帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

本の紹介

『沈黙』の感想と『悲しみの歌が聞こえなくなる場所』

遠藤周作原作の『沈黙ーサイレンスー』の映画を見た。
メインテーマの「神と信仰」だけではなく日本人論にも繋がる内容であり、出演者の演技にも熱が入っていた。
長くて重くて視聴後にしんどさが残る内容だったが、見てよかったと思う。
虐げられた弱い人々が神にすがる。
迫害を受け弱さ故に信仰を捨てる。
神と他人を裏切りそれでも許しを求める弱さ。
敬虔な信仰を持たない者の一人として、私は長らく、人間が「弱さ」ゆえに神を必要としたのだろうと単純に考えていた。
しかし、信仰を求めるのも信仰を捨てるのも人間の弱さから生じる。
弱さ故にすがった神であっても、祈りを捧げるうちにいつしか自分の精神を構成する一部分となり、それを自分の内側に維持し続けるには強さが必要になる。
そんなことを考えた。

私が、遠藤周作の著作で読んだのは『海と毒薬』『悲しみの歌』『深い河』 の3作だけだ。
この中では、私は『悲しみの歌』に一番衝撃を受けた。
あまり知られていないのだが『海と毒薬』の続編にあたる作品であり、しかも『海と毒薬』よりもずっと長い。
少し前に「悲しい物語に感情移入しすぎて辛くなってしまうことがある」という旨のことを書いた。
関連記事:繊細なシミュレーション装置は悲しい物語を嫌う
『悲しみの歌』はまさにそのような作品だ。
(ネタバレ上等の方はWikipediaに結末まであらすじが書いてあります
リンク:Wikipedia 悲しみの歌
私が正論を振りかざす人間や苦悩と無縁そうな人間を引いた目で見るようになったのはこの作品の影響かもしれない。
また、その一方で、どんな人間でも悲しい物語を持って生きているのかもしれず、それゆえに一方的な断罪はフェアではないとも考えるようになった。
カントは人間は理性の持ち主ゆえに尊敬に値すると言ったが、私は人間は悲しい物語の持ち主だからこそ尊敬に値するのだと思う。
(まぁ本当に苦悩や悲しみと無縁の人間もいることはいるんだろうけど。)

全能の神は人に対して沈黙を貫く。
弱さゆえに人は神の言葉を語る。
弱さゆえに人は悲しみの歌を歌う。
悲しみの歌が聞こえなくなる場所を楽園とか天国と呼ぶのだろうか。

 

『孤独の価値』一人が好きなのを引け目に感じなくて良い

タイトル:孤独の価値
著者:森博嗣
出版社:幻冬舎新書

作家の森博嗣氏のエッセイ。
孤独について、著者自身が常々考えていることを述べられている。
私は『すべてがFになる』『スカイクロウラ』も読んだことがない。
ただ、カバーに書かれていた「『孤独』を忌避する考え方は、マスコミや絆を売り物にしたい側の誇張によりもたらされている」という主張に我が意を得たりという思いがして衝動買いしてしまった。
孤独を嫌う人を対象に書かれているので、私のように一人でいるのが好きな人間は「そんなことは分かってるよ」と感じる点も結構あった。
私と同類の方は、「一人でいるのが好きな自分」を肯定するための材料として読んでいくと元気が出ると思う。

ステレオタイプの感動

本書では、映画やドラマといったエンターテイメントが、感動に訴えやすい「家族愛」「仲間との絆」を題材とした作品を作りがちであり、あたかもそれらが絶対的な価値観であるかのように錯覚させていると指摘する。
そして、人類において少数派であったとしても、仲間や家族が人生のトッププライオリティでなくても異常ではないし、家族や仲間がいなくとも、芸術や学問のように人生を捧げるべきものを持っている人間は豊かで自由だと述べる。

考えてみれば、私は「家族は愛さなければならない」「友人が少ないと人間的に劣っている」という刷り込みに多分に惑わされてきた。
小学校でも「道徳」(この科目はいつ見ても意味不明)の授業でこれらの価値観を繰り返し刷り込まれ、行動評価の項目にもなっている。
以前に友人と意気投合したのだが「1年生になったら」の歌は暴力的でグロテスクだ(別にひでが歌ってたからじゃないよ)。
一年生になったら  一年生になったら ともだち100人 できるかな
100人で 食べたいな  富士山の上で おにぎりを
「友人は多いほど良い」「友人と一緒に何かをするのは楽しい」という価値観を押し付ける。
他人といると疲れてしまう人は異常なのだろうか、一人で行動することを好む人間は劣等なのだろうか
この歌を覚えた児童の一部は、後の人生でこのような煩悶に出くわしているのではないか。

