帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

タグ:生き方

遠藤周作原作の『沈黙ーサイレンスー』の映画を見た。
メインテーマの「神と信仰」だけではなく日本人論にも繋がる内容であり、出演者の演技にも熱が入っていた。
長くて重くて視聴後にしんどさが残る内容だったが、見てよかったと思う。
虐げられた弱い人々が神にすがる。
迫害を受け弱さ故に信仰を捨てる。
神と他人を裏切りそれでも許しを求める弱さ。
敬虔な信仰を持たない者の一人として、私は長らく、人間が「弱さ」ゆえに神を必要としたのだろうと単純に考えていた。
しかし、信仰を求めるのも信仰を捨てるのも人間の弱さから生じる。
弱さ故にすがった神であっても、祈りを捧げるうちにいつしか自分の精神を構成する一部分となり、それを自分の内側に維持し続けるには強さが必要になる。
そんなことを考えた。

私が、遠藤周作の著作で読んだのは『海と毒薬』『悲しみの歌』『深い河』 の3作だけだ。
この中では、私は『悲しみの歌』に一番衝撃を受けた。
あまり知られていないのだが『海と毒薬』の続編にあたる作品であり、しかも『海と毒薬』よりもずっと長い。
少し前に「悲しい物語に感情移入しすぎて辛くなってしまうことがある」という旨のことを書いた。
関連記事:繊細なシミュレーション装置は悲しい物語を嫌う
『悲しみの歌』はまさにそのような作品だ。
(ネタバレ上等の方はWikipediaに結末まであらすじが書いてあります
リンク:Wikipedia 悲しみの歌
私が正論を振りかざす人間や苦悩と無縁そうな人間を引いた目で見るようになったのはこの作品の影響かもしれない。
また、その一方で、どんな人間でも悲しい物語を持って生きているのかもしれず、それゆえに一方的な断罪はフェアではないとも考えるようになった。
カントは人間は理性の持ち主ゆえに尊敬に値すると言ったが、私は人間は悲しい物語の持ち主だからこそ尊敬に値するのだと思う。
(まぁ本当に苦悩や悲しみと無縁の人間もいることはいるんだろうけど。)

全能の神は人に対して沈黙を貫く。
弱さゆえに人は神の言葉を語る。
弱さゆえに人は悲しみの歌を歌う。
悲しみの歌が聞こえなくなる場所を楽園とか天国と呼ぶのだろうか。

 

常々、憎悪や嫉妬といったマイナスの感情と親友になりたいと考えていた。
これらの感情は方向はマイナスだが、とても強い感情だ。
憎悪や嫉妬をモチベーションにすることで、他者に打ち勝ったり、自分を高めることができればそれはとても素晴らしいことだと考えていた。
マイナスな感情に蓋をして、そのように考える自分は劣等な人間であると自分を責めるよりは、外界と戦い自分を高めるための原動力とする方が良いと思う。
綺麗ごとを語る者達はマイナスな感情を悪しきものとして排除しようとするが、俺はお前たちと共に生きるぞ。
そのように考えていた。



ちょっと前から、マイナスの感情を行動を拠り所にするのはやっぱり良くない面もあるなと考えるようになった。
なぜかというと、反応的だからだ。
「反応的」という考え方は、以前に読んだコヴィーの『七つの習慣』で知った。
コヴィーは、第一の習慣として『主体性を発揮する』ということを挙げ、人は誰しも、外界からの刺激とそれに対する自分の反応の間に選択の自由を持っていると説く。
そして、外界からの刺激に対応するスタンスとして、「自分の価値観に基づき行動する」態度を主体的であるとし、「その時折の感情、条件付け、環境などに左右される」態度を反応的であるとする。

こんな下品な人間は大嫌いだ。
金持ちに生まれて何の苦労もせずに生きてきた人間が妬ましい。
幸福な家庭で育った人間が羨ましい。

これらの感情は、仕事や学問において時に強力なモチベーションになる。
ただ、外界からの強烈な刺激をエネルギーに転換しているので、引き出される行動は反応的なものになりがちだ。
それが本当に自分が求めていることなのかは良く考えないといけないと思う。


嫌いな人間に打ち勝つために仕事や学問を頑張るとする。
→その過程で自分が当初やりたかったことを見失っていないか。

自分よりも幸福な人間を妬み金銭的な成功や幸福な家庭を得ようとする。
→自分の幸福が本当に金銭や家庭にあるのか考える必要はないだろうか。両方とも、得難く失いやすいものだ。

 マイナスな感情であっても排除せず、共に生きたいと思う。
だが、流されて反応的にならないこともよく覚えておきたい。

--

皆様、本年もよろしくお願いいたします。 
 

↑このページのトップヘ