帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

タグ:家族

少し前に、行動経済学や認知科学に関する本をいくつか読んだ。
特に、ダニエル・カーネマンとダン・アリエリーが一般向けに書いた著作は、日常的なトピックと学問的な裏付けの双方が織り交ぜてあり、読み物としてとても面白かった。
(TEDに2人のプレゼンがあるので興味のある人はそちらもどうぞ。)

その中の一つであるアリエリーの『不合理だからうまくいく』の中に『順応』に関する章があった。
いわく、人間はたいていのことには慣れてしまうことが出来る。
例えば、以下のような事例が実験を交えつつ紹介されている。
・負傷により痛みを負った経験のある人間は、痛みに対する反応が鈍く、長時間痛みを我慢できる傾向にある。
・宝くじに当たった人と事故で重篤な障害を負った人について、当選or事故から1年後に人生の満足度を申告してもらうと、2人とも何も無かった人とあまり変わらない。

この、人間がいろいろなことに慣れてしまえるという現象は、私の実感にはかなりフィットする。
たぶん、カーネマンの本にあった『経験する自己』と『記憶する自己』の二面性と結構関係があるんじゃないかと思う。
(この二面性というのはざっくり言うと、人間が刻一刻と今この瞬間に感じていることと、事後的に思い出して感じることは異なるということだ。
そして僕たちの幸福と不幸の判断を行うのは後者の『記憶する自己』の方だ。)

老いにも不幸にも慣れてしまう

身内の老人が生き汚くて辟易するという話をいろんな人から聞く。
体に調子が悪いところがあれば、不安だ、死んでしまう、早く医者に行かなければと言い、家族を困らせる。
年寄りなのだから不調が出るのは仕方ないだろうに、それが我慢できない。
何をするでも無く、寝て、起きて、飯を食い、テレビを見て過ごす。
それだけの生活しかないのに、死ぬのが怖いらしい。
そういう身内がいる人と話すと、自分はあまり長生きせずに死にたいという意見で一致する。
ただ、このような意見を持っていても、いざ自分が老いた時に積極的に死ねる人間は多くないだろう。
50歳から一気に90歳になれば、死ぬ覚悟が出来る人も相応にいるかもしれない。
だが、徐々に老いるなかで、いつのまにか実行に移せないほど老いに慣れてしまう可能性は高い。

また、僕は自分は生きているだけでだいぶ辛いので、これ以上大きな荷物を持てば死んでしまうと思っている。
仕事をやめて貯蓄を取り崩しながら気ままに生きて、文無しになったら死にたいと夢見ている。
重病や障害が残るような怪我をしたら死のうと思って、なるべく人に迷惑をかけない死に方を考えていた。
(資産と契約の一覧を作り、可能な限り契約は解除したうえで、国有地で確実に死ぬというもの。)
でも、これらのことにも僕は慣れてしまうのかもしれない。

事故で凄惨な火傷を負った経験のあるアリエリーは、怪我や痛みへの順応は自分に有利に働く順応だとして、促進してその恩恵に預かるべきだと言う。
だけど、私は老いや不幸にも順応して人生が続いてしまうというのは、とても怖いことだと思う

では心の傷が癒えないのはなぜだろうか

私は幸福な家庭で育った人間が妬ましくて、そういった人間が「家族は良いものだ」とか「親を尊敬している」というようなことを無神経に言うのを聞くと、イライラして仕方がない。
関連記事:幸福な人間が憎い
こういう状態が30過ぎても続いているということは、少なくとも私はこの件には順応出来ていない
痛みや不幸には順応できても、心の傷には順応できない。
なぜだろうか?

一つ考えたのは、規範の存在他人の生活に関する情報が順応を阻むのではないかということだ。
幸福な家庭というイメージは、いろいろなところで出てくる。
学校では家族は大切にしろと教えられるし、家族愛をテーマにした本や映画が氾濫している。
そこでは、家族は助け合って、愛し合って、お互いの為を思って、感謝してやっていかなければいけないという規範が語られる。
また、街や観光地で目にする家族連れは、概ね楽しそうだ。
(機能不全家庭はそういうアクティビティをしないところが多いだろうから当然かもしれない。)
規範的で多数の人間が持っている幸福は、持っていない人間に惨めな思いにさせる。
それゆえ、慣れることが出来ず、いつまでも自分に無いものを基準に物事を考えてしまう。

とりあえずメディアとネットと都市の生活は、機能不全家庭の出身者が傷を癒やすには有害だということかもしれない。
隠遁したいなぁ。





著者はデューク大学教授で、それ以前にはMITのスローン経営大学院やメディアラボで教鞭をとっていた経験もある。本書より前に出した『予想通りに不合理』が主に消費行動を題材にしたものであったのに対し、本書は仕事や対人関係に関係する題材をメインにしている。
私の書いた本文と違って明るく軽妙な語り口で読みやすい。


