帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

タグ:生き難さ

タイトル:さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
著者:永田カビ
出版社:イーストプレス

著者の永田カビさんは美大を中退してフリーターをした後、漫画家として活動している。
本書は、28歳・人と付き合った経験なし・性行為経験なしの著者が一念発起してレズ風俗に行く話。
ウェブで電子書籍版の広告が頻繁に出ていたので、絵を見たことがある方も多いと思う。
また、今月刊行されたこのマンガがすごい2017ではオンナ編第3位であった。
ソーシャルスタディの本ではないのでレズ風俗の業態や構造に関する研究が出てくるわけではなくて、生きにくさを抱えた人間が自分の過去や現在と向き合うというもの。
認知の歪みや独特な苦悩も出てくるので「なんやこれ?」という感想を持つ人もいるかもしれないが、うつ体質の私は相応に感情移入しながら読んだ。

資格と承認

本書の序盤で、永田さんには摂食障害だった時期があると語られる。
拒食状態だったときに「自分にはものを食べる資格がない」と考えていたとのこと。
また、家族の承認を求めて正社員にこだわって就職活動をして疲労困憊してしまう場面もあった。
自分もその気があるので良く分かるのだが、自己評価が低いと他者からの承認を求めてしまう
その場合、承認を得られているうちはよいのだが、それが無くなったときに自己評価を維持できない。
自分で自分の存在を肯定するのは、生き難さを抱えた人間にとって共通の課題なのかもしれない。

「セックスさせてくれるお母さん」

Twitterである女の人が「男は女にセックスさせてくれるお母さんを求めている」というツイートをしていたらしい。
永田さんは「あー、私それすごくわかる!」とすごく共感する。
紛らわしいのだが、男性がそうだということではなく、永田さん自身がそうだということだ。
この意見については、女から見た男像なので一面的だと感じるし、率直に言って気持ち悪い表現だと思った。
ただ、「初めて見たものが認識の原型になり、その原型を無意識に求める」と考えるとあり得そうな話ではある。
(オイディプスは母親を認識する前に離れているのでちょっと違うと思う。) 
そして、女性である著者がこの意見に共感したのはとても面白い。

「甘い蜜」を探して

今までずっとどうしてみんな生きていられるのか不思議で仕方なかった
きっとみんな何か、私の知らない「甘い蜜」のようなものを舐めているのだと思った

この「甘い蜜」という考えが本書の総括として使われる。
私見を述べると、「甘い蜜」は「自己肯定」なのだろうと思った。
著者はこの作品の原型に当たる漫画がPixivで評価されたことでひとまず「甘い蜜」を手に入れた。
甘い蜜は他者からの承認やつながりの中に見出してもいいし、自分の中から湧き出るものに見出しても良い。
わたしは可能であれば、他人に頼るのではなく、自分自身で自己を肯定できるようになりたいと思う。
最初の項でも述べた通り、他者からの承認に生きる意味を見出すと、それを失った時のショックが大きいし、ともすれば従属的になってしまうからだ。

ーーー
著者の新作の『一人交換日記』についてもそれと絡めた話を書いているので、興味があればご覧ください。
関連記事:母親は自分のせいで不幸になったのではないかという負い目

イーストプレス社の公式ダイジェスト
 http://matogrosso.jp/privaterepo/01.html

本書 

著者の新刊

認知療法の本を読むと、「自己評価の低下」はうつ状態の人に典型的な認知の歪みだという。
自分のことを無価値に感じる
自分は生きていてもしょうがない
自分が嫌いだ
そのように考えてしまうという。

どういうわけか、私はあまりこういう感じ方はしない。
死にたいと思うことはあるが、それは自分が嫌いで無価値だと感じるからではない。
程度の良い大学を出て、仕事で評価された経験があり、収入も平均以上なので、自分はかなり有能だと思っている。
私が死にたいのは、労働をしなくては生きられないことや人間関係が苦痛で、そこから逃れたいからだ。
私は自分が大好きで、自分以外が嫌いなのだ。
だが、そのような自己評価とは裏腹に、自分はとても気持ち悪い存在だと考えている。
自分は誰からも愛されず、自分に愛情を向けられると相手は気持ち悪い思いをすると考えている。

続きを読む

ここ数年間、働いたり人と話すのが辛くて仕方が無かった。
だが、振り返ってみるとこれまでの自分の人生の舵取りに決定的に誤ったところがあったわけではない。
そう、自分としては最良ではなくとも悪くない選択を重ねてきた
それなのに辛くて仕方ないのだ。

「決定的な誤りが無い」と言ったが、これは苦悩や挫折を知らないという意味ではない
自分に与えられたリソースと可能性の中で、自分はどうすれば良いのか、悩みに悩んで生きてきた。
「地元にいたときも離れてからも、自分が壊れない範囲で家庭内のいざこざに気を使って生きてきた。」
「金は無いが地元から離れた大学に行くために現実的な選択肢を選んだ。」
「大学院に行きたかったがこれ以上親の世話にはなりたくないので働くことにした。」
家族と資金について完全な自由が与えられていたら、これらの選択はしていなかったかもしれない。
だが、現実に私の置かれていた状況では、これ以外の選択肢を取った場合、自分の周りで何かしらの不都合やいさかいが起きていたと考えている。
不都合やいさかいと戦わなかったという点では、「自分にとって最良の選択」ではなく、「自分にとって安全な選択」に逃げていたとも言える。
だが、不都合やいさかいと戦って自分が壊れてしまうことが怖かった。
それほどに、私は肉親も含めた他者が怖かったのだ。

