帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

アル中

抗酒剤の効果(シアナマイド体験談)

抗酒剤という薬があることは吾妻ひでおの「アル中病棟」で知った。
抗酒剤は、アルコールの分解に必要な『アセトアルデヒド脱水素酵素』の働きを阻害する作用のある薬で、服用すると一時的に酒で非常に悪酔いする状態になる
脳に作用して酒が飲みたくなくなるわけではなくて、肝臓に作用して酒を飲むと悪酔いをするようにする薬だ。

ちなみに、禁煙外来で処方される禁煙薬「チャンピックス」は、ニコチン切れの症状を軽くする(タバコが欲しくなくなる)作用と、喫煙の満足感を低下させる(煙草を不味く感じさせる)作用の両方があると言われている。
抗酒剤の効果は後者に相当するものだ。

従って、酒をやめようというモチベーションがない人間には無意味だ。
抗酒剤が抜ければ、それまでと同様に酒を飲める体になる。
家族の指示や保護など、自分の意志以外でアルコール依存の治療を受ける人の中には、抗酒剤を処方されても飲んだふりをして捨ててしまい、家族に潜れて酒を飲む人もいるという。

私が主治医に言わてなるほどと思ったのは、これは「選択肢を無くす薬」だという説明だ。
私のような報酬系壊死ニキは、嫌なことがあったり、不安なことが先に待っていたりすると、酒の海にダイブして嫌な過去や不安な未来を殺したくなる。
抗酒剤を飲んでいる状態だと、酒を飲むという選択肢はなくなる。
酒で過去と未来を殺す前に、「酒を飲む」という選択肢を殺しておくのだ。
続きを読む

目の前の嫌なことがなくなっても酒をやめられなかった

こちらの記事でも書いたように、私の酒の飲み方は依存症的だ。
アルコールは安易な快楽
毎晩飲んでるけど酒なんて大嫌いだ
その他「アルコール依存」カテゴリの記事はこちら

美味いから飲んでいるわけではなくて、嫌なことを忘れるため万能感を味わうために飲んでいる。
療養生活に入って最大の誤算だったのは、酒をやめられなかったことだ。
会社生活が私の人生の困難さの根源で、それから距離を置けばアルコールは不要になると考えていたのだが、そう簡単な話では無かったのだ。
続きを読む

異常行動(アル中)や怪文書(記事まとめ)

「こいつ精神状態おかしいよ」と思っていただけるような記事をまとめました。

<タイトルをクリックすると個別の記事にジャンプします。>

アルコール依存

◯ アル中時代の異常行動 平日編
 会社を出てすぐ酒を飲み始め、そのままぶっ倒れるように寝る話です。

◯ アル中時代の異常行動 休日編
朝から酒を飲んで、散髪に行って、もっと飲む話です。
 
◯過食嘔吐の話
明日が来るのを恐れるあまり、今日が世界で最後の日だと考える時があります。
最後の晩餐として過食して、吐きました。
男よりも女の人に多いらしいです。

◯目の前の嫌なことがなくなっても酒をやめられなかった
会社行かなくていいなら酒はやめられると思っていました。
そう簡単にはいきませんでした。

奇行と妄想

◯一人カラオケの話
歌う前に叫ぶ話です。
ぴいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいぎゃああああああああああああああああああああああああああああ

◯眠れぬ夜の奇行
淫夢は面白いと思います。「見る抗鬱剤」は伊達じゃない。

◯会社行きたくなさすぎるとこういう思考になる(電車編)
会社に行きたくなさすぎて、電車の中で脱糞する妄想をする話です。

◯ダンゴムシ哀歌

エレジィ。ダンゴムシになりたい。 

◯シュークリーム

ビ◯ードパパの前を通った時に妄想しました。実際にはしていません。 


 

毎晩飲んでるけど酒なんて大嫌いだ

「酒の味を食事とともに楽しみ、精神の程よいほぐれ具合を良しとする人にアル中は少ない。(略)
アル中になるのは、酒を『道具』として考える人間だ。」

中島らもの『今夜、すべてのバーで』の一節だが、実に我が意を得たりという表現だ。
美味い酒や飲み会が好きだという人にアル中は少ない。
典型的な依存症者は一人で安酒を黙々と飲むのだ。

