帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

低成長

人手不足で賃金は上がらない、クオリティが下がる

少し前に、ウォール・ストリート・ジャーナル電子版で上手いタイトルだなぁと思う記事があった。
”賃金上昇という「神話」の終わり”
リンク:
WSJ電子版

金融緩和で資金はジャブジャブ、老人いっぱいで人手不足。
にも関わらず所得は増えない。
昇格して額面が増えても社会保障負担と税負担を差し引くとあんまり増えた気がしない。
働き方改革なんて言われているが、人を増やさないで労働時間を減らそうとすれば相当な労働強化になるだけだろう。
そんな状況なのに隣の部のジジイは暇そうにしていやがる。

そんな苛立ちを抱えた僕達のハートにグサッと来る。
グーグルニュースのピックアップ記事にあったら思わずクリックしてしまうだろう。
だが残念なことに有料会員限定記事だ!
Twitterや2ちゃんでは触りの部分だけ見て議論を展開する猛者もいる。
それだけ皆このヘッドラインには目を奪われるし、思うところがあるのだと思う。

どうして賃金が上がらない?

先日、記事の全文を読む機会があった。
記事の内容を踏まえて思ったことを書くと、賃金が上がらないポイントは大きく2つ。
1つは、物価が上がっていないこと。
賃金上昇=価格上昇+生産性上昇と考えると、インフレかイノベーションで賃金上昇をオフセット出来ないといけない。
2つ目は、人手不足で賃金が上がっているのは低所得者なので、マクロで見ると賃金上昇につながらないということ。
若年労働者や単純労働に就く外国人労働者の賃金が上がっても、30代や40代の労働者の賃金が年功序列で硬直的な状況では全体へのインパクトは小さい。
私は2つ目の視点が特に興味深いと思った。
確かに「賃金」と一口に言っても労働も労働者も多種多様だ。
自分には見えていない職種や関係ない人の賃金は上がっているのかもしれない。
ただし、熟練労働者を非熟練労働者に置き換える方向の変化は、全体としては(一時的であっても)労働力の質の低下になり、マイナスだという指摘もある。
また、人手不足による賃金上昇が発生しない層については、現行の賃金水準に不満があるのであれば、従前と同様雇用主を変えるか別の収入源を作る以外に所得を増やす方法は無い。

クオリティを下げるという選択をしているのではないか

ここからは記事の視座とは関係ない話だが、人手不足でも賃金を上げないがためにオリティが下がるという現象も起きていると思う。
都内のコンビニだと、深夜のバイトはだいたい外国人だ。
我が国はコンビニバイトをするためにビザは発給しないので、彼等は留学生か研修生か日本人の配偶者ということになる(ほんまかいな)。
東アジア系は以前から多かったが、ここ数年東南アジア系やインド系のスタッフが増えたように思う。
本当はどんな綴りなのだろうと興味を引くような名前が、平仮名でネームプレートに書かれていたりする。
日本人が避けるくらいなので、コンビニの労働はハードだ。
レジ打たなあかんし、品出しせなあかんし、宅配便の受付やコンビニ受取対応もせなあかんし、チケットの発券や収納代行もせなあかんし、自治体の粗大ごみ収集券や切手も売らなあかん。
煙草を銘柄で注文する客がいる(銘柄、ニコチンの強さ、ロング/ショート、ソフト/ボックスの区分がある極めて複雑な商品)し、過剰なサービスを求めてクレームつけてくるやつもいる。
こんなハードな接客業を言葉の壁がある外国人スタッフがやる以上、サービスのクオリティが下がるのは避けられない。
利ざやの薄い商売で客が偉そうにするのは大嫌いな私だが、同じ店で立て続けにEdyで頼んだのにSuicaで決済された時は思わず「勘弁してくれよ!」と叫んだ。

