帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

うつ

生きるために有能な人間に擬態していた

白状すると、僕は就職活動の頃から、現代社会における『有能な』人間に擬態してきた。
職業的な成功への渇望もあることにはあったが、それ以上に、世間体と条件が良い仕事について、他人に見下されず、家族に頼らないで生きたいという願望がのほうが大きかった。
エスタブリッシュメントな仕事につけるように、バイタリティと協調性と主体性と従順さというごちゃごちゃな能力があるかのようにふるまった。
まるで、毒を持たないアブが外敵を欺くために、ハチにそっくりな体色を手に入れたように。

擬態しないと居場所がない

現代社会では「人間嫌い」「他人といると疲れる」「人と話したくない」「他人が怖い」「人に指図されたくない」という性根の人間を迎え入れる組織はなかなかない。
(「現代社会」と書いたが、たぶん古今東西の人間社会にあてはまると思う。)
少なくともそれを口に出す人間に門戸が開かれることはない。
私も、もちろんそんなことは口に出さないで、擬態してきた。
一応、積極的な嘘はつかなかった。
「ガッツがあります」「人と一緒にいるのが好きです」というようなことを自分が言ったら白々しいことは分かっていたし、なにより嘘でもそんなことは言いたくなかった。
その代わりに、人間嫌いがバレそうな発言をすることを避け、嘘にならないようなパラフレーズを用いた。
「相手の気持ちを考えるようにしています」(他人が怖いから顔色を伺うのだ。恐怖を協調性に擬制する。)
「交友関係が広いというよりは、気のあった友人と突っ込んだ話をする方ですね」(人付き合いがあまり良くないことのパラフレーズ。交友関係が広い人でも突っ込んだ話は気のあった人としかしないだろう。こんな言葉でも真顔でハキハキ答えれば真面目で誠実な印象を与えられる。)

以前取り上げた『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』(イルセ・サン、ディスカヴァー・トゥエンティワン)というHSPに関する本にも書いてあったが、この世界は基本的に鈍感でタフでエネルギッシュな人間が作っている。
関連記事:繊細なシミュレーション装置は悲しい物語を嫌う
また、学校では幼いうちから集団行動や人間関係や友情ごっこを押し付ける。
敏感で一人でいるのが好きな人間は、だいたい自分を欺いて人格改造するか、社会を欺いて擬態して生きているのではないだろうか。
(まぁ、家族に頼ることをいとわずに噛じれるスネがある人は引きこもる事もできるし、冒険をいとわないのであれば創作やデイトレなら一人で食い扶持を確保できる可能性もある。)

ロクデナシになろう

僕はずっと擬態しているうちに、自分がハチになったと勘違いしていたのかもしれない。
うつで動けなくなって休んで、自分は人間嫌いだし人と話すのも大嫌いだし、一人でいるのが一番楽しいということがよくわかった。
だから最近では『役立たずになってやろう』とよく考える。
(先日のゾンビの話で言うところの「死体をゾンビにされないように切り刻む」方法。)
関連記事:ゾンビと労働の日々
最近あったなんでもないことだ。
別の部署から照会に来た。
私もいくらか関係しているのだが詳細は把握していないので、主担当でなければ分からないことだった。
以前だったら相手に気を使って(正確には『復讐を恐れて』)、一旦自分が引き取って主担当に聞いて答えようかとか、面倒くさい気の回し方をしていた。
「XXだと思うけど、俺には詳細は分からない。今いないけど◯◯さんが戻ってきたらそっちに聞いてみて。」
こういう突き放した言い方がとっさにできるようになったのは病気の功名かもしれない。

役立たずと罵られて最低と人に言われて
それぐらいがちょうどいい。


鈍感な世界に生きる 敏感な人たち
イルセ・サン
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2016-10-22

デンマークの心理療法士の書いたHSP(Highly Sensitive Person、敏感で感じやすい人)の解説書。
心当たりのある人は読んでみると悩みを客観化出来る思います。

利己的な遺伝子 <増補新装版>
リチャード・ドーキンス
紀伊國屋書店
2006-05-01

アブの擬態の話と直接は関係ないんですが、ハチやアリみたいな社会性の昆虫は凄く面白いなと思いました。



ずっとティーン・エイジャー向けの曲だと思ってましたが、労働や人間に疲れた状態で聞くととても響きました。



復職と北朝鮮のミサイルと異邦人

「ゆっくり歩くと日射病になります。でも早く行くと教会で汗が冷えて風邪をひきます。」
カミユの異邦人は、養老院で死んだ母親の葬式から始まる。
上の言葉は、葬列を歩く主人公のムルソーに参列者(記憶が曖昧だが看護師か尼僧だったと思う)がかけた言葉だ。
ムルソーは言う。
「彼女は正しい。逃げ道は無いのだ。」と。
関連記事:異邦人雨に滑る