働き始めて最初に世話になった上司が日本酒好きだった。
「辛けりゃいいってもんじゃない」「酵母に注目してみると良い」などと、結構ためになることを言う人だった。
十四代手取川もこの人に教わらなければ今でも知らなかったかもしれない。
しかし、悲しいかな私には「高い金を払って旨い酒を飲みたい」という欲求はあんまりなかった。

もちろん、良い米を削って丁寧に作った日本酒は他の酒より美味いと思う。
しかし、私が酒に求めているのはエチルアルコールの薬理作用としてもたらされる酩酊だ。
酩酊により幸福感と万能感を得る。
思考を麻痺させて、過去を忘れ、未来を想像しないようにする。
この2つが私のアルコール摂取の主たる目的なのだ。
そうした用途に照らすと、美味い酒は極めてコストパフォーマンスが悪い。
合成清酒や宝焼酎のウーロン茶割りのほうが用途には適っているのだ。

酒を飲む頻度について聞かれると断酒中以外は「毎日飲んでるよ」と言っている。
「へぇ、お酒好きなんだね。」
「とんでもない。大嫌いだよ。できればもう飲みたくない。」
「えっ?」
ここまでがテンプレートだ。
逆に理解できる場合は、相手も依存症者なのだと思う。

===以下私事=======
薬を飲み始めたので断酒を再開することにします。
できればもう一生飲みたくない。

『アル中病棟』他人事ではないと思った人は依存症かも

タイトル:失踪日記2 アル中病棟
著者:吾妻ひでお
出版社:イースト・プレス

コアな支持者の多い漫画家、吾妻ひでお氏の実体験に基づく漫画。
吾妻は執筆と仕事がないことへのストレスにより酒量が増し、1998年に連続飲酒状態になる。
同年の年末、見かねた家族は吾妻をA病院精神科B病棟(通称、アル中病棟)に入院させる。
アルコール依存に関する真面目な話と、同じく入院患者である奇人変人真人間との交流を交えつつ、アル中ストーリーが語られる。

私は吾妻ひでお氏の漫画は、これと前作に当たる『失踪日記』しか読んだことがない。
『ふたりと五人』も『不条理日記』も世代的には全然被っていない。
とあるまとめサイトで、アルコール依存症者が立てた2ちゃんねるのスレッドがまとめられていた。
この記事(アルコール依存に関する箴言)でも書いたが結構ためになった。)
当該まとめで本書の話題が出ていて興味を持ったのが、本書を手にとったきっかけである。
ちなみに『今夜、すべてのバーで』もそこで見つけて読んだ。
本書に関する対談などによると、氏が入院していた病院、すなわち作中のA病院は三鷹市の長谷川病院らしい。
確かに作中に登場する野川公園や深大寺に近い。

・アル中あるある

中島らももそうだったが、自分にも当てはまることがよく書かれている。
例えば、入院直前の吾妻の描写で、
昼間は100円の日本酒5パック買って街や公園をフラフラ。
帰宅する時25度の焼酎1.8lパック買い(中略)気絶するように眠る。」
これはまさに私のダメな時の週末の行動パターンそのままだ。
もっと進むと幻覚や幻聴が現れたようだが、幸い私は底まで行ってない。

また、退院後に飲酒欲求が出てきてワンカップを前に長時間固まる場面が最後にあるが、これも経験がある。
結局スリップを繰り返している私と違い、断酒が続いている著者は凄いと思う。

・アル中の真面目な話

著者が入院中に経験したプログラムなどを基に、アルコール依存に関する真面目なトピックも書かれている。
「スリップ」「共依存」「否認の病」などの言葉は本書で知った。
ちなみに、当ブログでも何回か使っているスリップ(SLIP)は"Sbriety Lost Its Priority"
平たく言うと断酒している人が飲んでしまうことだ。
また、これらの言葉の意味を調べていく中で「アダルトチルドレン」「機能不全家庭」という自分にとって有用なキーワードにたどり着いた。
断酒会やAA(Alcoholics Anonymous)といった自助団体の会合の様子が書かれている点も興味深い。

