでは「働くのが嫌になってしまった」という内容の記事をまとめます。

<タイトルをクリックすると個別の記事にジャンプします。>

会社行きたくない編

◯眠ると明日が来てしまう
明日が来るのが嫌で眠れない時期がありました。

◯休日以外は全部楽しくない
「眠ると明日が来てしまう」がもっと進んでしまった後の話です。
この後壊れました。

療養生活編

◯労働をしない生活
起き上がれなくなって休職して1週間たった頃の話です。

◯療養生活について-楽しくなさそうだと言われた
療養生活で私が一番恐れているのは、倒れる前の私のように嫌々働いている人間からの憎悪です。

◯人と話さないって快適だ
自分は人と話さなくても平気な人間だと気づきました。1人でいるの大好き。

労働で磨り減る感覚+etc..

◯正味で人生を考える
毎日会社に行って働いて、家に帰って飯食って風呂入って寝る。
それを繰り返しているうちに気付けばもう若くない。
生命の維持のための労働の時間を控除したら私の人生はどれくらい残ってるんだろう。

◯人生を奪われているという感覚
「正味で人生を考える」がもうちょい進んでしまった感じです。
仕事にやりがいを見出だせる人には分からないらしいです。

◯ダウンシフトもミニマリストもフリーエージェントも全て現代社会の要請だ
幸福になるために「働き方」を考えるという試みは90年台からなされていました。
低成長、長寿命化、そして技術革新。
自由な働き方やバランスの取れた働き方を希求する試みは、時代の要請なのだと思います。

◯やる気が無くなってしまった
会社勤めは、「金」「世間体」「自己実現」といった多くのモノを与えてくれます。
でも、それも全部いらないくらい疲れてしまったよ、という話です。

◯働くのが嫌でケチになった
金銭を獲得する手段に対する嫌悪が、金銭を私にとって一段と貴重なものに変えてしまいました。
そして、もたざるものである自分をより一層みじめな者に変えてしまいました。

◯一人で出来る仕事を探す

実はこれを読むまで「一人で働く」という選択肢は思い至りませんでした。
まだ全然道半ばですが、進むべき方向として考えています。


プロフィール

執筆者:マイナスニキ

30代会社員。
会社と業務は何回か変わったが、金融業界で10年ぐらい働いている。
会社勤めが好きじゃなく30歳くらいの時からアルコール依存気味になる。ここ数年は断酒とSLIPの繰り返しでうつ休職もしていた。
一人で出来る生業を見つけて会社に勤めないで生きることが目標。
好きな作家は太宰治と沢木耕太郎。

記事検索
注意事項と免責事項

※当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

※当サイトでは資産運用、法律、税務などについて運営者の認識や見解を述べることがあります。記事の作成にあたっては専門書や信用のできる情報源に基づいた正確な記載を目指していますが、当サイトはその正確性を一切保証しません。実際の取引や実務上の判断にあたっては、専門家に相談のうえ、自己責任で行ってください。

広告
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。