反出生主義に私が共感してしまうのも、そのような背景ゆえだと思う。
幸福が感じられない理由を探す。
だが、人生のどこかに決定的な後悔があるわけではない。
自分なりに納得できる選択を重ねてきて、それでも幸福が感じられない。
そうなれば、原因を出生に求めるしか無い。

もしくは、私の人生の舵取りは自分が評価するほど立派ではなく、どこかに決定的な誤りがあるのだろうか。


 

30歳前後の時分から、ずっと考えている。
なぜ望んでもいないのに産み落とされ、労働や人間関係で疲弊しながら生きるのか。
答えは出ないのに、ぐるぐると、ぐるぐると。

きっかけは労働苦だったのだと思う。
もう10年間働いてきたが、どうしようもなく疲れてしまった
朝決まった時間に起きるのが嫌だ。
わざわざ電車に乗って事務所に通うのが嫌だ。
案件を上司に説明して決裁を得るのが嫌だ。
社外の関係者と話すのが嫌だ。
社内の関係部署と話すのが嫌だ。
昼飯を家で食べられないのが嫌だ。
振られる仕事に対して選択権が無いのが嫌だ。
そもそも人と話したくない。
続きを読む

タイトル:人を信じられない病 信頼障害としてのアディクション
著者:小林桜児
出版社:日本評論社

依存症(アディクション)の背景には人間不信があるという仮説に立って、依存症者に見られる傾向や目指すべき方向が述べられている。
著者は、慶應義塾大学文学部卒業後、信州大学医学部を卒業した現役の精神科医だ。
現在は、依存症治療の専門医として臨床にあたっており、本書でも臨床例の紹介が豊富に出てくる。

筆者によれば、現代の精神医学では、依存症は遺伝的要因脳障害によって説明されるとのことだ。
アディクションを発現しやすい遺伝子の組み合わせを持った人間が、実際に依存物質を使う中で脳に対する害が進行し、やめたくてもやめられない状態になる、という理屈だ。
だがこの論理は、依存症者が依存行動を10年以上絶つことができたが、その後に再び依存症になるような場合の説明として弱い。
本書では上記とは異なるアプローチとして、依存症者の抱える「生き難さ」に着目する。
そして、「人間を信頼できないからモノに頼る」という論理が依存症の背後に見られることを指摘する。
続きを読む

まとめサイトを見ていたら、以下の記事について取り上げているスレッドをまとめた記事があった。
記事は「親になる自信がない」「経済的に余裕がない」「仕事との両立が困難」などの理由で、子供はいらないと考える人が相当数いるという内容だ。
書き振りは結構強引で、厚労省の国民生活基礎調査の一部と女性セブンが行ったアンケート調査をちゃんぽんして、あたかも子作りに消極的なカップルが増えたせいで「夫婦のみの世帯」の数が30年で2倍以上に増えたような印象を与えている。
子供を持たない夫婦が増えているのは感覚としてはよく分かるのだが、「夫婦のみの世帯」が倍増していることは核家族化が進んだことの影響のほうが大きいのではないだろうか。

子をなすことへの躊躇

私は、家庭に対して良いイメージが無く、結婚も子供も望んでいない
もちろん、自分のリアルな交友関係では、このような考え方をする人間はごく少数派だった。
そして、それが社会としては正常な姿だと感じていた。 
上述の記事にある、女性セブンが行ったアンケート調査だと、20代から80代の男女594人にアンケートして、18.5%は「子供はいらない/欲しくなかった」と答えたとのことだ。
40歳以下を対象としたアンケートならば2割が「子供はいらない」と言っても特段違和感はないが、対象の年齢層を考えると思っていたよりも多い。
引用元のスレッドとまとめの記事と記事のコメント欄を一通り読んでみたところ、子作りに消極的になる理由はおおまかに4つに分類出来るのではないかと考えた。

続きを読む

先日、鶴見済氏の『脱資本主義宣言』を読んだ。
大学の寮の共有スペースに置かれていた「完全自殺マニュアル」と「人格改造マニュアル」を読んだのが、氏の著作との出会いだった。
本書では、経済発展中心の考え方の不合理な点について、感情に訴えるのではなく、理屈と歴史的な経緯を説いて問題提起している。
私は、環境保護や貧困問題のように、大義のために自分が不自由になろうという考え方は少し敬遠してしまう質だが、本書はトーンが押し付けがましくないので純粋に興味深く読めた。

本書のメインテーマとは異なるのだが、ものごとに対する共感や憐憫や義憤の度合いは、詰まるところどこまでリアリティを持って自分の問題として考えられるかで決まるのだろうと考えた。
(本の紹介記事は改めて別に書きたいと思います。)

過剰な労働を生む装置への嫌悪

私は労働が嫌いな人間だ。
それゆえ、人間を過剰に労働させる仕組みも大嫌いだ。
スーパーマーケットやファミレスが24時間営業する必要はないし、商店が年中無休で営業する必要も無いと考えている。
また、一時話題になったワンオペのように、人件費を削って店員がいつも忙しそうにしている店も見ていて心が痛む。
労働は嫌だという意見で意気投合していた友人が、あっけらかんと「24時間営業のスーパーは便利だ」「~~は元旦に開いていなくて不便だった」と言っていたのを聞いて、「お前は労働が嫌いなくせに過剰な労働を生む装置については気にならないのか」とその無神経に憤りを覚えたこともある。
続きを読む

↑このページのトップヘ