人間は無意識に孤独を求めている

本書の終盤で、孤独を忌避する考え方はメディアや経済界が生み出した虚構であると、多くの人がすでに気づいていると述べられている。
結婚しない、または子供を持たないという選択肢をとる人間が増えたのは、社会制度の不備だけが原因ではない。
「社会的な押し付けが無ければ一人でいたい」という人間が、素直にそのような人生を生きるようになったのだ。
田舎から都会への人口流入が止まらないのは、都会では一人暮らしや核家族が許容されるからだ。
高い住居費や子育ての不自由さがあっても、生家からの自由にそれ以上の価値を置くからだ。
そのように述べる。
以前に世帯数の数字を見たときに2世帯同居の崩壊と核家族・単身世帯の増加に言及したが、社会的な強制が無くなれば、イエは自由を求めてどんどん小規模になるのかもしれない。
リンク: 日本の世帯数の30年前との比較と若干の考察 

都市の生活は孤独と自由を与えてくれる。
人々は隣人に無関心でいてくれる。
コミュニケーションを取らずともシステマティックにモノやサービスを提供してくれる店が多い。
宅配便以外の来客はオートロックで拒めばよい。
私もまた、都会のもたらす孤独に大変心地よく漬かっている人間の一人だ。

『我慢をやめてみる』元LINE・CEO・森川氏の起業論

タイトル:我慢をやめてみる
著者:森川亮
出版社:朝日新書

LINEのCEOだった森川氏の本。
副題は『人生を取り戻す「起業」のすすめ』とあり、雇われて働くことの限界や起業家論のほか、ベンチャー企業の資金調達環境についても簡単に触れられている。
森川氏は2015年にC Channelという動画メディアの会社を立ち上げたので、良くも悪くも同社に関する記載が多かった。
同社を起業した時にすでに森川氏は著名な経営者であったので、参考にするには人を選ぶと思う。
新書なので、肩ひじ張るよりも森川さんの視点に触れるというスタンスで読むと良いと思う。
私は自分がうまく言語化出来ていなかった視点や新しい気づきがあり面白かった。

日本のソフトパワー

著者は「世界と勝負しよう」という章の中で、日本のソフトパワーは日本人が思うほど強くないと指摘する。
外国人に「日本はすごい」と言わせるテレビ番組が結構あるが、アジア各国で「おしん」がヒットした時代と比べると相対的に日本のソフトパワーは弱くなっているという。
例として、韓国メディアの世界を見据えたコンテンツ作りを紹介している。
旧ハンゲーム・ジャパンの元CEOが言うと説得力がある。
・語学→韓国のタレントとエンターテイメント業界関係者はだいたい英語ができる。またタレントは日本語などの第三外国語も勉強している。
・権利関係→韓国では放送局が自社でタレントを抱えているため、コンテンツの海外配信などのための権利調整がシンプルだという。
下段については昔の日本の映画会社と同じ仕組みとのこと。
当時は多くの映画会社がスターシステムを採用していたが、俳優が映画会社所属だったことも関係するんだろうなと思った。
(私はスターシステムという言葉は手塚治虫の漫画に関する解説で知った。ロックやランプやヒゲオヤジが色々な作品で別の役柄で登場するあれだ。映画のスターシステムとはちょっと違う。) 

農耕民族のハンディ

著者は日本でベンチャーが育ちにくい原因について農耕民族的なカルチャーが問題ではないかという分析をしている。
シンプルだが説得力がある。
・稲作は共同作業。水田に有限の水を引くために水路を話し合いで決める。
ルーティンを崩す者の存在は生産性を阻害するので、逸脱した行為をする者は村八分にされる。
そして、農村では仲間外れは貧困につながる。
・狩猟文化は群れの縛りが相対的に弱い。
より多くの獲物が見込める猟場を求めて群れを離れるものを引き留めない。
イスラエルの起業家曰く、「砂漠で承認がオアシスの情報を耳にしたとする。普段のルートに固執するのも、オアシスの情報を信じてそこに向かうのも自己責任。」

人材の流動性

本書では、日本の閉塞感の原因として人材の流動性が低いことを挙げており、対策として解雇規制の柔軟化を提唱している。
関係部署の働かないスタッフにイラつくことが多い私としては概ね賛成だ。
諸外国でバカンスを一か月取れるのは、生産性の高い人間しか働いていないからという意見は逆説的だが面白い。
本邦では、国家が社会保障を企業に押し付けているが、経営者と投資家でけでなく、生産性の高い労働者も割を食っているのかもしれない。
労働者を縛り付けるのは、社内の生産性の低い労働者なのかもしれない。