でも仕方がない。
我々は、値上げを受け入れてるよりも、安い金で最大限に物とサービスを買い叩く方を選んでいるのだから。

子を持つことに消極的になる理由、あるいは現代日本のショーペンハウアー

まとめサイトを見ていたら、以下の記事について取り上げているスレッドをまとめた記事があった。
記事は「親になる自信がない」「経済的に余裕がない」「仕事との両立が困難」などの理由で、子供はいらないと考える人が相当数いるという内容だ。
書き振りは結構強引で、厚労省の国民生活基礎調査の一部と女性セブンが行ったアンケート調査をちゃんぽんして、あたかも子作りに消極的なカップルが増えたせいで「夫婦のみの世帯」の数が30年で2倍以上に増えたような印象を与えている。
子供を持たない夫婦が増えているのは感覚としてはよく分かるのだが、「夫婦のみの世帯」が倍増していることは核家族化が進んだことの影響のほうが大きいのではないだろうか。

子をなすことへの躊躇

私は、家庭に対して良いイメージが無く、結婚も子供も望んでいない
もちろん、自分のリアルな交友関係では、このような考え方をする人間はごく少数派だった。
そして、それが社会としては正常な姿だと感じていた。 
上述の記事にある、女性セブンが行ったアンケート調査だと、20代から80代の男女594人にアンケートして、18.5%は「子供はいらない/欲しくなかった」と答えたとのことだ。
40歳以下を対象としたアンケートならば2割が「子供はいらない」と言っても特段違和感はないが、対象の年齢層を考えると思っていたよりも多い。
引用元のスレッドとまとめの記事と記事のコメント欄を一通り読んでみたところ、子作りに消極的になる理由はおおまかに4つに分類出来るのではないかと考えた。

続きを読む

金融政策の限界。僕達の国は成長しない、だからみんな消費できない その2

その1の続きです。
関連記事:金融政策の限界~~ その1

「その1」
では、中央銀行がかなり踏み込んだ金融政策をしているにも係わらず、資金需要にも物価の上昇にもさほど好影響が出ていないことを述べた。
なんでお金の周りが良くならないのか。
緩和が不十分なのか。
私見を述べると、これは皆が未来に対して希望を持てないことが原因だと考えている。

結局のところ人口動態

希望が持てない理由は主に以下の2つだと考えている。
①長寿命化
果たしてどれだけの人が、自分が90歳、100歳まで生きてしまった場合に備えるだけの十分な貯蓄を、65歳までの現役時代に蓄えることが出来るだろうか。
もちろん、生活に足りないのであれば定年退職後も働き続ければいい。
ビスマルクが65歳定年を導入したとき、ドイツの平均寿命は45歳であったという。
とはいえ、70代になっても自分はフローの所得を生み出し続けることが出来ると考えられる人も決して多くないだろう。
自分が長生きしてしまう可能性について、多くの人が内心で恐れているのだ。

②少子高齢化
経済の潜在成長率は、労働力(労働人口・労働時間)、資本ストック、生産性(≒イノベーション)で決定される。
現状を俯瞰するには、こちら(経済産業省の通商白書の1節)をご覧頂きたい。
1996年以降、日本では労働力は潜在成長率に対してマイナス寄与が続いている。
(完全週休二日制の導入もあるので労働時間要因も影響している点には注意。)
移民に頼らないかぎり、労働力要因のマイナス寄与は今後もっと大きくなるだろう。
資本ストックが急激に増加することは考えにくいので、労働力減少のマイナスを生産性向上で埋めないかぎり、僕達は貧しくなっていく。
また、社会保障費の増大で、数を考慮すると消費へのインパクトが相応に期待される、上位中間層への収奪が激しくなっている。
収入の3割近くを源泉徴収されるにも係わらず、自分たちが受給する時代には年金制度が現状より不利になっている可能性が高い。
この状況で消費をするのは相当の図太さがいる。