・漫画作品として

別の人の書評で読んだのが、本書を純粋に漫画として読んでも面白いのは吾妻氏の絵によるところが大きい。
扱っているテーマは結構重たいので、劇画調の絵で書いたら全く別の作品になるンじゃないだろうか。
デフォルメしたキャラクターがギャグを織り交ぜつつ展開するので、気軽に読み進めることが出来る。
また、この著者の特徴と言われるが、女の人の書き方は本当に上手い。
頭身は男キャラ同様デフォルメなのだが、美しさと色気ががちゃんと表現されている。


※『失踪日記』の方も面白かったです。蒸発したいと考えたことがある方は是非。


 

休日以外は全部楽しくない

ここ数ヶ月、平日がまったく楽しくない。

朝は6時には起きているのだが、出社時間ぎりぎりになるまで起き上がれない
時計が進むのを見たり、タブレットでニコニコ動画を見て気を紛らわす。
流石に夏場なのでシャワー浴びるが、5分くらいしか時間が取れない。
カラスの行水、そんな言葉が頭に浮かんだ。
通勤中も音楽を聞きたくなくなった。

なんとか出社し席についても午前中は思考にもやがかかった状態で辛い。
優先のタスクをもやのかかった状態でも出来ることから進める。
ダメなときはトイレの個室や非常階段で、「会社辞めたい」「死にたい」と検索して少し落ち着く。
何も出来ない時はじっと手を見ている。
アウトプットさえ出ていればこれでも文句を言われないのはまだ良い方なのかもしれない。
昼飯は食わない。
とはいえ事務所にはいたくないので、コーヒーショップや公園に避難して「会社辞めたい」「死にたい」と検索する。
または、2ちゃんねるの転職板の「朝起きたら鬱だ会社行きたくない」スレッドや、リーマン板の「生きる意味が分からないリーマン」スレッドを見て落ち着く。
午後は少し気持ちがましになる。
仕事が終わっても帰りにストロングゼロをしこたま飲んで気絶するように寝てしまう。
オフィスを出たその瞬間から、もう既に明日が来てほしくない。
寝ている間に世界が滅んで欲しいと、久しぶりに思うようになった。

休日は楽しい。
普通に起き上がれるのだが、それでも朝から酒を飲んでしまうことが増えた。
さすがにもうダメかもしれない。
楽しかった日々はもう戻らない。
いや、それとも毎日が楽しかった時期なんて昔から無かったか。
いずれにせよ毎日こんなに辛いのはおかしい。


 
ファイト・クラブ [Blu-ray]
エドワード・ノートン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-03-05

会社行きたくなさすぎるとこういう思考になる(真夜中編)

最近またアル中になった。

毎晩ストロングゼロを5本飲んで倒れるように寝ている。
だいたい22時過ぎには倒れてしまうので、午前2時位に目が覚める。
そうなるともう眠れない。
本を読む気にもならないので、身を横たえたまま、時計をじっと見ていた。
なぜか。
時計の秒針が進むのを意識して見ていると、時間が進むのがゆっくりになった気がするからだ。
それくらい明日が来るのが嫌だ。

何も考えない。
何もしない。
何も出来ない。
ただ、時間がゆっくり過ぎていくことを願う。
 

 
プロフィール

執筆者:マイナスニキ

30代会社員。
会社と業務は何回か変わったが、金融業界で10年ぐらい働いている。
会社勤めが好きじゃなく30歳くらいの時からアルコール依存気味になる。ここ数年は断酒とSLIPの繰り返しでうつ休職もしていた。
一人で出来る生業を見つけて会社に勤めないで生きることが目標。
好きな作家は太宰治と沢木耕太郎。

記事検索
注意事項と免責事項

※当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

※当サイトでは資産運用、法律、税務などについて運営者の認識や見解を述べることがあります。記事の作成にあたっては専門書や信用のできる情報源に基づいた正確な記載を目指していますが、当サイトはその正確性を一切保証しません。実際の取引や実務上の判断にあたっては、専門家に相談のうえ、自己責任で行ってください。

広告
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。