カーネマンは2002年にノーベル経済学賞を受賞した認知心理学者
本書は行動経済学のトピックがだいたいカバーされており、実験の紹介も豊富だ。日本人の手による行動経済学の入門書も何冊か読んだが、本書と比べるとどれもイマイチだった。
本書を読んで「人間ってなんていい加減なんだろうと」感じて結構気分が軽くなりました。

知らない言葉であっても既知の情報から意味を類推できる能力は、人間の持つ優れた能力の一つだ。
だが、類推は時に誤解を生み、その誤解が修正されること無く、間違った情報として認識されてしまうことがある。
「情けは人のためならず」が情けをかけるとその人のためにならない(だから人には厳しくせよ)という意味だと誤解されたり、「気のおけない人」は気を許してはならない油断ならない人物のことだと誤解されたりする。
アダルト・チルドレンもそのような誤解を受ける機会が多い言葉の一つだと思う。
私も正確な意味を知るまでは、この言葉は「我儘でこらえ性のない子供っぽい大人」を意味すると思っていた。
事実は全く異なる。
アダルト・チルドレンという言葉はもともとアルコール依存症治療の場で生まれた言葉だ。
アルコール依存症家庭に生まれた子供は、大人になってから親のように依存症になったり、依存症のパートナーを持つようになる事例が多いという。
アダルト・チルドレンは正確にはアダルト・チルドレン・オブ・アルコホリクス(Adult Children of Alcoholics)、すなわち「アルコール依存症の親を持った子供が成人した人」という意味だ。
現在では、アルコール依存症に限らず、コミュニケーションの不足やルールの強制が顕著な家庭(機能不全家庭)で育った人を指すようになった。
つまりアダルト・チルドレン・オブ・ディスファンクショナル・ファミリー(Adult Children of Disfunctional Family)である。
アダルト・チャイルドは「自分の欲求がよくわからない」「ありのままの自分で良いと思えない」「自分が大切な存在だと思えない」といった自己の喪失や自己否定感を持ちやすいという。

僕は機能不全家庭の子供だった

私の生家が結構機能不全な家庭であったことは以前に書いた。
強権的で癇癪持ちの父と妄想癖で嫉妬深い祖母に気を使う必要があり、私は家の中に諍いが起きないよう気をもんで過ごした(あるいは今でも気をもんでいるのだと思う)。
そして、長子の私は、自分の誕生が母をそのような家庭に縛り付け笑顔を奪った原因なのではないかと心の奥で考えていた。
全てを生育環境に帰責するのはフェアではないが、「人を信じられない」「弱音を吐けない」「頼みごとが苦手」「他人の顔色をうかがってしまう」「音に敏感」といった私の形質は生育環境に依る部分が小さくないと思う。
こちらのサイトにあるように、同じように感じる機能不全家庭の出身者も多い。
リンク:会話のネタ速報 日常的な両親の喧嘩が子供に与える影響とは? http://muravillage.com/ryousinkenka-kodomo-1760

自分の過去と向き合うために

私は、自分の生き難さの原因が生育環境にあり、同じような理由で苦しんでいる人がいると分かっただけで、ずいぶんと救われた気がする。
とはいえ、一般論を知るだけでは不十分だ。
過去は変えることが出来ないし、気の持ち方で今から別人になれると考えるには、私たちはこの問題と長く付き合いすぎている。
切り裂かれるようにつらくても、自分の過去と向き合う必要があるのではないか。
結局私は、以下の本のワークを自分でやってみた。
アダルト・チャイルドが自分と向きあう本(編集:アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター、出版:アスク・ヒューマン・ケア)
アダルト・チャイルドが自分と向きあう本 [単行本]
(発行元はアルコール依存症に関する情報提供等を行うNPOを母体とした出版社)

本書では、以下のようなワークが紹介されている。
・原家族にあった問題と無言のルールを明らかにする
・子供の頃の自分にとって不安だったことを振り返りそれを癒やす
・子供の頃の自分の家庭内における役割を振り返る
・自分が原家族で獲得したルールを新しいルールに置き換える
・幼少期から思春期の癒やされていない悲しみを発見し誰かと分かち合う
率直に言って、一つ一つがとても重く感じた
140ページにも満たない本だが、余白に自分の回答を書き込みながら読んだため、読了後は疲れ切っていた(途中で吐き気もした)。
本の中でも書かれているが、不安定な状況では避けたほうがいいし、可能なら信頼できる援助者と共にやるべきだ。

