帰ってきたマイナス思考に自信ニキ

他人の言うことに流されたり傷ついたりしないで、自分の頭で考えて生きていきたい。

読み物

私の検索ワード(死にたい、疲れたetc)とWELQの炎上

WELQ」というのは DeNAの運営する医療・健康情報サイトだ。
検索でかなり上位に出てくるので、名前を見たことがあるかもしれない。
ご存じの方も多いと思うが、このWELQ、少し前から信頼性の薄い記事を大量に掲載していたことを指摘され炎上していた。
そしてついに11月29日に、運営元のDeNAは全記事を非公開にした。

どんな運営だったのか

この問題は医療関係者やWeb関係者が結構取り上げている。
どうやら、外部ライターに書き方のマニュアル渡して記事を書かせることで記事を量産したようだ。
そして、ライターは医療関係者ではない一般人がネットで調べたりしながら書いており、記事の公開にあたって専門家の監修やレビューを受けていないとのことだ。
こちらの分析が詳しい。

WELQとわたし

以前書いたように、私は今年の夏頃毎日、「死にたい」「生きるのに疲れた」「生まれてこなければ良かった」「会社行きたくない」というワードでウェブを検索していた。
関連記事:休日以外は全部楽しくない
そうすると出てくるのだ。WELQの記事が上位に。

こちらの記事がスクリーンショットも撮ってあり詳しいのだが、私もこのページは見たことがある気がする。
アーカイブ:https://web.archive.org/web/20161022122045/https://welq.jp/13406
このように、当たり障りのない情報を箇条書きにまとめて、途中に転職サイトにアフィリエイトリンクが貼られていた。

魚拓を改めて読み返してみると、記事で指摘されている転職サイトの自己分析への誘導を除けば、滅茶苦茶違和感があることを言っているわけではないように感じた。
だがそれは記事の内容が薄いことの裏返しでもあり、当時の私の助けにならなかった。
そして、記事でSEO専門家が指摘しているように、内容がセンシティブなだけに「ネットで調べて書いてるレベルの人が一般論として書いた記事」が検索結果1位になってしまうのは迷惑を通り越して有害だろう。
他の記事では医学的に明らかな間違いを含むものもあったと指摘されている。

薄っぺらな一般論より身を切るような私的な経験

私がネガティブなキーワードで検索していたときは、キュレーションサイトや医療機関のサイトに混じって個人サイトの記事も相応にヒットした。
そこで書かれている内容の多くは、実際に自分が鬱になった経験会社を辞めた経験を踏まえて書かれたものだった。
言うなれば、WELQの記事の対極にある、深く生々しい私的な経験を基にした記事達だった。
真に迫る個人の経験は、薄っぺらな一般論よりも悩める者にとって有益なのだ。


スポンサードリンク
 

日本の世帯数の30年前との比較と若干の考察

先日、「親になる自信がない」「経済的に余裕がない」「仕事との両立が困難」などの理由で、子供はいらないと考える人が相当数いるという内容のネットの記事について思うところを書いた。

その中で、厚生労働省の国民生活基礎調査で、過去30年で「夫婦のみの世帯」の数が2倍以上に増えたことについて言及があった。
記事だと、子作りに消極的なカップルが増えたことがその一因だという話の運び方だった。
ただ私は、それも一因だとは思うが、30年というスパンで見るなら三世帯同居が一般的でなくなったことの影響のほうが大きいのではないかと、少々違和感があった。
調査の中身を見てみたので、興味があればご覧いただきたい。

続きを読む

子を持つことに消極的になる理由、あるいは現代日本のショーペンハウアー

まとめサイトを見ていたら、以下の記事について取り上げているスレッドをまとめた記事があった。
記事は「親になる自信がない」「経済的に余裕がない」「仕事との両立が困難」などの理由で、子供はいらないと考える人が相当数いるという内容だ。
書き振りは結構強引で、厚労省の国民生活基礎調査の一部と女性セブンが行ったアンケート調査をちゃんぽんして、あたかも子作りに消極的なカップルが増えたせいで「夫婦のみの世帯」の数が30年で2倍以上に増えたような印象を与えている。
子供を持たない夫婦が増えているのは感覚としてはよく分かるのだが、「夫婦のみの世帯」が倍増していることは核家族化が進んだことの影響のほうが大きいのではないだろうか。