消費できないお金の向かう先

未来に希望が持てない現在の経済循環において、金融緩和の資金が流入しているのは2つのセクターだ。
一つは住宅、もう一つは証券市場だ。
住宅についていうと、首都圏のマンション価格はここ3年間で23%上昇している。
証券では、安全で利回りが期待できる資産ほど資金流入があり、収益機会が減少している。
日本国債は10年債もマイナス金利だ。
社債の金利も下がっている。
REITなどの配当収入が期待できるエクイティ資産にも過熱感が出ている。
住宅と証券の両方に共通するのは資産性を有するということだ。
未来が不安なので、使ってなくなる消費にはお金を使えない。
日本は昨年後半以降に株式市場が相応に調整したので、証券への資金流入は一服したと見ていいだろう。
首都圏では引き続き住宅への資金流入が継続している。
住宅への資金流入が鈍化したとき、果たしてお金は何処に向かうのだろうか。
明るい未来を描けないなかでは、マイナス金利であっても現金をホールドするという選択が多数派になると考えている。

追記:
この記事を投稿したその日に、以下の様なニュースが出た。
果たして、現物不動産もここでピークアウトとなるのか。
首都圏「億ション」変調、契約率70%割れ 7月、販売価格も2カ月連続下落


大きい的は叩きやすい

左派とかリベラルとかマスコミは、結局叩きやすい的として国家と大企業を叩いているのではないかと思うことがある。
大きい的ほど叩きやすい。
与党の政策はやることなすこと全て悪い、大企業は一般市民を食い物にしている、弱者は常に正しい
そういう主張で過去40年位やってきたんだろう。

高度経済成長期のような、資本が集中する主体ほどその果実を得ることが出来る時代はそれで良かったのだろう。
だが現代ではどうだろうか。
潜在成長率は、労働力、資本ストック、労働生産性(≒イノベーション)で決定される。
労働人口が減少している、そしてイノベーションも従前のような活力を持たない。
そのような時代には、資本が集中している主体ほど相対的に貧しくなる。
国家は社会保障への資金投下を最優先にしなければならず、大企業は様々な団体の要請を受けて本業と関係ない分野へのコミットメントを要求される。
その一方で、社会保障の歪みから、高齢者や低所得者といった一般的に弱者と言われる層ほど投下資本に見合わない恩恵をうけることになる。
皆が貧しくなっていく過程で、有限のリソースの取り合いをしているのだ

この時代に盲目的に国家を叩くのは建設的ではない。
我々に与えられた資源と機会は限られている。
現代の老人と現役世代が予定調和のために資源と機会を浪費すればするほど、次世代の負担が増える。
医療と社会保障のための支出は盲目的に承認するのではなく、命にも優先順位と値段を付けるべきだ。
弱者は無条件で正しいという一見もっともらしい詭弁には疑義を呈するべきだ。

その一方で、叩きやすい的も変遷している。
マスコミの中の人がどれくらい意識しているかは分からないが、現代ではマスコミそれ自身が国家や大企業のような大きな的になった。
ネット上のメディアや、分野によってはまとめサイトのほうが新聞、テレビ、雑誌以上の影響力を持っている。
自身のサブスクライバーに迎合するだけでは、そこに属さない層の反撃を受ける立場になったのだ。




『日本を降りる若者たち』オルタナティブなライフスタイルとしての外こもり

タイトル:日本を降りる若者たち
著者:下川裕治
出版社:講談社現代新書

旅行作家の下川裕治氏の2007年の著作だ。
下川氏は、大学卒業後新聞社に入社、記者として経験を積んだ後に旅行作家として専業になったという経歴の人物だ。
また、情報誌『格安航空券ガイド』の編集にも携わり、本邦における海外旅行のスタイルの多様化の一翼を担った人物でもある。
そのためか、他の旅行作家と比べると文章が読みやすく、目線も一般的な勤め人と乖離していない印象を受ける。
多作な作家だが、私は特に『12万円で世界を歩く』(朝日文庫)、『5万4千円でアジア大横断』(新潮文庫)、『格安エアラインで世界一周』(新潮文庫)を何度も読み返した。
この3冊は通して読んでいただくと、格安航空券の台頭以降の日本人の個人旅行(貧乏旅行)事情の変遷も見て取れると思う。