教育の在り方

本書では教育の問題にも踏み込む。
日本はパブリックスクールが多く、そこでは最大公約数的な教育をするため「普通の良い子」を作り出す。
また、意欲的な教員が新しい試みをしてもモンスターペアレントが潰してしまう。
私も常々、学校は近代的な工場と良く似ていると考えていたので、ここら辺は同感だ。
そして、一歩踏み込んで、大学で全員が学問をする必要もないという。
ドイツの例を出して、リベラルアーツ的な教育をする総合大学がある一方で、高校生から専門的な技能教育を行うような学び方もあるという。
不勉強を棚に上げて能力で区別することを嫌う人が多いのか、あるいは役所が研究者の受け皿として大学を増やしたためかは分からないが、日本だと下位の大学でも相応にアカデミックなカリキュラムを採用している。



『格差と民主主義』大きな政府・小さな政府ではなく誰のための政府か

タイトル:格差と民主主義(原題:BEYOND OUTRAGE)
著者:ロバート・B・ライシュ(訳:雨宮寛、今井章子)
出版社:東洋経済
 
著者のロバート・ライシュは、政府勤務を経てハーバード大学やカリフォリニア大学で教鞭を取る政治経済学者だ。
クリントン政権下で労働長官を務めた経験があり、オバマ政権にもアドバイザーとして関与している。
原題の"BEYOND OUTRAGE"の指す「怒り」は、2011年に発生したOccupy WallStreet(ウォール街を占拠せよ)のことである。
筆者によると、原著はその翌年の2012年の米国大統領選挙の最中で書かれたとのことだ。
奇しくも、先日2016年米国大統領選挙当日の報道の一つに、ライシュ氏のコメントを取り上げているものがあった。

著者は民主党政権に長く関与した人物である。
それゆえ主張は、経済活動の自由に価値を置きながらも、格差や差別の是正のための積極的な政府介入を良しとする中道左派のど真ん中だ。
本書でも、新自由主義的な市場の信奉者への批判は強烈だ。
特に、2012年の大統領選で共和党の大統領候補であったミット・ロムニー(プライベート・エクイティ・ファンドのベインキャピタルの創業者)など一部の共和党関係者の主張について『逆進主義』と呼び、一章を設けて論じている。

もちろん、書き方が一面的な部分も否めない。
例えば、契約社員や独立コンサルタントのような雇用形態が増えたことをマイナスと考えているが、ダニエル・ピンクの『フリーエージェント社会の到来』などを読むと、(コスト削減のための非正規雇用はともかく)成功した現代の自営業者はかなり充実感を持って仕事に取り組んでいる。
また、企業の多くが確定給付年金を廃止し確定拠出年金に移行したことをマイナスに評価するが、GM(やJAL)が企業年金を筆頭としたレガシーコストに押しつぶされたのも事実だ。

本書の主張をいくつか紹介したい。

スポンサードリンク

超富裕層の報酬と課税

かつては、リスクを冒した成功者が大富豪となることはアメリカンドリームとして賞賛された。
現在では、大企業の上級経営者達ほど、リスクなく対価を得ている。
金融危機時の投資銀行やAIGのCEOは、在任中の業績悪化や株価下落にも係わらず多額の報酬を得た。
そして、度重なる減税により、第二次世界大戦から1981年まで70%を下回らなかった最高税率はここもとの30年間で35%まで低下した。
また、多くの富裕層はキャピタルゲイン税の15%税率を利用することから、実効税率はもっと低い(キャピタルゲインに対する税率も1980年代後半までは最大35%だった)。

民主主義とビッグ・マネー

本書でライシュは、「政府の大きさは本当の問題ではない。問題は誰のために存在するかだ。」と問題提起する。
ロビイング、政治献金、OBの受け入れを通して、大企業は政府に対して自分たちに有利な政策を求める。
すなわち、民主主義がマネーに脅かされているのだ。
この民主主義の危機という観点は、本書を貫くテーマの一つだ。
邦訳のタイトルに直訳では登場しない「民主主義」という言葉を入れたのは妙案だと感じた。

公共財と機会の平等

ライシュは公立学校、公共の交通インフラ、公共文化施設などの公共財が劣化していることに警鐘を鳴らす。
これは富の分配が富裕層に偏ったことの帰結である。
(経済的な余裕のある人間は民間のより高水準のサービスを使うことが出来るので公共財にあまり注意を払わない。)
公教育を筆頭に、公共財の劣化は機会の平等を脅かす
この格差が拡大すると公共財が劣化し機会の平等が担保されにくくなるというロジックは、他の格差是正の論拠と比べても説得力があると感じた。

 

『テロルの決算』時代が人を作る

タイトル:テロルの決算
著者:沢木耕太郎
出版社:文春文庫(または『沢木耕太郎ノンフィクションⅦ 1960』(文藝春秋刊)にも収録)