私事だが、ちょっと前に病気休職から復職した。
バラバラと思ったことを書くのでよろしければお付き合いください。



最初に与えられる仕事はコピー係かシュレッダー係くらいだろうと思っていた。
だが、幸か不幸か普通に仕事を与えられている。
復帰直後に期限のある仕事をバッファがあまりない状況で振られた時には、「俺はこんな奴らに良いように使われるためにわざわざうつを直して復職したのか」と考えてしまい、悲しくて惨めな気持ちになった。
一応、その思考は認知の歪みが出てるなと思ったので、ソラナックス(安定剤)を飲んでこらえた。
期限があるので少し残ってやっていると、定時で帰るよう言われた。
こいつは俺が働きたくて残っているとでも思っているのだろうか。
状況を説明しながら「なんで俺がこんなことまで気を使わなければいけないのだ」と思った。
助けてソラナちゃん。
療養の後半は無しで良かったのに、働きだすと安定剤の減りが早い。
ただ、2ちゃんねるのメンタルヘルス板や個人のサイトで他の復職経験者の話を見ていると、逆に復職したものの仕事を与えられず辛いという方々も多かった。
まぁそれもわかる気がする。
どっちに行ってもデッドロックだ。逃げ道はないのだ。



朝なかなか起き上がれなくなった。
リワークの図書館通いは出来るようになっても、会社に行くのはずっと難しい。
ニコニコ動画で淫夢動画を見て、時間ギリギリに起き上がる生活に戻った。
関係ないけど、4月に入ってから結構淫夢関係の動画が消えた。
KBTIT総集編とひでの本編と怪文書アレンジとスターウォーズのパロディはたまに見ていたので結構ショックだった。
やっていることが休む前と同じだ。
関連記事:休日以外は全部楽しくない
草も生えない。


復帰してちょっとしてから、休む前に同じ部署だった美人の同僚(既婚)が昼飯に誘ってくれた。
自分がいない間の話になって「○○さん(その同僚のチームの課長)がマイナスニキさんが作った資料褒めてたよ!」と言われた。
俺は答えて言う。
「死人の悪口は言わないもんさ。」
気分はコブラかルパン三世だね。



北朝鮮情勢が緊迫している。
朝鮮半島近海には米国の空母が集結し、北ではミサイル発射と核実験の動きがある。
私はここ10年くらい、世界の終わりをずっと待っていた。
2012年のマヤ文明のカレンダーには少し期待していた。
だが、待ちに待ったドゥームズデイが迫っている(かもしれない)のに、人間に殺されると思うと歓迎する気になれない
人間嫌いだからみんないなくなればいいのにと思うことがある。
だが、人間嫌いだから他人に殺されるのは腹が立って仕方が無い。
寝てる間に世界が終わってくれるのが理想だ。


 

誰かに「生きろ」っていうのは「死ね」っていうのと同じくらい暴力的だと感じる

誰かに向かって「生きろ」と言うのは「死ね」と言うのと同じくらい暴力的だと思う。
辛いことがあっても最悪死ねばよいというのは私にとって救いだからだ。

「親が悲しむから生きろ」とか
「友人が悲しむから生きろ」とか
「そんなことに負けてどうする、生きろ」とか
そのような一般的な助言をされるよりは「今が辛くても幸せでも死んだら全て終わりになる」と考える方が気楽で、逆説的だが生きることに肯定的になれる

「生きろ」と言われるのが苦痛に感じる理由は2つある。
1つは自分の瑕疵を責められているように感じるからだ。
「生きろ」と言われると、
「生きることに肯定的でなければならない」
「人生は幸福でなければならない」
というような価値観を押し付けられているような気分になる。
そのように考えられない自分は欠陥を負っており、それを克服しなければならないような焦燥に駆られる。

2つ目は、生きることに肯定的になれない自分を惨めに感じるからだ。
世間の多くの人間は死ぬよりも生きる方が良いと考える。
すなわち彼らは、生きることには価値があり、少なからず幸福を感じているということだ。
それと比べる自分が惨めに思えるのだ。

とはいえ、死は不可逆的だから実際に死んでしまうと取り返しがつかない。
(時間が巻き戻らない以上、本当は生も不可逆的なのかもしれないけれど。)
坂口恭平『現実脱出論』で、「死にたいと思うのは脳の誤作動だ」と言っている。
希死念慮に対して感情的に怒ったり悲しんだりすると、本当に死んでしまう。
部品が摩耗して休止か交換を訴えているのだと考えて、機械が故障したときのように、電源を止めて故障を観察すればよい。
そのように述べている。
なぜ生きなければいけないのかという理由は語らないが、この考え方は押し付けがましくなくて好きだ。


『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』甘い蜜はどこにある?