だが報酬は十分にあった。
例えば以下のことは、実際に言語にして初めてわかった。
・強制されたルールについて
私の生家の共依存のルールは「問題について話すな」「従え(従うまで不機嫌になる)」というものだった。
だから、大人になっても仕事でこのような場面に出くわすと狼狽していた
・自分の役割
私は家族の中の自分の役割を「しっかりした子(ヒーロー)」で「世話焼き(ケア・テイカー)」だと思っていたのだが、実際は「おとなしくて面倒をかけない子(ロスト・チャイルド)」だったのかもしれない。
問題を起こさないことが第一であり、自分が主張すると周りが不機嫌になると思っていたのだ。
そして、この主張しなさ、勇気のなさによる不作為が、結果として祖母の妄執に加担し母に手間や苦労をかけたことがある。
私の加害意識の根っこを見つけた気がした。
・承認と報酬
私はあまり褒められたことがなく、家族に信頼されていないと感じていた。
たぶん、運動神経が鈍く転んで傷を作ることが多く、いじめられたこともあるため、家族の中で私はずっと「弱い保護すべき対象」だとみなされていたのだろう。
そして、勉強だけは昔から得意だったが、それで褒められたことは無かった。
それゆえ、大人になっても他者からの承認と報酬を過度に求める傾向にあったように思う。
仕事が順調なうちは、家庭では不十分だった承認も報酬も十分に受け取ることが出来たのだ。
だが、これは共依存の場所を変えただけだ。

鎖を解き放つ

「過去の自分がほしかったものは、今の親からもらう必要はないのです。仲間や、そして何よりあなた自身が、それを与えてあげることができます。」
上記の本の終盤に書かれていた言葉だ。
自分を縛る鎖を見つけたら、そこから解き放たれよう。
親との間に境界線を引いて、自分の欲求を満たしてあげよう。 
そのように考えることで、しがらみから一つ解放された気がした。
 
困難かもしれないが、生きているうちに家族を愛せるようになりたいと、少しだけ考えるようになった。
うまく出来るか分からないが、私の家庭の悪役達もそれぞれの生き難さがあり、それゆえ選択肢が少なかった人たちなのだと考えてみようかと思った。
そのためには、やはり自分が鎖から解き放たれなくてはいけない。

----

関連記事:「人を信じられない病-信頼障害としてのアディクション」の書評
依存症の背景に生育環境に起因する生き難さがあり、人間不信ゆえにモノに頼る傾向があるのではないかと指摘する本を紹介した記事です。


記事で参照している本です。ワークは結構キツイので、文中の注意(うつや依存症から回復途上にある時は避ける、援助者とやる)に従ってやった方がいいです。

古い本ですが、アダルト・チャイルドの実例(著者の臨床例をもとにしたフィクション)が多く紹介されており、回復に向けたステップも示されています。アルコール依存に的を絞っていますが、他の機能不全についても当てはまる部分は多いと思います。

関連記事で紹介している本です。生育環境→人間不信→物への依存という構図は説得力がありました。ただ、回復のために取るべき方法はあまり書かれていないです。

実家があまり好きじゃないけど、盆と正月は一応顔を出しているという人も結構いると思う。
正月帰省すると言うと同僚などからは「ゆっくりして来てね」と言われることが多いがとんでもない。
一人で過ごすほうがよっぽどゆっくりできる。
ここで顔を見せておくと一年の残りの日々は生家から距離を置いて過ごせるので、ただただそのために帰省している。

滞在時間が短くても顔を見せてる印象を作れること

金融業界だと会社の休日は基本的にカレンダー通りだ。
事業会社に勤務する友人に言うと驚かれることもあるが、盆休みは無いし土日に被らなければ年末は12月30日まで仕事だ。
証券取引所も開いているし、日銀ネットも稼働している。
(業界としては繁忙な時期ではないので有休を取得する人もそれなりにいる。それはまた別の話。)
盆は近くの土日だけ戻る。正月は31日の午後に着いて2日の夜には発つ。
こうすると、滞在時間は実は少なくて済むが、その割にちゃんと帰省しているような印象を作れる。
「たまには帰ってこい」というような対処に困る連絡を受ける可能性を減らすことができるだろう。

厄介ごとが起きてないか確認するため

病気や犯罪や人間関係の厄介ごとが起こっていないか半年に一回くらいは確認しておいたほうが良いのではないかと考えている。
詐欺師が入り込んでいるかもしれないし、宗教にはまっている人間がいるかもしれないし、壺を買わされているかもしれない。
大きなトラブルになると年に2回帰省するよりももっとしんどいので、定期的な監視をしておいた方が安心なのだ。
捨てるのが難しいので定期的にメンテナンスするような感覚だ。 
認知の歪みもあるが、私は自分の家族は自分に対して厄介ごとを起こす気を許してはいけない存在として見ている。

ーーー

従って、盆と年末年始の帰省は費用対効果に優れリスク管理上も意義のある行為だと思います。
別に楽しくなくても上記の理由からとりあえず顔を出してくるという人を当ブログは応援します。

本年はお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

 