子をなすことへの躊躇

私は、家庭に対して良いイメージが無く、結婚も子供も望んでいない
もちろん、自分のリアルな交友関係では、このような考え方をする人間はごく少数派だった。
そして、それが社会としては正常な姿だと感じていた。 
上述の記事にある、女性セブンが行ったアンケート調査だと、20代から80代の男女594人にアンケートして、18.5%は「子供はいらない/欲しくなかった」と答えたとのことだ。
40歳以下を対象としたアンケートならば2割が「子供はいらない」と言っても特段違和感はないが、対象の年齢層を考えると思っていたよりも多い。
引用元のスレッドとまとめの記事と記事のコメント欄を一通り読んでみたところ、子作りに消極的になる理由はおおまかに4つに分類出来るのではないかと考えた。

続きを読む

怪しい怪しい彼岸花

彼岸花(曼珠沙華)は異形の花だ。
真紅の細長い花弁が天に向かい放射状に広がる。
物言わぬ叫びのように見える。

P9230577


続きを読む

マイナンバーカードを受け取った話

先日マイナンバーカード(個人番号カード)を受領してきた。
マイナンバーカードの申請は今年の2月初旬に返送した。
その後、交付の案内が届いたのが8月上旬だったので、実に半年かかったことになる。
交付の案内を持って市区町村の窓口に行けば良いのかというとそうでもなく、市区町村によっては事前に交付日を予約する必要がある。
私が予約した時には2週間先まで枠が埋まっていた。

受取手続き

受け取るまでの流れは以下のとおりだ。
①マイナンバー通知カード(2015年の10月頃に届いたやつ)に同封されていた個人番号カード請求書を送る
②「個人番号カード交付に関するご案内」が届く
③ネットか電話でカードの交付希望日を予約する(事前予約制の自治体のみ)
④上記「ご案内」に同封されていた「交付通知書」や必要書類を以って市区町村の指定する交付場所に行く

ちなみに交付の場で行うのは以下のことだ。
1.「交付通知書」の提示と、免許証等による本人確認。「通知カード」もこのとき回収される。
私は持っていないが、住民基本台帳カードを持ってる人はそれも回収するようだ。
2.暗証番号の設定。e-Tax等で使う電子証明書用の暗証番号(6桁以上16桁以内)と、住民票の写しの発行等の行政サービス用の4桁の暗証番号を設定する。

番号制度の良し悪し

番号制度について述べると、徴税事務や社会保障事務の効率化に資する(コスト削減に繋がる)という点で、私は番号制度には賛成だ。
漏洩等のリスクを気にする向きもあるが、利便性の方が大きいと考える。
諸外国でも同様の制度はあるし、そもそもIDが漏れただけで簡単に他人になりすませるほど現代はザルな社会ではないだろう。
米国駐在経験のある人に言わせると、米国人はソーシャルセキュリティーナンバーを結構適当に扱っていたとのことだ。

懸念があるとすれば、漏洩リスクや総背番号に反対するエモーショナルな声に配慮して、
①利用範囲が限定されていること、
②労務や事業において番号を取り扱う事業者に高度な管理体制を求めていること、
により効果が限定的になったり、事業者の負担の増加を招いている点は問題だと思う。
導入した以上は効果的に利用しなければ、行政事務にかかるコストを民間に外出ししただけとなりかねない。

ひまわり

大人になってから向日葵の花に惹かれるようになった。
子供の頃は特に思い入れはなく、季節を告げる以上の役割を見いだせなかった。
夏だから向日葵が咲いたのだ。
そして夏が終わるから向日葵が枯れたのだ。