タイトル:さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
著者:永田カビ
出版社:イーストプレス

著者の永田カビさんは美大を中退してフリーターをした後、漫画家として活動している。
本書は、28歳・人と付き合った経験なし・性行為経験なしの著者が一念発起してレズ風俗に行く話。
ウェブで電子書籍版の広告が頻繁に出ていたので、絵を見たことがある方も多いと思う。
また、今月刊行されたこのマンガがすごい2017ではオンナ編第3位であった。
ソーシャルスタディの本ではないのでレズ風俗の業態や構造に関する研究が出てくるわけではなくて、生きにくさを抱えた人間が自分の過去や現在と向き合うというもの。
認知の歪みや独特な苦悩も出てくるので「なんやこれ?」という感想を持つ人もいるかもしれないが、うつ体質の私は相応に感情移入しながら読んだ。

資格と承認

本書の序盤で、永田さんには摂食障害だった時期があると語られる。
拒食状態だったときに「自分にはものを食べる資格がない」と考えていたとのこと。
また、家族の承認を求めて正社員にこだわって就職活動をして疲労困憊してしまう場面もあった。
自分もその気があるので良く分かるのだが、自己評価が低いと他者からの承認を求めてしまう
その場合、承認を得られているうちはよいのだが、それが無くなったときに自己評価を維持できない。
自分で自分の存在を肯定するのは、生き難さを抱えた人間にとって共通の課題なのかもしれない。

「セックスさせてくれるお母さん」

Twitterである女の人が「男は女にセックスさせてくれるお母さんを求めている」というツイートをしていたらしい。
永田さんは「あー、私それすごくわかる!」とすごく共感する。
紛らわしいのだが、男性がそうだということではなく、永田さん自身がそうだということだ。
この意見については、女から見た男像なので一面的だと感じるし、率直に言って気持ち悪い表現だと思った。
ただ、「初めて見たものが認識の原型になり、その原型を無意識に求める」と考えるとあり得そうな話ではある。
(オイディプスは母親を認識する前に離れているのでちょっと違うと思う。) 
そして、女性である著者がこの意見に共感したのはとても面白い。

「甘い蜜」を探して

今までずっとどうしてみんな生きていられるのか不思議で仕方なかった
きっとみんな何か、私の知らない「甘い蜜」のようなものを舐めているのだと思った

この「甘い蜜」という考えが本書の総括として使われる。
私見を述べると、「甘い蜜」は「自己肯定」なのだろうと思った。
著者はこの作品の原型に当たる漫画がPixivで評価されたことでひとまず「甘い蜜」を手に入れた。
甘い蜜は他者からの承認やつながりの中に見出してもいいし、自分の中から湧き出るものに見出しても良い。
わたしは可能であれば、他人に頼るのではなく、自分自身で自己を肯定できるようになりたいと思う。
最初の項でも述べた通り、他者からの承認に生きる意味を見出すと、それを失った時のショックが大きいし、ともすれば従属的になってしまうからだ。

ーーー
著者の新作の『一人交換日記』についてもそれと絡めた話を書いているので、興味があればご覧ください。
関連記事:母親は自分のせいで不幸になったのではないかという負い目

イーストプレス社の公式ダイジェスト
 http://matogrosso.jp/privaterepo/01.html

本書 

著者の新刊

私の検索ワード(死にたい、疲れたetc)とWELQの炎上

WELQ」というのは DeNAの運営する医療・健康情報サイトだ。
検索でかなり上位に出てくるので、名前を見たことがあるかもしれない。
ご存じの方も多いと思うが、このWELQ、少し前から信頼性の薄い記事を大量に掲載していたことを指摘され炎上していた。
そしてついに11月29日に、運営元のDeNAは全記事を非公開にした。

どんな運営だったのか

この問題は医療関係者やWeb関係者が結構取り上げている。
どうやら、外部ライターに書き方のマニュアル渡して記事を書かせることで記事を量産したようだ。
そして、ライターは医療関係者ではない一般人がネットで調べたりしながら書いており、記事の公開にあたって専門家の監修やレビューを受けていないとのことだ。
こちらの分析が詳しい。