認知療法の本を読むと、「自己評価の低下」はうつ状態の人に典型的な認知の歪みだという。
自分のことを無価値に感じる
自分は生きていてもしょうがない
自分が嫌いだ
そのように考えてしまうという。

どういうわけか、私はあまりこういう感じ方はしない。
死にたいと思うことはあるが、それは自分が嫌いで無価値だと感じるからではない。
程度の良い大学を出て、仕事で評価された経験があり、収入も平均以上なので、自分はかなり有能だと思っている。
私が死にたいのは、労働をしなくては生きられないことや人間関係が苦痛で、そこから逃れたいからだ。
私は自分が大好きで、自分以外が嫌いなのだ。
だが、そのような自己評価とは裏腹に、自分はとても気持ち悪い存在だと考えている。
自分は誰からも愛されず、自分に愛情を向けられると相手は気持ち悪い思いをすると考えている。

続きを読む

ここ数年間、働いたり人と話すのが辛くて仕方が無かった。
だが、振り返ってみるとこれまでの自分の人生の舵取りに決定的に誤ったところがあったわけではない。
そう、自分としては最良ではなくとも悪くない選択を重ねてきた
それなのに辛くて仕方ないのだ。

「決定的な誤りが無い」と言ったが、これは苦悩や挫折を知らないという意味ではない
自分に与えられたリソースと可能性の中で、自分はどうすれば良いのか、悩みに悩んで生きてきた。
「地元にいたときも離れてからも、自分が壊れない範囲で家庭内のいざこざに気を使って生きてきた。」
「金は無いが地元から離れた大学に行くために現実的な選択肢を選んだ。」
「大学院に行きたかったがこれ以上親の世話にはなりたくないので働くことにした。」
家族と資金について完全な自由が与えられていたら、これらの選択はしていなかったかもしれない。
だが、現実に私の置かれていた状況では、これ以外の選択肢を取った場合、自分の周りで何かしらの不都合やいさかいが起きていたと考えている。
不都合やいさかいと戦わなかったという点では、「自分にとって最良の選択」ではなく、「自分にとって安全な選択」に逃げていたとも言える。
だが、不都合やいさかいと戦って自分が壊れてしまうことが怖かった。
それほどに、私は肉親も含めた他者が怖かったのだ。

反出生主義に私が共感してしまうのも、そのような背景ゆえだと思う。
幸福が感じられない理由を探す。
だが、人生のどこかに決定的な後悔があるわけではない。
自分なりに納得できる選択を重ねてきて、それでも幸福が感じられない。
そうなれば、原因を出生に求めるしか無い。

もしくは、私の人生の舵取りは自分が評価するほど立派ではなく、どこかに決定的な誤りがあるのだろうか。


 

先日、「親になる自信がない」「経済的に余裕がない」「仕事との両立が困難」などの理由で、子供はいらないと考える人が相当数いるという内容のネットの記事について思うところを書いた。

その中で、厚生労働省の国民生活基礎調査で、過去30年で「夫婦のみの世帯」の数が2倍以上に増えたことについて言及があった。
記事だと、子作りに消極的なカップルが増えたことがその一因だという話の運び方だった。
ただ私は、それも一因だとは思うが、30年というスパンで見るなら三世帯同居が一般的でなくなったことの影響のほうが大きいのではないかと、少々違和感があった。
調査の中身を見てみたので、興味があればご覧いただきたい。

続きを読む

先日、永田カビさんの『さびしすぎてレズ風俗に生きましたレポ』を読んだ。
レズ風俗に関する内容は後ろの半分くらいで、前半は著者の生い立ちや病んでしまった経験が書かれている。
私もうつ体質なので共感しながら読んだ。
著者は今Pixivコミックで『一人交換日記』という連載を持っていて、そちらも併せて読んだ。
(リンク:一人交換日記) 
少なからず問題がある家庭のようで、母親に対する思いは自分と似たようなところがあるような気がした。
掲題の通り、私には「母親は自分のせいで不幸になったという負い目」があるのだ。

私の家族の問題

父親は気に入らないことがあると怒鳴り散らす暴君だった。
風呂場で石鹸がない、物が壊れた、野良猫が五月蝿い、そのようなことも家族の責任であるかのように怒号をあげた。
息子の目から見て、この人は学問でも仕事でも優れた成果をあげたわけではない。
にもかかわらず他人を見下しており、自分が他者より高い場所にいるような振る舞いをした。
幽遊白書で、玄海師範が魔族になった幽助に向かって「人はだれでも自分の意志で壊せるものがある。あんたはそれが他人より大きいだけだ。」という旨のことを言って、突き放しつつもなぐさめる場面がある。
父親にとって「家庭」とは、自分の意志で壊せる小宇宙だったのだろう。
それは中心にいない者達にとっては地獄だ。
続きを読む

↑このページのトップヘ