向日葵の力強さと愚直さ

向日葵は、力強く直立し、陽に向かう。
夏の終わりとともに枯れ落ちるが、沢山の種を残す。
子供の頃、向日葵は力強さを象徴する花であった。
だが、自分も挫折と苦悩に日々直面するようになると、違った姿が見えてきた。
いつか枯れると分かっていて、それでも可能な限り立ち続けるのだ。
向日葵は単なる力強さの象徴ではなく、愚直さの象徴のように見えるようになった。
 

P8240069



晩夏の向日葵は詫びしい。
以前は力強く背を伸ばし、陽に向かっていた。
だが今はしなだれている。
葉と花びらが枯れ始めた。
「頑張れ」と言ってみたくなる。
または「良く頑張ったね」と言おうか。
おそらく両方間違いだ。
「ありがとう」と言ってみたい。

ゴッホとゴーギャンとナニワ金融道

フィンセント・ファン・ゴッホは向日葵を愛し多くの絵を残した。
ゴッホにとって向日葵は明るい南フランス、ひいてはユートピアの象徴だったと言われている。
あるいは、光の色である黄色を好んだとも、敬愛するゴーギャンが向日葵を好んだからとも言われている。
一説によると、モームの『月と六ペンス』に登場するオランダ出身の画家ストルーヴは、相違点は多いもののゴッホをモデルにしているのではないかと言われている。
なお、『ナニワ金融道』の青木雄二もゴッホの作品を愛した。
『淀川河川敷』という作品にゴッホの絵が出てくる。
(昔コンビニ売のペーパーバックで氏の短編漫画を集めたものが出ていたので読んだ。今はKindle 版があるようだ。しかも今のところUnlimited対象。)

 

青木雄二漫画短編集 完全版1 ゼニの掟編
青木雄二
ゴマブックス株式会社
2015-04-30



シュークリーム

ある日の昼下がり、大型商業施設の1階にあるシュークリーム屋に立ち寄った。
バニラの芳醇な香りのする濃厚なカスタードクリーム、
スーパーやコンビニの商品には無いビスケット生地のサクッとしたシュー。

10個買い求めた。
「今日はこれから実家に行くのですが、妹夫婦も子供を連れて遊びに来ているんですよ。
私の妻と娘と父母と妹の家族、8つで良いのだけれどキリの良い所で10個。」
そのような設定だ。

家に着くと、シュークリームを取り出した。
一つは窓に向かって投げつける。
柔らかな洋菓子とはいえ、速度が加わると相応な衝撃となるようだ。
窓ガラスが割れはしなかったものの、「ドン」というおよそ似つかわしくない音を立てた。
小気味良い。
次は壁へ、テレビへ、PCモニタへ、次から次にシュークリームを投げつける。
いけない。
もう6個も使ってしまった。
部屋中に甘い匂いが漂う。

次は両手でシュークリームを掴み、握り潰した。
クリームで汚れた手は着ていたシャツで拭いた。

湯を沸かしカップラーメンを作る。
とんがらし麺は定期的に新作が出るけれど、最初のはどんな味だったっけ。
中学の時の友人が好きだったから、20年前くらいにはもうあったよな。 
ラーメンにシュークリームをぶち込み混ぜあわせる。
ご馳走が汚物になってしまった。

腹が減った。
残った一つは普通に食べよう。


-------------
ベロンベロンに酔っ払いながらこのようなことを考えた。
食べ物を粗末にするのはNG。



 
プロフィール

執筆者:マイナスニキ

30代会社員。
会社と業務は何回か変わったが、金融業界で10年ぐらい働いている。
会社勤めが好きじゃなく30歳くらいの時からアルコール依存気味になる。ここ数年は断酒とSLIPの繰り返しでうつ休職もしていた。
一人で出来る生業を見つけて会社に勤めないで生きることが目標。
好きな作家は太宰治と沢木耕太郎。

記事検索
注意事項と免責事項

※当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

※当サイトでは資産運用、法律、税務などについて運営者の認識や見解を述べることがあります。記事の作成にあたっては専門書や信用のできる情報源に基づいた正確な記載を目指していますが、当サイトはその正確性を一切保証しません。実際の取引や実務上の判断にあたっては、専門家に相談のうえ、自己責任で行ってください。

広告
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。