本書では、日本で短期間働いて貯めたお金をもとに海外で働かずに生活する「外こもり」の実態を書いている。
登場人物は下川氏が実際に交流のある人々だ。
本書のトーンは「外こもり」に対して寛容でも批判的でもなく、フラットである。
個々の外こもり達の話を書きながら、外こもりが生まれる背景に関する考察と問題提起を意図しているように感じた。
氏の後の著作である『格安エアラインで世界一周』(2009年)で本書の後日談が書かれていたが、読者の反応は著者の思いとは裏腹に、外こもりたちの生き方について批判的なものが多かったとのことである。

外こもりの背景

本書で提起されている外こもりの背景は2つに大別される。
一つは「日本の働きにくさ、息苦しさ」だ。
本書に登場する外こもりの多くは、日本で正社員・派遣社員等として働いたが、そのスタイルに馴染めず外こもりにたどり着いた。
年功序列、予定調和、硬直的な勤務条件、根回し文化、そういった働き方への反発がある。
もう一つは、日本の若年雇用事情の悪化だ。
就職氷河期に非正規やフリーターとなった人々など、90年代後半以降、仕事にやりがいを見いだすことが難しい人間の割合が相対的に上昇しているように思う。
そのような世代の一部が辿り着いた、オルタナティブなライフスタイルが外こもりであるとも言える。

「豊かな青春、惨めな老後」の現代的解釈

私見を述べれば、当ブログで何度か述べた「高齢化による社会保障の不均衡と老後への不安」そして「情報技術の発達による働き方の可能性の多様化」と通じるものがあると感じた。
バックパッカーを評した言葉で「豊かな青春、惨めな老後」という表現がよく使われる。
谷恒生著の『バンコク楽宮ホテル』で、安宿の壁に書かれていた言葉のようだ。
生涯年収3億円では、100歳まで「生きてしまった」場合の生活費を、現役の時代に貯めきることは出来ない。
一昔前にまっとうと言われた生き方を踏襲したとしても、「惨めな老後」を迎える可能性が高まっている。
「豊かな青春、惨めな老後」という警鐘・自嘲は高齢社会においては時代遅れなのだ。
本邦において硬直的な労働に耐え忍んだ多くの働きアリ達にも、冬には惨めな老後が待っている。 
だが、外こもりたちの生活もまた「豊かな青春」というには禁欲的に過ぎ、どこか暗い後ろめたさを感じる。
彼らもまた、享楽的なキリギリスでは無いのだ。

物価上昇と外こもり

ちなみに、本書では一例を除いて、全てタイに暮らす外こもりについて紹介している。
本書の刊行から10年近く経ち、今だとタイ、特にバンコクは外こもりには向かない都市になった。
スクンビット通りのコンドミニアムの賃料は東京と変わらない水準らしい。
カオサンロードの安宿事情はこれよりも緩やかかもしれないが、昨今では外こもり達はタイの東北部やカンボジアなどに移っているようである。
プロフィール

執筆者:マイナスニキ

30代会社員。
会社と業務は何回か変わったが、金融業界で10年ぐらい働いている。
会社勤めが好きじゃなく30歳くらいの時からアルコール依存気味になる。ここ数年は断酒とSLIPの繰り返しでうつ休職もしていた。
一人で出来る生業を見つけて会社に勤めないで生きることが目標。
好きな作家は太宰治と沢木耕太郎。

記事検索
注意事項と免責事項

※当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

※当サイトでは資産運用、法律、税務などについて運営者の認識や見解を述べることがあります。記事の作成にあたっては専門書や信用のできる情報源に基づいた正確な記載を目指していますが、当サイトはその正確性を一切保証しません。実際の取引や実務上の判断にあたっては、専門家に相談のうえ、自己責任で行ってください。