1960年に発生した浅沼稲次郎暗殺事件に関するノンフィクション。
浅沼稲次郎刺殺事件は、当時野党第一党であった日本社会党の党首が17歳の少年に演説会の場で刺殺されるという戦後史に残る事件だ。
沢木氏は常々、夭折者の生涯に興味を持っており、本件の加害者である山口二矢(やまぐち・おとや)について書きたいと考えていたという。
本書は1977の後半に、当時30歳の著者が半年で書き上げた。
2004年に刊行された全集版では、事件と同年に発足した池田勇人内閣の掲げた『所得倍増』をテーマにした作品である『危機の宰相』と併せて収録されている。 
関連記事:『危機の宰相』低成長の時代だからこそ「所得倍増」を振り返る

続きを読む

『危機の宰相』低成長の時代だからこそ「所得倍増」を振り返る

タイトル:危機の宰相
著者:沢木耕太郎
出版社:文春文庫(または『沢木耕太郎ノンフィクションⅦ 1960』(文藝春秋刊)にも収録)

1960年に成立した池田勇人内閣の中心政策であった「所得倍増」についてのノンフィクション。
総理大臣・池田勇人、エコノミスト・下村治、宏池会事務局長・田村敏雄
大蔵官僚としては「敗者」であった3人の男達を中心に、高度経済成長に至る時代を描く。
特に、下村の経済理論を咀嚼し、池田に現実的なビジョンとして提示した田村敏雄への評価は、後の日本経済史の研究にも影響を与えているという。
解説で沢木自信が、本作は政治に関するテーマを扱っているが、スポーツを書くように書いたと述べている。
実際に、中心となる3人の人生の描写はドラマティックで、ノンフィクションではなくは小説作品を読んでいるような感覚になった。

本書は、池田が1964年に咽頭がんで退任してから一時代を経た、1977年に書かれた。
当時参照可能であった池田政権に関する文書や、関係者への取材に基いて書かれている。
もっとも、3人の中心人物のうち、執筆時に存命だったのは下村治のみであった。
本書は250ページに及ぶ長編でありながら、長らく書籍化されなていなかった。
2004年の全集刊行時に手を入れ、池田勇人の首相就任と同年に発生した浅沼稲次郎刺殺事件をテーマにした「テロルの決算」とともに「1960」というタイトルで1冊にまとめられた。現在では文庫でも出版されている。
私は全集の方で読んだのだが、著者自身による解説ともいうべき「未完の六月」という小編が収録されているため、どっぷりハマりたい方にはこちらを勧める。
ただ、文庫版では下村治の息子である下村恭民氏が解説を書いている。
こちらも機会があれば読んでみたい。
続きを読む

『人を信じられない病 信頼障害としてのアディクション』依存症者の根底には人間不信がある

タイトル:人を信じられない病 信頼障害としてのアディクション
著者:小林桜児
出版社:日本評論社

依存症(アディクション)の背景には人間不信があるという仮説に立って、依存症者に見られる傾向や目指すべき方向が述べられている。
著者は、慶應義塾大学文学部卒業後、信州大学医学部を卒業した現役の精神科医だ。
現在は、依存症治療の専門医として臨床にあたっており、本書でも臨床例の紹介が豊富に出てくる。

筆者によれば、現代の精神医学では、依存症は遺伝的要因脳障害によって説明されるとのことだ。
アディクションを発現しやすい遺伝子の組み合わせを持った人間が、実際に依存物質を使う中で脳に対する害が進行し、やめたくてもやめられない状態になる、という理屈だ。
だがこの論理は、依存症者が依存行動を10年以上絶つことができたが、その後に再び依存症になるような場合の説明として弱い。
本書では上記とは異なるアプローチとして、依存症者の抱える「生き難さ」に着目する。
そして、「人間を信頼できないからモノに頼る」という論理が依存症の背後に見られることを指摘する。
続きを読む
プロフィール

執筆者:マイナスニキ

30代会社員。
会社と業務は何回か変わったが、金融業界で10年ぐらい働いている。
会社勤めが好きじゃなく30歳くらいの時からアルコール依存気味になる。ここ数年は断酒とSLIPの繰り返しでうつ休職もしていた。
一人で出来る生業を見つけて会社に勤めないで生きることが目標。
好きな作家は太宰治と沢木耕太郎。

記事検索
注意事項と免責事項

※当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

※当サイトでは資産運用、法律、税務などについて運営者の認識や見解を述べることがあります。記事の作成にあたっては専門書や信用のできる情報源に基づいた正確な記載を目指していますが、当サイトはその正確性を一切保証しません。実際の取引や実務上の判断にあたっては、専門家に相談のうえ、自己責任で行ってください。

広告
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。