WELQとわたし

以前書いたように、私は今年の夏頃毎日、「死にたい」「生きるのに疲れた」「生まれてこなければ良かった」「会社行きたくない」というワードでウェブを検索していた。
関連記事:休日以外は全部楽しくない
そうすると出てくるのだ。WELQの記事が上位に。

こちらの記事がスクリーンショットも撮ってあり詳しいのだが、私もこのページは見たことがある気がする。
アーカイブ:https://web.archive.org/web/20161022122045/https://welq.jp/13406
このように、当たり障りのない情報を箇条書きにまとめて、途中に転職サイトにアフィリエイトリンクが貼られていた。

魚拓を改めて読み返してみると、記事で指摘されている転職サイトの自己分析への誘導を除けば、滅茶苦茶違和感があることを言っているわけではないように感じた。
だがそれは記事の内容が薄いことの裏返しでもあり、当時の私の助けにならなかった。
そして、記事でSEO専門家が指摘しているように、内容がセンシティブなだけに「ネットで調べて書いてるレベルの人が一般論として書いた記事」が検索結果1位になってしまうのは迷惑を通り越して有害だろう。
他の記事では医学的に明らかな間違いを含むものもあったと指摘されている。

薄っぺらな一般論より身を切るような私的な経験

私がネガティブなキーワードで検索していたときは、キュレーションサイトや医療機関のサイトに混じって個人サイトの記事も相応にヒットした。
そこで書かれている内容の多くは、実際に自分が鬱になった経験会社を辞めた経験を踏まえて書かれたものだった。
言うなれば、WELQの記事の対極にある、深く生々しい私的な経験を基にした記事達だった。
真に迫る個人の経験は、薄っぺらな一般論よりも悩める者にとって有益なのだ。


スポンサードリンク
 

経過報告

しばらく更新を休んでおりました。
もう病気ではなさそうなのでぼちぼち職場復帰を考えなくてはなりません。 
復職は大変恐ろしいし本音を言えばまだ休みたいですが、病気ではない以上は一旦戻ろうと思います。
その後のことはその時考えよう。 

生まれてこなければよかった その3 他者転嫁とインナーチャイルド

これまで「生まれてこなければよかった」というテーマで2つ記事を書いた。

この2つは、当ブログの中でも検索エンジンから見に来ていただく方が多い記事だ。
こんな過疎ブログでも、「生まれてこなければよかった」で検索するとGoogleの5ページ目に出てくる。
(以前は2ページ目に出てきてたんですよ。下がって結構ショック。)
生き難さを感じた人が陥りやすい感覚でありながら、あまり口(文字)に出して言う人が少ない言葉なのかもしれない。

「生まれてこなければよかった」 という言葉は、「生まれてきたことは悲劇で、しかもそれは自分の意志ではなく親の都合である」という、責任の所在を親に求めるスタンスを内包している。
最近、思うところが2つあった。

他者転嫁の効用と限界

9月下旬に一人の青年が自分の自殺をUstreamで配信した。
大手メディアでは取り上げられていなかったようだが、ネットの一部で話題になった。
青年は、自身のホームページに彼の人生に関する情報を結構な分量で書き残していた
そこでは、問題のある家庭で育ったことや、母親への呪詛が語られている。
(興味のある方は「ケンモメン 自殺」で検索してみてください。気持ちのよい話ではないので苦手な方は読まないほうが良いです。)
青年の過酷な家庭環境には胸が痛くなった。
だがその一方で、自分が人生を楽しめない理由をあまねく外部環境に転嫁していることについて気が滅入ってしまった。
続きを読む
プロフィール

執筆者:マイナスニキ

30代会社員。
会社と業務は何回か変わったが、金融業界で10年ぐらい働いている。
会社勤めが好きじゃなく30歳くらいの時からアルコール依存気味になる。ここ数年は断酒とSLIPの繰り返しでうつ休職もしていた。
一人で出来る生業を見つけて会社に勤めないで生きることが目標。
好きな作家は太宰治と沢木耕太郎。

記事検索
注意事項と免責事項

※当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

※当サイトでは資産運用、法律、税務などについて運営者の認識や見解を述べることがあります。記事の作成にあたっては専門書や信用のできる情報源に基づいた正確な記載を目指していますが、当サイトはその正確性を一切保証しません。実際の取引や実務上の判断にあたっては、専門家に相談のうえ、自己責任で行ってください。

広告
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。